Windowsストアアプリ - Dark Quest 5 ハイクオリティなアクションRPG

Dark Quest 5 タイトル画面

スポンサーリンク

こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。今回はWindowsストアアプリの充実を物語っているような本格的なゲームを紹介します。「Dark Quest 5(ダーククエスト5)」といいます。これ、シリーズもので、最初にリリースされたのは2009年、iOS向けのアプリとしてでした。iOSやAndroid用アプリとしては既に大人気なのですが、Windowsストアに登場したのは最新作「5」からで、前作「4」は別名称「Dungeon Hunter 4」としてWindowsストアにあります。ちなみに「Dungeon Hunter」というのがワールドワイドでのこのゲームの正式名称になっています。

一言でいうと、「Windowsストアアプリもここまできたんだなあ」と感慨を覚えるような出来で、「GTレーシング2」を初めて遊んだときのような気持ちです。それくらい素晴らしい内容になっています。アプリサイズは1.16GBとタブレットにインストールするのに躊躇するくらいのサイズなので、他に大容量のアプリが入っているような人には厳しいかもしれません。でも無料なので、ぜひお試しを。

1.遊び方

Dark Quest 装備
ロールプレイングゲームのお約束というか、最初にキャラ選択、命名などの儀式がありますが、これはチュートリアル通りに進めていけば問題ありません。上の画像の通り、装備を選んでいきますが、最初は選択肢なんてないし、とりあえずどうやっても問題はありません。ゲームを進めていくうちに装備できるアイテムをどんどん獲得できるので、そうしたらいろいろ組み合わせていくことが可能になります。

Dark Quest 5 ステージ選択
ゲームはステージ制になっていて、各ステージのボスを倒すとステージクリアとなり、次のステージがアンロックされる仕組みです。なので、ロールプレイングゲームとしての壮大なストーリーとかを意識することはありません。

Dark Quest 5 ムービー
各ステージに入る前に、オープニングムービーのようなものが流れます。上の画像のように、主人公に助けを求める人が事情を説明し始めます。字幕は日本語化されていますが音声は英語(どうでもいいけど、かなり聞き取りが難しい)です。興味がなければスキップできます。

Dark Quest 戦闘
これがステージ攻略の画面です。ダンジョンというか、特定の地形を探索しながら敵に遭遇し、倒していきます。敵を倒すと装備や金、クリスタルなどのアイテムが手に入る場合があります。また、ダンジョンにおいてあるものを適当に斬ることによってもアイテムが手に入ったりします。で、最後にボスキャラを倒したらステージクリアとなります。

次に操作方法を説明します。画面左下に十字キーが現れます。スマホのアクションゲームと同様に、左手親指の置き場所に追随してくれるので、操作はしやすいです。画面右下にある剣のアイコンが攻撃ボタンで、これを押すと敵を攻撃します。その上にある黄色と緑のアイコンはいわゆる必殺技ボタンですが、無制限に使えるわけではなく、いちど使うとしばらく待つ必要があります。剣アイコンの左下は回避ボタンで、こちらも連続して使うことはできません。画面左上の赤い棒はライフゲージで、これがゼロになるとゲームオーバーです。

スポンサーリンク

ゲーム当初の難易度が低く設定されているので、最初のうちはやみくもに剣アイコンを連打するだけで勝てます。ステージが進むとそういうわけにはいかなくなりますが、そうなってから細かい操作を覚えれば問題ないでしょう。若干不謹慎な言い方になりますが、グラフィックが非常にきれいで戦闘時の迫力も満点なので、敵を倒す爽快感があります。

2.装備の合成

Dark Quest 5 装備の合成
これまた最近のスマホゲームでよくあるパターンですが、ダンジョンを巡りながら集まった装備を合成して強化することができます。効率的な合成パターンがあると思うのですが、今の私にはそれはわかりません。合成のためには素材となるアイテムのほか、金が必要になりますが、ゲーム初期の段階では金がなくて合成できない、ということはありませんでした。

ちょっと順番がアレですが、装備には防具、武器などがあり、武器は2つ持てます。剣や槍、弓などがありますが、飛び道具系のほうが使いやすいと思います。また装備には属性(火とか水とか)もあり、敵の種類によって有利な属性、不利な属性が異なります。ステージを開始する前におすすめの属性が表示されるので、それを見ながら有利な属性の装備にする、ということになります。

3.スタミナとレベル上げ

Dark Quest 5 レベルアップ
このタイプのゲームのことを「ハクスラ(Hack and Slash)」というそうです。「モンスターを倒して経験値や強力なレアアイテムを入手し、キャラを強化してさらに強力なモンスターを倒すというプレイスタイル」のことを指す用語とのことで、勉強になりますね。ということで、このゲームでもレベル上げが必要になるようです。とりあえず私はレベル6なわけですが、ここまでなら同じステージを何度も繰り返してレベルを上げる作業的なことはしなくても大丈夫です。でも、おそらくこの先は多少作業的なことをしないと先に進めないんでしょうね。

あと、アイテム課金もあります。このゲーム、先代(4)と先々代(3)は悪名高き課金必須ゲームだったということなんですが、このバージョンでは少なくとも最初のうち課金が必要になる場面はありません。しかし、ゲーム専門サイトを見てみると、そうは甘くないようで、無課金であっさりクリアできるような代物ではないそうです。ま、そういう状況になってから考えますわ。

あと、このゲームはスタミナ管理です。ダンジョンには入るたびにスタミナを消費し、レベルが上がるか時間が経過しないとスタミナは増えません。なので、ずーっと遊び続けることはできません。そうするためには課金が必要になってしまいます。このあたりも標準的なスマホゲームの作法ですね。

4.イベントもソーシャル性も

ゲームはメインシナリオだけでなく、イベントや曜日ダンジョンなどのサブシナリオがあります。また、これもスマホゲームにありがちなんですけどフレンド制になっていて、フレンドとのコミュニケーションも可能になっています。日本だけのゲームじゃないので、外国語が飛びかうのかもしれません。

しばらく遊んでみて、よくも悪くもスマホゲームの要素が非常に色濃くなっており、評価が分かれそうな気がしますが、私は好意的に捉えています。特にグラフィックの美しさと迫力ある攻撃で敵を倒す爽快感は非常に楽しいと感じました。スマホゲームで課金をしやすい人は要注意かもしれませんが、もともとは無料のアプリなので、Windowsストアアプリの実力を知る上でもぜひ試していただきたいゲームだと思いました。

5.関連リンク

Dark Quest 5(ダーククエスト5):Windowsストア

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑