富士通 LIFEBOOK WU2/B1 - 13.3インチモバイルノート、あれ?富士通なのに最軽量?

公開日: : Fujitsu , ,

富士通 LIFEBOOK WU2/B1
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。失礼ながら、私が持っている富士通製品の印象は「頑丈で信頼性抜群だけど重い」です。あくまで個人的な印象なので、実際にはそうでない製品もたくさんあると思います。しかし、私の固定観念を打ち砕くかのように、富士通はすごいモバイルノートを発表しました。

スポンサーリンク

「LIFEBOOK UHシリーズ」といい、量販店向けには「LIFEBOOK UH75/B1 & UH90/B1」という型番名、直販サイトでは「LIFEBOOK WU2/B1」となり、量販店向けモデルの「LIFEBOOK UH75/B1」は重量わずか777 gと、同クラスで世界最軽量を誇っています!素直にすごい!と思えます。

なお、この記事では直販モデルである「WU2/B1」を中心に説明していきます。

1.スペック

OS: Windows 10 Home / Pro
CPU: Intel Core i5-7200U / i7-7500U
RAM: 4GB / 8GB / 16GB
ストレージ: 128GB /256GB / 512 GB SSD
ディスプレイ: 13.3インチ(1,920 × 1,080)
ネットワーク: 802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.0
カメラ: インのみ92万画素
入出力: USB 3.1(Gen1)Type-C、USB 3.0 × 2、HDMI、オーディオ、SDスロット、LAN(RJ45)
バッテリー: 25Wh(約8.3時間)/ 50Wh(約17時間)
サイズ: 309 × 212.5 × 15.5 mm / 787 g・913 g
※重量は搭載するバッテリーによって変化します
※Core i7モデルは重量が790 g・916 gとなります

この製品はKabylake世代のCore i5もしくはi7を搭載するハイスペックマシンです(量販店モデルはCore i5のみ)。ただし、Core i5モデルの場合はRAMが4GBに固定されてしまうので、より高性能を志向するならCore i7モデルになりますね。なお、ストレージは選択するCPUに関わらず3つの容量のSSDから選択可能です。

この製品がハイスペックマシンである、という前提に立つ限り、スペック表に大きなサプライズはないです。特にCore i7モデルの場合は、適切なRAM、ストレージ容量を自分で選択できるのがありがたいですし、予算があればほぼ狙った構成に仕上げることができると思います。

冒頭にも書いたとおり、この製品のすごさはなんと言っても重量ですね。バッテリーパックが2種類用意されており、容量の小さい25Whの方を選ぶと、なんと787 g(Core i7モデルは790 g)となります。量販店モデルの777 gには及ばないものの、787 gでも体感的には全然変わらんでしょうねw

一方容量の大きい50Whのバッテリーを選ぶと重量は913 g(Core i7モデルは916 g)となるものの、バッテリー稼働時間が飛躍的に伸びるので、実用性という点ではこちらのほうがいいかもしれません。これでも全然OKですよね!

2.筺体

富士通 LIFEBOOK WU2/B1 筺体
もちろん世界最軽量だけあって、筺体はスリムで美しいデザインです。筺体素材は「マグリチウム合金」、メーカーいわく「部品一つ一つ、ネジ一本一本に至るまで0.01g単位で調整し、軽量化と小型化を極めました」ということなんですけど、富士通なら本当にやりそうですよねw

スポンサーリンク

富士通 LIFEBOOK WU2/B1 筺体色
筐体色はブラックだけでなく「サテンレッド」という、かなり鮮やかな赤が用意されます。

富士通 LIFEBOOK WU2/B1 サテンレッド
サテンレッドのほうは4層塗装が施され、プレミアム感あふれる「深みのある赤」であるとのこと。

富士通 LIFEBOOK WU2/B1 キーボード
筐体色にあわせ、キーボードのキー側面の色も変わります。芸が細かいっすねえ。

富士通 LIFEBOOK WU2/B1 キーボード
キーボード面です。超小型PCとか中華製品を見慣れた目にはとっても素直な配列で、安心感があります。キーボードにも富士通のこだわりがあり、キーの重さを2段階に設定している(中央部は重く、小指でタイピングしそうな端っこのキーを軽く設定)とのことです。

それと、画像の右下に指紋センサーが見えます。もちろんWindows Hello対応です。

3.価格と発売時期

富士通 LIFEBOOK WU2/B1は2月16日の発売となっていますが、富士通の直販サイト「富士通WEB MART」ではすでに注文が可能です。ベースモデル(Core i5、RAM4GB、ストレージ128GB、25Whバッテリー)の価格は税込み181,224円ですが、早くも割引クーポン(20%オフ、2月1日まで)が製品ページに用意されており、クーポン適用後の価格は144,979円です。

クーポン価格のほう、競合製品より抜群に安い、ということはないにしても、富士通製の世界最軽量のCore i5モバイルノートがこの価格なのであれば、個人的には十分に割安と感じられます。富士通の直販サイトは定価ベースだとちょっと高く感じるんですけど、どこかの外資系(Lenovoだとは言ってません)直販サイトに近い感じでクーポンセールをよくやっているので、実は決して高くない、と思います。

このデザイン、このスペックでこの価格、ということなら欲しくなる人は多いんじゃないでしょうか?富士通なんで安心ですし。

4.関連リンク

LIFEBOOK UHシリーズ:FMWORLD(個人)
LIFEBOOK UHシリーズ製品ページ:富士通WEB MART
icon

Comment

  1. 匿名 より:

    この3世代前のモデルを使っているのですが、キーストロークが1mmくらいでタイピングがしにくいです。個人的には、キーボードカバーを使ってちょうどよいという感じです。
    新型ではストロークは何mmくらいなのでしょうか?
    打鍵感的には、Let’s note SZ6(2mm)が至高だと感じます。高すぎて買えないけど。

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。なるほど、所有者の意見は貴重ですね。私物理ボタンでさえあればストロークは浅くても大丈夫なんですけどね。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑