WindowsPhone、これからどんどん出てきますよー!参入企業が6社になりました

マウスコンピューター MADOSMA
昨日、ドスパラが発売予定のWindowsPhoneについてスペックを公表したという記事を書きました。
ドスパラ Diginnos Mobile DG-W10M - 期待のWindows 10スマホ、仕様公開!
また、日本マイクロソフトは10月14日に「Windows 10 Partner Device Media Briefing」を開催し、その席上、ドスパラ以外にもWindowsPhoneを日本市場に投入する予定の会社が3社あることを発表しています。VAIO、acer、トリニティです。

スポンサーリンク

日本のWindowsPhoneの製品販売、開発の現状を整理してみましょう。

すでに販売中:マウスコンピューター
開発を表明:ドスパラ、プラスワンマーケティング(FREETEL)
新規参入を表明:VAIO、acer、トリニティ

10月14日をもって、なんと6社がWindowsPhoneへの参入を表明したことになります。とはいいながら現時点ではマウスコンピューターのMADOSMAしか入手することができないわけで、Windows 10 Mobileが早くリリースされないと製品は発売されない、という状況にあります。この記事では、マウスコンピューターとドスパラ以外のWindowsPhone開発状況について簡単に紹介していきます。

1.FREETEL KATANA

freetel KATANA 01
FREETELは早い段階からWindowsPhoneへの参入を表明しており、現在は「KATANA 01」と「KATANA 02」の2機種を開発中です。KATANA 01はエントリーレベル、02はミドルスペックに位置する製品ですが、搭載しているCPUなどの詳細については明らかではありません。これらの機種についての情報は下記のリンクをご確認下さい。
FREETEL KATANAシリーズ ー 期待のMVNO発WindowsPhone、2機種のスペックが公開されたよ
この2機種については6月にスペックが公表されてからは特に情報のアップデートはありません。あとはWindows 10 Mobileのリリースを待つのみ、というところでしょうか。
FREETEL公式サイト WindowsPhone製品概要

2.acer

acer Liquid M220

画像は展示機ではなく、Liquid M220です

acerはマイクロソフトのイベントに「Liquid M330」という製品を展示していたとのことです。ウインタブでは今年3月に「M220」という製品の紹介記事を書いています。
acerもWindowsPhoneに参入! - 日本発売があるかな?
M330にせよ、M220にせよ、明らかなローエンド機なのですが、日本に投入される製品はこれらと同じものではないようで、あくまでもイベント用に参考出品した、ということです。ただし、M330とかM220はディスプレイも4インチとか4.5インチと小ぶりですし、個人的にはこういうWindowsPhoneが発売されて欲しいと思っていますけどね。
acer公式サイト(WindowsPhone関係の記事はありません)

スポンサーリンク

3.トリニティ

トリニティ NuAns
ごめんなさい、私は知らなかったんですが、トリニティはPC周辺機器やデジタル雑貨の輸入/開発している会社で、シンプルで美しいデザインの製品を扱っています。発表されたWindowsPhone「NuAns NEO」についてもスペックなどがまったく公表されておらず、外観が披露されたのみ、ということです。その外観ですが、筐体の下半分が「木製」になっていてインパクトが非常に強いものになっています。詳しいことは全然わかりませんが、ぜひとも販売にこぎつけて欲しいところですね。
トリニティ公式サイト「NuAns「NEO」を発表」

4.VAIO

思わず「おお!」と言ってしまう大物の登場ですね。Android機ではさんざん叩かれましたけど、WindowsPhoneでは本来のVAIOらしい製品をリリースして欲しいところ。もちろんハイエンド機を期待してしまうのですが、どうでしょうか?残念ながらWindowsPhoneに参入する、ということ以外はなんの情報もなく、イベントでも製品の展示はありませんでした。VAIOの公式サイトでもプレスリリースなどは一切なし、です。
VAIO公式サイト(WindowsPhone関係の記事はありません)

5.とにかく販売にこぎつけてね!

参入済みと参入予定の会社は全部で6社で、すでに製品を販売しているマウスコンピューターを別とすれば、ドスパラ、acer、VAIOの3社は「言ったことはやる」会社だと思うので、間違いなく製品が登場するでしょう。FREETELとトリニティ、特にトリニティについても予定通りの製品リリースを期待したいと思います。

あと、現状ミドルスペックの製品が目立ちますが、ローエンドとハイエンドの製品にも期待したいところです。私はタブレットを常用しているため、スマホにはあまり高いスペックを要求しておらず、むしろ小ぶりなディスプレイを持った安価な製品のほうが、どちらかと言えば好きです。その半面、外部ディスプレイを接続すればPC並の作業がこなせるWindows 10 Mobileの特性を活かしたハイエンド機にも期待したいところで、要するに3台くらいWindowsPhoneをもつことになるんじゃないか、と今から戦々恐々、という気持ちです。

6.関連リンク

VAIOら3社、日本向けに「Windows 10 Mobile」デバイスを開発中:IT Media

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    個人的には京セラに期待します。モバイル業界が死滅する極限状況になった時最後に信頼できる会社はキャリアが出資して責任を持ってくれる会社しかあり得ないので。

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。京セラも試作機を出してましたね。まだ参入が正式決定していないんでしょう。私はマウスコンピューターとかドスパラといった新規参入組に期待しています。