ドコモ・au・ソフトバンクで販売されているスマホは本体のみ(回線契約なし)で購入できます!

キャリア販売スマートフォン単体購入ガイド
こんにちは、かのあゆです。日本国内で販売されるSIMフリースマートフォンは購入しやすいミッドレンジモデルからハイエンドモデルまで、さまざまな選択肢が出てきましたが、例えばSamsungの安価なエントリーモデル「Galaxy A20」や折り畳み式スマートフォン「Galaxy Fold」「Galaxy Z Flip」、「LG G8X ThinQ」のようにキャリア専売の魅力的な端末が存在するのも事実です。もちろんこれらの端末は「イオシス」や「じゃんぱら」といったショップで白ロムとして購入することも可能ですが、実はキャリアショップでも単体購入可能ということはご存じでしょうか?

スポンサーリンク

1.回線契約なしでも購入可能

SIMフリーモデルにはない魅力的な端末も
ドコモやau、ソフトバンク(以下、これらを総称して「キャリア」といいます)で販売されているスマートフォンは、通常そのキャリアの通信回線とセットで販売されており、キャリアショップや家電量販店でも回線とセットでないと購入できないような印象を受けまますが、実は回線契約をせずとも「端末単体」で購入することが可能です。これはドコモ、au、ソフトバンクともに共通で、例えばドコモ専売で投入されている「Huawei P30 Pro」やauの「Galaxy Z Flip」、ソフトバンクの「LG G8X ThinQ」といった端末をキャリア回線契約なしで購入できます。

購入できる場所はキャリアによって異なりますが、基本的にオンラインショップだと回線契約とセットになってしまうため、実店舗で購入することになります。またショップによっては端末の単体購入に対応していないというケースもあるので、購入前に確認しておくといいでしょう。

ドコモ : docomoショップ
au : au直営店(au SHINJUKU、au OSAKAなど)
ソフトバンク : ソフトバンクショップ、家電量販店

ドコモショップ
auに関しては現時点では街のauショップではなく、直販店でのみ端末単体の購入が可能です。ドコモ、ソフトバンクだと街のキャリアショップで単体購入できます。またソフトバンクに関しては原則「オンライン以外の販売経路」で単体購入に対応、という形をとっているため、家電量販店でも端末単体での購入が可能です。ただし前述のとおりショップによっては「端末単体での販売は対応していない」というケースもあるため注意が必要です。

2.ドコモは最初からSIMロックが解除される

ドコモが販売するスマートフォンを購入する場合、基本的にドコモ系格安SIMであればそのままの状態でも利用することが可能ですし、au、ソフトバンクの端末に関しても販売元のキャリアの回線を利用した格安SIMであれば原則そのまま使用できますが、例えば「auのキャリア端末をドコモ回線で使いたい」という方や「海外に渡航する予定があるので現地のプリペイドSIMを挿入して使いたい」という方も多いかと思われます。

この場合も回線契約とセットで購入した時と同様、キャリアショップでSIMロックを解除することが可能です。au、ソフトバンクなら購入と同時にSIMロックを解除する場合、通常手数料3,300円(税込み)も発生しません。

ドコモに関しては2019年12月より端末単体の購入時は最初からSIMロックを解除した状態で販売されるようになりました。もちろんこの際のSIMロック解除手数料は不要で、ドコモ独自のキャリアアプリがプリインストールされているという差異はあるものの、通常のSIMフリー端末と同じようにドコモ系のSIMカードも使えるようになります。

スポンサーリンク

いずれの場合もロック解除する端末と使いたい回線の組み合わせによっては制限が出ることもありますので、購入する前に各キャリアのSIMロック解除後の対応バンドを事前に確認しておくといいでしょう。
SIMロック解除対応機種および対応周波数帯 : NTTドコモ
SIMロック解除が可能なau携帯電話などの実装周波数帯一覧 : au
SIMロック解除が可能な機種の周波数帯一覧 : ソフトバンク

au、ソフトバンクは端末単体の購入時に通常の回線契約とのセット購入時と同様「一括購入」と「割賦購入」が選択可能ですが、auに関しては分割購入時にデポジットとして2か月分の端末代金を先に支払う必要があります。ドコモに関しては端末単体での購入の場合、一括購入のみの対応です。またキャリアショップによっては端末購入時、「頭金」が発生するケースもありますので、購入時によく確認しましょう。

3.au、ソフトバンクなら支払い軽減策も

トクするサポート+
ソフトバンクとauに関しては、端末を「48回などの長期分割」で購入し、24か月後に端末を返却、さらに指定された端末に買い替えることを条件に、以降の端末代金の支払いが免除される仕組みを用意しており、回線契約を伴わない端末単体での購入時でも利用可能です(上記画像はソフトバンクの「トクするサポート+」の例です)。

この場合、「キャリアが端末を回収」し、なおかつ「指定された端末をまた割賦購入する」という条件での残り24か月分の代金を免除するという仕組みになるため、購入したスマートフォンをキャリアに返却しなければいけなくなってしまいますが、スマートフォンの内蔵バッテリーがおおむね2年程度で80%まで落ちてくる点というのもありますし、「2年間がっつり使ったら新しい端末にどんどん乗り換えていきたい!」という方にとってはキャリア販売端末を安価に購入できる魅力的な仕組みといえます。

auでは「かえトクプログラム」、ソフトバンクでは「トクするサポート(+)」という名称で提供されています。ドコモに関しては同じ仕組みとして「スマホお返しプログラム」を用意していますが、こちらはドコモ回線の契約が必須となるため、端末単体での購入時に利用はできません。

例えばソフトバンクの「トクするサポート」を利用して96,000円の端末を48回割賦購入した場合、25か月目に購入した端末を返却し、指定された端末に乗り換えることで残り48,000円が免除されることになります。「トクするサポート」に関しては月額390円(不課税)のプログラム利用料が発生しますが、2020年3月27日以降に発売される端末に関しては「トクするサポート+」という名称のプログラムに切り替わり、プログラム利用料が不要になるほか、端末回収時に端末料金を全額支払う代わりに「PayPayボーナス」として回収した端末の査定額をポイントとして還元することが可能になりました。もちろん「トクするサポート」と同じく新しい端末に買い替えることにより端末の残債を免除することも可能です。

かえトクプログラム : au
トクするサポート : ソフトバンク
トクするサポート+ : ソフトバンク

4.まとめ

「キャリア端末の単体販売」はまだ一般的というイメージではなく、中古ショップで白ロム端末を購入したほうがお得なケースもありますが、各キャリアでのみ投入される専売端末を「新品」で購入可能で、なおかつau、ソフトバンクに関しては条件はあるものの端末を半額くらいで購入できる仕組みも利用可能なため、「このような購入方法もある」ということを頭に入れておくといいでしょう

特にソフトバンクが販売する「LG G8X ThinQ」に関してはドコモ系通信バンドに対応していない点を除いてもSnapdragon 855搭載かつデュアルスクリーン対応で5万円台で購入できるというコストパフォーマンスの良さが魅力で、こういった端末を単体で購入できるとなれば格安SIM運用時の端末選択の幅も広がると思います。

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    スマホおかえしプログラムは回線契約が(条件付きで)不要になりました。

  2. かのあゆ より:

    >>匿名さん
    条件付きとはいえドコモのスマホおかえしプログラムも回線契約なしで利用できるようになったんですね。格安MVNO回線はドコモ回線のものが多いのでこれで端末の選択肢もより広まったと思います!

  3. teyu より:

    ドコモの端末単体販売は量販などでもOKです。