KEIAN KPD7B -実売価格7千円以下、7インチAndroidタブレット 意外に使えると思うよ

公開日: : Android , ,

KEIAN KPD7B
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。以前から「今後ぼちぼちAndroidも取り上げていきますね」ということを書いてます。実際デュアルブート機(WindowsとAndroid、両方とも1台のタブレットにインストールされている製品)がほとんどを占める中国タブレットの実機レビューではAndroidのことも言及した方がいいですもんね。それと、記事の投稿をお願いしているライターさんがたがいずれもAndroidについてかなりの知識がある、というのもウインタブにとっては追い風です。

スポンサーリンク

もともとAndroidというOSについてさほどの知識はないのですが、いろんな製品を試用していて、「RAM1GBで不足を感じる場面はほとんどないが、ストレージは8GBだと足りなくなる場合がある」と感じています。AndroidもWindowsと同様に、アプリを外部ストレージにインストールしたり移動することはできますが、内蔵ストレージ以外へのインストールを拒むアプリがかなり多くて、快適に使うためにはある程度ストレージ容量が必要ですね。

今回紹介するのは底値圏の7インチAndroidタブレットで「KEIAN KPD7B」といいます。Androidタブレットの価格チェックをしていて、これよりも安いものはありましたが、ストレージ4GBだったりしたので、実用面から紹介を見送ることにしました。とはいえ、KPD7Bも十分納得の安さですよね!

1.スペック

OS: Android 5.1
CPU: Allwinner A33
RAM: 1GB
ストレージ: 8GB
ディスプレイ: 7インチ(1,024 × 600)
ネットワーク:  802.11b/g/n
カメラ: イン0.3MP / アウト2MP
入出力: microUSB 2.0、microSD(最大32GB)、オーディオ
バッテリー: 2500 mAh、WEB閲覧で2.5時間(Wi-Fi ON)
サイズ: 191.5 mm × 109.5 mm × 10.1 mm /265 g

実売価格で7,000円を切る製品なので、スペックは決して高くはありません。OSは最新ではないものの5.1と新しく、CPUのA33というのは低価格品ながらクワッドコアの製品です。Antutuのバージョン5で15,000くらいのスコアのようですが、これって現在ウインタブが使っているバージョン6だと計測体系が異なるので、多分20,000前後になるんじゃないか、と思います。まあ、低スペック機のスコアですね。

ディスプレイは7インチで、解像度1,024 × 600となっており、それほど高精細ではないですが、実用性を損なうレベルでもないと思います。むしろ心配なのはバッテリーで、Web閲覧で2.5時間というのが公称値なのであれば、通勤途中、電車でゲームをやってたら自宅が遠い人は片道だけでバッテリーが厳しくなっちゃいますね。ゲームやりっぱなしで2.5時間なら十分頑張ってる、と思うんですが、これだとモバイルバッテリーが必要になるかもしれないです。

サイズはさすがにAndroidの7インチ、ということで265 gと、8インチのWindowsタブレットと比較すると100 g近く軽いですね。

スポンサーリンク

2.筐体

KEIAN KPD7B
この製品、あまり多くの製品画像は公開されていませんが、分かる範囲で見ていくと、まず、ベゼルがかなり太くて、決してスタイリッシュとはいえない、というのがありますね。ただ、サイズはそんなに大きいということではなく、geaneeの7インチWindows タブレットと比較してみると

geanne WDP-072: 188.5 × 108 × 10 mm / 274g
KEIAN KPD7B: 191.5 mm × 109.5 mm × 10.1 mm /265 g

ということなので、確かにミリ単位では大きいですが、そんなに気にするレベルじゃありません。重量が軽いので、これはこれでいいと思います。

KEIAN KPD7B 背面
背面は型押し加工が施されている、おそらくプラスティック製です。そんなに高級感は感じられませんが、滑りにくそうだし、実用面での問題は全くなさそうです。低価格品なので素材感とかで文句をいう気は全くありませんが、どうせなら赤とか黄色とか、ビビッドな色もあってよかったかもしれませんね。なお、カラーは2色あり、ダークブラウン(KPD7B-DB)とネイビーブルー(KPD7B-NB)です。

3.価格

KEIAN KPD7BはAmazonやヨドバシなどで販売中で、8月13日の実売価格はAmazonで6,910円でした。実は私、最近手持ちの7.5インチデュアルブートタブレット「Teclast x89 Kindow」をよく持ち歩き、Androidでゲーム(「きみさん」って知ってます?)をやることが多いです。もちろん一緒にWindowsのノートPCとかWindows タブレットも持ち歩いているので、記事に関係ないですけどかなり重いです…。

あんまり難しいことを考えずに、いちユーザーとしてタブレットで気楽にゲームをしたりWebブラウジングをするのって、やっぱり楽しいですよね。そして、ゲーム、特にソシャゲ系をやるんならAndroidのほうが上っす。ゲームやるときにAndroid、それ以外はWindowsという使い方ができるデュアルブート機はやっぱ便利です。

で、KPD7Bですが、低価格なAndroid専用機で、おそらくお使いのスマホのほうが高性能なんじゃないか、という気もしますが、7インチサイズで軽めのアプリを楽しむ、というのはやっぱり快適です。運良く電車で座ることができて、このくらいのタブレットがあれば、本当に移動が楽しくなるんですよね。7,000円切りで、日本メーカー製品ということもありますので、検討の余地は大きいと思います。

4.関連リンク

KPD7B-NB/DB:KEIAN公式サイト 製品ページ
KEIAN 7インチ ブレット KPD7B-DB:Amazon

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
Probox
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑