iPhone向けのワードフローキーボード、機能追加されてるじゃん! - 海外ニュースから

iPhoneのワードフローキーボード

画像出所:THE VERGE



先日、MicrosoftがWindowsスマホの大きなメリットである「ワードフローキーボード(Word Flow Keyboard)を他のOS向けに供給する予定になっている、という記事を書きました。
Windowsスマホのワードフローキーボード(Word Flow Keyboard)がiOSに!(海外ニュースから)

スポンサーリンク

海外のニュースサイト「THE VERGE」によれば、iPhone向けのワードフローキーボードは現在のWindows 10 スマホのものに新機能を追加したものになるようです。トップ画像がそれなんですが、「ワンハンドモード」つまり片手で操作する際のキーボードレイアウトです。これは右手用で、当然左手用もあります。どうなんでしょうかね?実際に使いやすいのか使いにくいのか、これを見ただけだと判然としませんけど、少なくともかなり新鮮味があるというか、「いっぺん使ってみたい」と感じます。

Windows 10 Mobileにもワンハンドモードは用意されていますが、それはキーボードのレイアウトをそのままにして縮小し、片側に寄せる、というものです。詳しくは下記の動画をご覧ください。

また、ワンハンドモード以外の画像もあり、それを見るとWindows 10 スマホのものとよく似ています。

iPhone用のワードフローキーボード 通常レイアウト

画像出所:THE VERGE

まあ、こっちはだいたいイメージ通りというか、ワードフローキーボードなんで、そんなに変わりませんね。読者の方からいただいたコメントによれば、iPhone用、Android用とも、キーボードアプリはたくさん出回っていて、Windows スマホの優位点であるワードフローキーボードの機能はこれらのOSのユーザーにとって必ずしも革新的なもの、とは言い切れないようです。

そんなのもあって、Microsoftはさらに便利になるような新機能を追加したんでしょうか?その経緯はいいとして、iPhone用やAndroid用に新機能を追加するのであれば、お膝元であるWindows 10 スマホ用にはそれらの機能を全部盛り込んでもらいたいところですね。

この記事の情報ソースである「THE VERGE」によれば、iPhone向けのワードフローキーボードは近日中にパブリックテスターに配布され、数カ月以内(in the coming months)にリリースされ、Android向けには今年後半にリリースされる予定、とのことです。

引用元サイト

This is Microsoft’s iPhone keyboard:THE VERGE(英語)

スポンサーリンク