NEC LAVIE Direct N11 - 11.6インチ、頑丈なボディのエントリークラス・コンバーチブル2 in 1

NEC LAVIE Direct N11
NECが11.6インチ、エントリークラスのコンバーチブル2 in 1「LAVIE Direct N11」を発売しました。プレスリリースに「小中学生の自分用PC」という記載があり、お子さんも安心して使える堅牢性を備えたモバイルPCです。

スポンサーリンク

1.スペック

スペック表

  LAVIE Direct N11
OS Windows 10 Pro
CPU Intel Celeron N4120
外部GPU なし
RAM 4GB
ストレージ 64GB eMMC
光学ドライブ なし
ディスプレイ 11.6インチIPS(1,366×768)タッチ
ネットワーク 802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 5(LTEモデルあり)
入出力 USB 3.0 Type-C × 2、USB 3.0、USB 3.0 × 2、オーディオジャック、microSDカードリーダー(nanoSIMスロット)
カメラ イン1MP/アウト5MP
バッテリー 駆動時間 最大約11.9時間
サイズ 294.6×209.6×20.4mm
重量 1.28 – 1.3 kg

バリエーションモデル

・Wi-Fiモデル
・LTEモデル
※USB Type-Aポートの数のみ異なり、Wi-Fiモデルは2つ、LTEモデルは1つ

コメント

エントリークラスながらOSがPro版なので法人・教育機関向けという雰囲気も感じられますが、LAVIE Direct N11は個人向けで、NEC Direct専用モデルです。CPUのCeleron N4120はノートPC向けのCeleronとしては高性能な部類と言える4コアCPUで、ウインタブ的には「そんなに込み入ったことに使わないのであれば十分な性能」と評価しています。これがN4020(2コア)だと一気に使用感が悪くなってしまうんですけどね。

RAMは4GB、ストレージは64GB eMMCと、ノートPCとしてはミニマムな構成です。顧客ターゲットを「小中学生」に絞っているから、というのもあるんでしょうが、お子さんが使うにせよストレージはもう少し大きいほうが良かったかもしれないですね。ただし、64GBあれば購入してすぐにストレージがいっぱいになってしまうことはないと思いますし、ちょくちょくストレージの掃除(不要なアプリのアンインストールやダウンロードしたデータの削除など)をすれば「Windowsの大型アップデートに必要なストレージ容量が確保できずに詰む」ということもないでしょう。

ディスプレイはHD解像度ながらIPS液晶で、コンバーチブル2 in 1筐体ということもあってタッチ対応もします。11.6インチなので、この解像度で悪くないとは思います。それよりも視野角の広いIPS液晶でタッチ対応、というのがうれしいところ。

スポンサーリンク

また、この製品はLTE対応も可能です(5G対応はしません)。ただ、ちょっと注意点がありまして、Wi-FiモデルだとUSB Type-Aポートが両側面に1つずつ装備されるのですが、LTEモデルにすると右側面のUSB Type-Aポートの場所がSIMスロットになってしまい、USB Type-Aポートは1つだけになってしまいます。

サイズは11.6インチノートとしてはちょっと大きめですし、重量1.3 kgというのも重いほうです。これはMIL規格(米国国防総省物資調達基準、MIL-STD-810H」準拠の堅牢性を備えている、要は筐体が補強されているためなので、仕方ないでしょうね。

2.筐体

NEC LAVIE Direct N11
筐体の頑丈さが一番良く伝わってくる画像がこれだと思います。ただでさえ今どき見かけないくらい太いベゼルに補強も施されているのがわかります。これではサイズも大きくなりますよねー。

NEC LAVIE Direct N11
天板です。筐体素材は開示されていませんが、おそらく樹脂製でしょう。

NEC LAVIE Direct N11
キーボードです。78キーJIS標準配列、キーピッチ19mm、キーストローク1.4mmと開示されていて、11.6インチながら十分に余裕のあるサイズ感になっています。また、キーボード面上部中央にカメラのレンズが見えます。この製品はコンバーチブル2 in 1筐体なので、タブレットモードにした際、キーボード面が「背面」になるんですよね。

NEC LAVIE Direct N11
これですね。普通のノートPC形態のほか、タブレットモードやテントモートなどにして使えます。なお、ペン入力については情報がなく、筆圧に対応しない「タッチペン」なら市販のもので使えると思いますが、筆圧対応のペン入力はできないものと思われます。

NEC LAVIE Direct N11

クリックで拡大します

側面と入出力ポートの配置です。左側面が2つ写っていますが、上がWi-Fiモデル(USB Type-Aポートあり)、下がLTEモデル(USB Type-Aポートなし、SIMスロットあり)です。

3.価格など

NEC LAVIE Direct N11はNEC Directで販売中で、5月12日現在の価格は税込み65,780円から、となっていますが、製品ページに10%OFFクーポンがあり、これを使うと税込み59,202円から購入ができます。

CPU、RAM容量、ストレージ容量ともメインマシンとして使うのは少々厳しいスペックで、NECの言葉通り「小中学生向け」の製品と言えるかもしれません。実際、この製品にはお子さん向けの知育教材アプリもインストールされていますしね。

ただ、エントリースペックではあるのですが、CPU性能やディスプレイ品質、そして頑丈な筐体と、大人の「外出用サブPC」としても悪くなさそうです。

4.関連リンク

LAVIE Direct N11:NEC

スポンサーリンク