LIVA Z2 - コンパクトサイズでRAMやストレージの増設も容易なミニPC!一台あると便利だと思います

公開日: : その他メーカー ,

LIVA Z2
株式会社リンクスインターナショナルが拡張性に優れたミニPC「LIVA Z2」を発売します。ウインタブでは日頃から中華のミニPCを読者におすすめしています。LIVAの製造メーカーは台湾のECS(Elitegroup Computer Systems)という会社ですが、ウインタブでいつも紹介している中国通販経由ではなく、正規輸入され、日本で普通に販売される製品なので、保証面でも安心です。

スポンサーリンク

1.スペック

LIVA Z2
LIVA Z2にはいくつかのバリエーションモデルがあります。

LIVAZ2-4/32-W10: Windows 10 Home/Celeron N4000
LIVAZ2-4/32-W10: Windows 10 Home/Celeron N4100
LIVAZ2-4/32-W10: Windows 10 Home/Pentium N5000
LIVAZ2-4/32-W10Pro: Windows 10 Pro/Pentium N5000

このようにOSのバージョンとCPUの型番が異なります。いずれもGemini Lake世代のCPUですが、Celeron N4000とPentium N5000だと処理性能にかなりの差があります。個人的な印象ですと、N4000は性能面で見劣りしていまいますので、N4100かN5000のモデルがおすすめです。Passmarkが公表しているベンチマークスコアはこんな感じ。

Pentium Silver N5000: 2,451
Celeron N4100: 2,333
Celeron N4000: 1,444
※10月15日現在のPassmark公表値。数値が大きいほうが高性能。

なお、RAMとストレージは全モデル共通で4GB/32GBです。しかし、この製品はDIYによるRAMとストレージの増設が可能で、RAMは最大で8GB(空きスロットがあるので、そこに4GBのRAMを追加できます)までの増設、ストレージに関しては2.5インチドライブベイがあり、SSDもしくはHDDの増設ができます。CPU性能があまり高くないとはいえ、RAMを8GBに、ストレージをSSDにすれば挙動はかなり安定し、サクサク動いてくれると思います。

入出力ポートは相当に充実していて、ノートPCよりは数段豊富な数と種類を備えています。HDMIも2つありますので、マルチディスプレイでの利用もできますね。もちろん有線と無線のネットワーク接続も可能です。

サイズの方は中華のミニPCと大差ない感じで、重量は少し重いかな、という印象です。この製品はVESAマウンターが付属していますので、ディスプレイの裏側に設置することもできます。

2.筐体

LIVA Z2
筐体素材は不明ですが、ミニPCとしては「よくあるデザイン」だと思います。また、この製品はヒートシンクを備えていて、ファンレス構造になっています。

スポンサーリンク

LIVA Z2
入出力ポートは前後面にあります。画像上に電源ボタンがありますので、こちらを前面とすると、USBメモリースティックなどの抜き差しを頻繁にすることを考慮してか、USB 3.1(Gen 1)ポートとUSB3.1(Gen1)Type-Cポートといった、比較的高速にデータ伝送できるポートとオーディオジャックが並び、画像下(背面)にHDMI、有線LANといったネットワークやディスプレイ出力端子(あまり抜き差ししない)、そしてUSB2.0ポート(キーボードやマウス用ですね)があります。

LIVA Z2
筐体内部には2.5インチのドライブベイ。

LIVA Z2
RAMスロットも1つ空いてます。この構造であれば誰でもRAMやストレージの増設が簡単にできると思います。

3.価格など

LIVA Z2は10月27日の発売予定で、価格はオープンとなっていて、10月15日現在まだ価格情報が入手できません。参考までに前身機と考えられる「LIVA Zシリーズ」の価格を見てみると、Pentium N4200搭載モデルがアマゾンで税込み26,853円になっていました(RAM4GB/32GB eMMC)。このことから、(あまり参考にならないかもしれませんが)Celeron N4100モデルが3万円弱、Pentium N5000モデルが3万円強くらいかな、と思います。

ウインタブでいつも紹介している中華のミニPCだと、LIVA Z2に比較的近いスペックで200ドルくらいです。ただ、中国通販の製品ページを見てもRAMやストレージの増設や換装について十分な情報を得ることが難しいケースが多いです。また、アフターサービスや故障時の修理対応なども考慮すると、私が予想する価格であれば決して悪くないだろうと思います。

ここのところ、新規にデスクトップPCを購入する人はどんどん減っているようです。ということは「メインPCがノート」という人が増えているということですね。読者の皆さんもすでに性能の良いノートPCをお持ちなのかもしれませんが、そういう場合であれば、自宅用のサブPCとしてミニPCを持っておくというのはいいアイデアだと思います。私も「ノートPCメイン、ミニPCサブ」というパターンで仕事をしていて、なかなか快適に使えています。

4.関連リンク

LIVA Z2:リンクスインターナショナル

Comment

  1. 匿名 より:

    ここの会社の製品は後でSSD搭載モデル(OSもSSDにインストール)をリリースすることが多いので、SSDの換装なんかが面倒(もしくは難しい)な人はそれを待ってもいいかもしれません。

    • wintab より:

      こんにちは。アドバイスありがとうございます。LIVAってペン入力対応のタブレットも出してましたよね。意外にウインタブの方向性にあってるかも。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
Banggood セール
  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑