HAFURY UMAX - 70ドルでAndroid7.0を搭載し、4500mAhのバッテリーを搭載しているスマホがあるらしい(ひらちょん)

HAFURY UMAX
こんにちは、ひらちょんです。先日Gearbestを巡回していたところ、見慣れぬメーカーのスマホが堂々とトップページを飾っていたため一体何者なのか正体を探ってみたら、とんでもないコスパ怪獣だったことが判明したため急遽記事を書いております。この正体不明のスマホの正体を一緒に暴いていきましょう。

スポンサーリンク

1.製品概要

OS: Android 7.0
CPU: MediaTek MTK6580
RAM: 2GB
ストレージ: 16GB
ディスプレイ: 6インチ(1,280 x 720)
対応バンド: LTE非対応、WCDMA: 850/1700/1900/2100MHz
ネットワーク: 802.11 b/g/n、Bluetooth 4.0
入出力: microUSB、オーディオジャック、microSD
SIM: microSIM × 2(DSDS)
カメラ: イン5MP / アウト13MP
バッテリー: 4,500 mAh
サイズ: 166.1 × 84 × 9.8 mm / 重量不明
※この製品はLTEには対応しません。

まず目を引くところはOSがAndroid7.0というところです。最近は中華の各メーカーもAndroid7.xの採用が目立つようになってきましたが、低価格帯のローエンド端末もついにAndroid7.0の夢を見ることができるようになりました。マルチウィンドウの正式対応や通知関連の改善、UIのデザインも新しくなったAndroid7.0を超低価格で体験できます。

HAFURY UMAX サイズ
そして、この大型のディスプレイサイズ。ここまで低価格な製品でありながら6インチサイズというのはすごいですね。

HAFURY UMAX 3

HAFURY UMAX 3 バッテリー

HAFURY UMAX バッテリー稼働時間

バッテリーは4500mAhとハイエンド機種にも負けない容量を搭載しております。通話時間が20時間ですが、これはGalaxyS7やXperiaZ5のような国内でも販売されている大手メーカーのスマートフォンにも引けを取らない電池持ちということになります。また、GPS7時間とあるようにGPSに対応しているためマップなどを使用するときも問題ありません。

スポンサーリンク

HAFURY UMAX セルフィーライト
そしてなぜかセルフィーライトを搭載しています。インカメラは500万画素ですが暗所での撮影をわざわざ想定しているとしたらインカメラに自信があるのかもしれません。

HAFURY UMAX 3 スペックの特徴
他の性能はこの画像を見ていただければわかると思います。液晶が6インチのIPS液晶という点以外はよく見るエントリーモデルのスペックになっています。しかし、6インチで10点タッチの液晶というのは珍しいと思います。殆どの中華スマホは2点タッチまでしか対応していないことが多いためゲームによっては支障が出ることがあったのですが、これなら安心して大画面を生かしてコンテンツを楽しめると思います。RAMが2GBで最低限のスペックは保持している点もうれしいです。

2.HAFURYについて

なぜ今まで聞いたことのないHAFURYというメーカーがここまで挑戦的なスマートフォンを突然出すことができるのか気になったので少し調べてみたところ、今までCubotという名前でスマホを出していたShenzhen HuaFuRui Technology Co., Ltdという企業がスマホを提供しているようです。
HAFURY BRAND INTRODUCTION 

このページを見てみるとわかりますが、10億人民元(160億円)の投資がされていて、若い従業員によって作られていることがわかります。機械翻訳になりますが、文末のこの一文から感じられるように将来期待できるメーカーだと思います。

”Hafuryは、科学技術革新、優れた品質、サービス指向のコンセプトを遵守して、若い、ファッショナブルなブランドです。多くの消費者が安心して購入し、快適に製品を使用することができます。近い将来、Hafuryブランドが業界のリーダーになります!

私はこの企業の将来性を信じて購入してしまいました。6インチのAndroid7.0端末がこの価格というだけで正直買おうかと迷っていたのですが、企業のaboutを見て決断してしまいました。しかしこれで企業がつぶれたら中華企業にうまいことやられたことになります。


ちなみにHAFURY UMAXの商品紹介動画では思いっきりiPhoneと対抗しています。画面の大きさぐらいしか流石にiPhone、しかも7には勝てないのになぜ勝負を挑んだのでしょうか…

3.価格など

HAFURY UMAXは中国の通販サイト「Gearbest」で販売中で、この記事を書いている4月26日現在、セールで69.99ドル(7,597円)となっています。このセールは先着200台限定となっています。おそらく2色それぞれが100台づつ、という限定数になっていると思われますが、気になる方は早めに購入したほうがいいと思います。なお、スペックのところで説明したとおり、この製品はLTEに対応していないことにご注意下さい。そのため、メインスマホの買い替えではなく、サブマシン的な位置づけに向いていると思います、

4.関連リンク

HAFURY UMAX:Gearbest

スポンサーリンク

Comment

  1. 匿名 より:

    今時LTE非対応だとまともに使えない気がする。

  2. 匿名 より:

    数千円足してまともなの買うほうがいい

  3. プロ より:

    >画面の大きさぐらいしか勝てない
    価格という大きなアドバンテージがあるじゃないデスカ!

    いや、戦う相手がおかしいのは変わりないですけどね・・・

    LTE使えないってことは自宅用wi-fi運用サブ機ならいいんですかねぇ?

  4. natsuki より:

    このアンバランスさは面白すぎる。不安な点はいろいろあれど、海外製品ってのはそれがそのまま魅力でもありますからね。肝心のLTE非対応ってどうなの?ってところはウインタブ上で扱うのは難しいかも知れませんが、ぜひぜひレビューを期待しております。

  5. あるえふ より:

    画面サイズが6インチもあるのにHD解像度という点も残念・・・。
    でもまあ、中国国内ならLTE無しで画面サイズのみ優先の超低価格機も需要はそこそこ見込めるのでしょうねぇ。

  6. 牡丹 より:

    インカメフラッシュめっちゃ魅力的ですね‥‥
    カメラ用に買おうかな(笑)

  7. いぬ より:

    コスパという言葉を理解してない感すごい。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Gearbest promotion-teclast-carnival-sale-special promotion


Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑