Leagoo T5 ー 5.5インチ、欲しいスペックと機能が一通り詰まったグッドバランスなスマホ

公開日: : Android , ,

Leagoo T5
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。ウインタブでAndroidのSIMフリースマホを紹介するようになってからまだ日が浅いのですが、中国ブランド「Leagoo」の製品についてはこれまでに記事を書いたことがありません。中国の通販サイト「Banggood」や「geekbuying」で調べてみると、このブランドの主力はLTE非対応の低価格スマホのようで、どおりで日本では話題になりにくいわけです。

スポンサーリンク

しかし、最新の「Leagoo T5」はしっかりLTEにも対応し、それどころかスペックも魅力的な「全部入りスマホ」に仕上がっています。しかも、お値段の方も十分に割安ですよ。

1.スペック

OS: LEAGOO OS3.0(Android 7.0)
CPU: MediaTek MTK6750T
RAM: 4GB
ストレージ: 64GB
ディスプレイ: 5.5インチIPS(1,920 x 1,080)
LTEバンド: 1/3/5/7/8/20
ネットワーク: 802.11 b/g/n、Bluetooth 4.0
入出力: microUSB、オーディオジャック、SIM × 2(nanoSIM、nanoSIM or microSD)
カメラ: イン13MP / アウト13MP+5MP
バッテリー: 3,000 mAh
サイズ: 153 × 76.1 × 7.9 mm / 161.5 g

スペック表を確認すると、最新のミドルスペックスマホと呼ぶのにふさわしい内容になっています。CPUはMediaTekのMT6750Tで、ウインタブではMT6750(末尾のTなし)を搭載したDOOGEE Y6 Max(脱線しますが、こっちもめちゃめちゃいい奴です)という製品をレビューした際、Antutuのスコアが45,000点でしたから、普段使いでパワー不足を感じる場面はごく少ないと思います。もちろんスペック至上主義の人には向かないでしょうけどね。

またRAMは4GB、ストレージは64GBあります。RAMに関してはCPUのスペックと合わせて考えれば4GBより大きい必要はないと思われますし、ストレージに関しても常識的には全く不足のない容量です。

ディスプレイは5.5インチでシャープ製のIPS液晶、FHD解像度となります。前面のガラスはゴリラガラス4が採用されています。そしてカメラは最近の中華スマホでは珍しくもない、でも持ってない人間にしてみたら、とってもうらやましいデュアルレンズカメラとなっています。ついデュアル構成のアウトカメラに目が行ってしまいますが、インカメラも13MPありますので、セルフィー(自撮り)もバッチリでしょう。ちなみにセンサーはソニー製とのこと。

サイズ感もいいですね。厚さ7.9 mmというのは非常に立派だと思いますし、重量の161.5 gというのも5.5インチサイズであることを考えれば決して重くはありません。

スポンサーリンク

Leagoo T5 主要部品メーカー
上のほうでも一部説明しましたが、この製品、メーカーのブランド力が国際的にまだ弱いと判断してか、主要部品にそうそうたる顔ぶれが登場します。RAMとストレージはサムスン、バッテリーはLGと書かれています。まあ、たしかにこう書いてもらったほうが安心といえば安心か…。

2.筐体

Leagoo T5 カラバリ
カラーバリエーションは「Obsidian Black(黒曜石の黒)」と「Champagne Gold(シャンパンゴールド)」の2色で、筐体素材はCNC加工のアルミ合金でサンドブラスト加工が施されています。

メーカーのほうではどうやらブラックの方をメインカラーに位置づけているようで、実際にブラックのほうが見た感じカッコいいですね。

Leagoo T5 2.5D曲面ガラス
前面ガラス(ゴリラガラス4)は2.5D曲面になっていて、非常に美しく見えます。ホームボタンは「もちろん」指紋センサーも兼ねます。

Leagoo T5 側面
このアングルから見ると、側面から背面にかけてのラウンド処理が美しいです。また、サンドブラスト加工によるつや消し感のあるブラックの質感が伝わってきます。

3.価格など

Leagoo T5は中国の通販サイト「Banggood」でプレオーダー(予約販売)中で、価格は149.99ドル(17,556円)です。製品の発送は7月21日以降となっています。

「他にはない独創的な機能」というのは期待できませんが、OSのバージョン、CPU/RAM/ストレージ構成、ディスプレイ品質、そしてデュアルカメラなど、どこをとってもそつなくまとまっている印象があります。また、筐体の質感もかなり期待が持てそうです。

そして何よりも価格ですね。ミドルスペックのスマホに期待される機能が全部入って150ドルを切る、というのはすごく魅力的だと思います。

4.関連リンク

Leagoo T5:Banggood

Comment

  1. マッシュ より:

    私の見間違いかもしれないのですが、文中”インカメラも13MPありますので、セルフィー(自撮り)もバッチリでしょう。”
    の所は5MPではないでしょうか??

    • ぼたん より:

      両方13MPですよ、以下引用
      Front Camera(*13MP AF, 5P lens)
      Pixel Area 1.12μm * 1.12μm
      Sensing Area 1/3.06 inch
      Aperture F2.0 Aperture
      Sensor Type 77.9-degree viewing angle

      Rear Camera(*13.0MP AF + *5.0MP)
      Pixel Area 1.12μm * 1.12μm
      Aperture F2.0 Aperture
      Optical Image Stabilization N/A
      Sensor Type COMS 75-degree viewing angle

      • マッシュ より:

        おっと失礼しました!!
        見間違いでした(T_T)
        インカメも13MPとは、随分すごい時代になりましたねー

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
Probox
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑