MSI Modern 15 - 15.6インチでGeForce MX330搭載の薄型・軽量な「ビジネス・クリエイターノート」

MSI Modern 15
MSIが15.6インチサイズのビジネス・クリエイターノート「Modern 15」を発売します。この製品は14インチサイズの「Modern 14」によく似たデザインになっていて、スペックも高いので、ちょっと大きめ画面のビジネスノート、クリエイターノートを探している人に向くと思います。

スポンサーリンク

1.スペック

MSI Modern 15
OSはPro版のみで、CPUは第10世代(Comet Lake)のCore i7-10510Uのみ、そしてGPUは「ウインタブでは初めて聞く」GeForce MX330が搭載されています。MX330の性能に関しては現状なんとも言えませんが、当然MX250よりはワンランク上の実力になっていると思われます。

RAMは16GB、ストレージは512GB SSDと、このままでも十分な容量かと思いますが、それぞれに空きスロットがあり、MSI指定販売店で購入する場合、RAMは最大64GB、ストレージはM.2 を2基搭載可能です。

ディスプレイは15.6インチのFHD解像度で、MSIは「IPS」という表現を使っていないものの、製品の格から考えてIPS相当の視野角の広いものが使われていると思います。また、通信まわりでは残念ながらWi-Fi6の搭載はありません。

入出力ポートの数と構成は15.6インチノートとしては十分な水準だと思います。USBポートは合計で4つ、映像系でもHDMIがあり、Type-C(ただしThunderbolt 3ではありません)も映像出力可能です。SDカードリーダーがmicro規格であるというのは、カメラからのデータ伝送という点では少し不満かもしれないですね。

サイズは15.6インチとしては非常に小さいと言えます。横幅356.8 mmというのは最小クラスだと思いますし、厚さも15.9 mmですから、非常に薄いと言えます。重量は1.6 kgで、これも15.6インチノートとしては軽量ですが、毎日バッグに入れて持ち歩くのなら少し重く感じられるでしょうね。なお、記事の冒頭に「Modern 14」によく似ている、と書きましたが、「Prestige 15」と全くの同寸になっています。

2.筐体

MSI Modern 15
MSIのModernシリーズ、Prestigeシリーズはどれもナローベゼルで非常に美しいデザインになっています。このModern 15もその例に漏れません。

スポンサーリンク

MSI Modern 15
筐体色はブラックとシルバーの2種類があるようです。ただ、MSI製品の場合、販売店によって取り扱っている筐体色が違うこともあります。

MSI Modern 15
天板です。この製品の筐体はアルミ合金で、天板にはヘアライン加工が施されています。ビジネスノートとしても高級感のあるデザインと言えます。

MSI Modern 15
キーボードです。最近のMSI製品によく見られるテンキーレス仕様ですね。この画像では英語配列になっていますが、日本仕様はもちろん日本語配列です。また、バックライトも装備され、ゲーミングノートではないのでバックライト色はホワイトのみとなります。

MSI Modern 15

クリックで拡大します

側面と入出力ポートの配置です。上にも書きましたが、15.6インチサイズとしては十分な構成だと思います。

3.価格など

MSI Modern 15は2月27日の発売予定で、2月18日現在、ヨドバシカメラで予約注文を受け付けており、価格は税込み164,800円(ポイント10%つき)でした。この製品と同一筐体(筐体装飾が少し異なります)と思われるPrestige 15(Core i7-10710U/GeForce GTX1650)の実売価格が20万円前後になっていることを考慮すれば、割とお買い得だと思います。

このサイズ、この重量で妥協なき性能を、ということだとPrestige 15になると思いますが、ビジネスマンやクリエイターで、「普通の高性能ノートでは飽き足らない、でもできるだけ小さくて薄いのがいい」という人には素晴らしい選択肢になるのではないでしょうか。

4.関連リンク

Modern 15:MSI公式サイト 製品紹介ページ
Modern-15-A10RAS-061JP:ヨドバシカメラ

スポンサーリンク