楽天モバイルのeSIMをnanoSIMに無料で交換してもらいました!アプリかマイページから簡単申込み。発送も迅速です。

アイキャッチ画像
こんにちは、ゆないとです。ウインタブでは楽天モバイル利用者が多く、私もRakuten Miniをお財布として使うという方法で利用しています。私は2回線契約していますが、どちらもeSIMです。つい最近新たに購入したスマホで1回線利用したいと思い、eSIMからnanoSIMへ変更を検討していました。

スポンサーリンク

他社と同じく手数料がかかるのかと思ったのですが、10月12日から楽天モバイルではSIMサイズ変更、SIM再発行の手数料が3,000円から無料化されていました。幸運にも無料で利用することができたので、手順など紹介していきたいなと思います。

私が財布として使っているRakuten Miniについては、ウインタブに掲載済みの実機レビューを御覧ください。
Rakuten Mini レビュー - もうこれでお財布はいらない。79gの軽量小型スマホで真のキャッシュレスを実現!(実機レビュー)

1. 手順

手順1
まずは「my楽天モバイル」アプリを起動して、「契約プラン」のタブへ移動します。移動したら「各種手続き」を選択します。

手順2
各種手続きメニューでは、「①SIM交換②他社への乗り換え(MNP)③利用停止④解約」が選択できるので、①のSIM交換へ進みます。

手順3
紛失をしていない限りは「その他の理由」を選択すれば良いと思います。特に理由を入力するところもないため簡単です。

手順4
その下へスクロールをして、今回はeSIM→nanoSIMとしたいので「nanoSIM」を選択して、「再発行を申請する」をタップします。配送料も無料となっているので、交換には費用が発生しません。

手順5
最後に申込内容の確認ができたら「確定をする」を選択で申し込みは完了です。

スポンサーリンク

手順6
完了すると、楽天モバイル契約時に登録してあるアドレスに受付完了メールが届きます。このときはまだ発送されていません。数日のうちに発送完了メールが届きますので、それまで待ちます。

手順7
配送はヤマト運輸(クロネコヤマト)で今回は届きました。伝票番号と対象の電話番号が記載されているので念の為確認をしておきましょう。

1つ注意が必要なのは届いたあとです。ひと手間必要になります。SIMが届き利用する端末へSIMを入れAPN設定が完了したあと、my楽天モバイルアプリで”開通”のようなボタンを押す必要があります。当時のスクショを撮っていないので示すことができませんが、my楽天モバイルアプリでステータスが確認でき、そのボタンをタップして少し経つと、”準備中”から”完了”になります。それに気が付かずAPNを設定してもなかなか電波を掴まずに数十分色々調べることになりました。

2. 到着までの日数

楽天モバイルのSIM交換に関するQ&Aでは、「交通状況次第だが、申込みから到着まで3日~1週間」と記載があります。私は関東圏なので、以下の日数がかかりました。

配送ステータス
■12月13日(日):申込み完了
■12月14日(月):発送
■12月15日(火):到着・開通

思ったよりも早くて驚きました。交換の手数料は一切かかりませんし、最短でもこのくらいの日数であるならば、気軽に交換ができそうだなと感じます。もちろん、地方在住だったり北海道や沖縄など少し離れたところだとお時間がかかるので、このスピード感の恩恵はあまり得られないかもしれませんが、申込み完了から発送までの時間はあまりかからないと思います。

3. 楽天モバイルのnanoSIM

SIMカード
既に利用する端末へ入れてしまっており届いた状態を撮影できていませんが、SIMカードが収まっているカードと、A4用紙くらいのサイズの案内書類が2つ折りで入っている程度でコンパクトでした。

一緒に入っている同じカードサイズの案内を見る限りだと、nanoSIMだけではなくて別のサイズにすることもできそうですね。

4. まとめ

今回は楽天モバイルの通信の使い勝手ではなく、SIM交換サービスの利用について書きました。アプリからの申込みを書きましたが、PCやスマホから直接”my楽天モバイルページ”へアクセスすることでも手順がほぼ同じで申込みが可能です。楽天モバイルはまだエリアが十分カバーされているとは言えず、すべての人に向いた内容ではありませんが、このSIM交換の手続きは、スマホを頻繁に交換するような人にはとても嬉しい無料化、サービスではないかなと感じています。

幸い私が活動する圏内では問題なく使えています。ただし、パートナー回線に切り替わるときもあるため、ちょっと怖いと感じるときもありますね。2021年はもう少し”安心”できるエリアに発展してほしいと期待しています。

5. 関連リンク

楽天モバイル TOP
nanoSIMカードやeSIMの交換や再発行手数料の無料化について:楽天モバイル

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    > SIMが届き利用する端末へSIMを入れAPN設定が完了したあと、my楽天モバイルアプリで”開通”
    楽天回線でのVolteに対応した機種(もしくは追加設定)でないと、SMSを受信できないことが有ります。(UMIDIGI A5 PROは設定必要でした。)
    my楽天モバイルアプリの最初のSMSによる認証ができなくなります。

    物理SIM発行手続きする前に、各自事前に調べたほうがいいですね。

    • ゆないと より:

      機種によっては変更が必要なのですね。VoLTEに関しては、私が使っているOnePlus端末もそうですが、海外製だと人手間手順が必要だったりしますよね。国内版のスマホだと各キャリアに対応しているものであればその影響は少なくなるのだと思います。
      今回、私の場合はそれが発生しなかったということなのかもしれません。今回物理SIMを挿したのがGalaxy Z Fold 2(au版)なのですが、SIM挿入後apn設定を見てみると既に用意されており、それを選択すると特に設定が不要で進みました。

      ひとまずは、仰るとおり出来る限り自分のスマホが大丈夫か情報を確認をしてたが良いかもしれないですね。

  2. 匿名 より:

    コメント失礼します。
    eSIMは物理SIM申し込み後、すぐに停止してしまうのでしょうか?

    • ゆないと より:

      コメントありがとうございます。
      申込み後すぐには停止されません。物理SIM到着後、開通手続きをして通信ができるようになった時点で停止となります。

      • 匿名 より:

        ありがとうございます。それが不安でしたが、早速交換しました。これでgalaxy s20で楽天モバイルが使えます。