mouse X4-R5 - CPUに高性能版のRyzen 5を搭載する14インチモバイルノート。コンパクトで軽量なサイズ感も魅力

mouse X4-R5
マウスコンピューターが14インチモバイルノート「mouse X4-R5」を発売しました。先日紹介記事を掲載した「mouse X5-R7」と同様に高性能版(高TDP版)のRyzenを搭載する高性能PCで、X5-R7が15.6インチサイズであるのに対し、このX4-R5はよりコンパクトで軽量な製品となっています。

スポンサーリンク

1.スペック

  mouse X4-R5
OS Windows 10 Home Sモード/Home/Pro
CPU AMD Ryzen 5 4600H
外部GPU なし
RAM 8GB/16GB/32GB/64GB
ストレージ 128GB/256GB/512GB/1TB/2TB SSD
光学ドライブ なし
ディスプレイ 14インチ (1,920 x 1,080)
ネットワーク 802.11 a/b/g/n/ac/ax、Bluetooth 5.0
入出力 USB 3.0 Type-C、USB 3.0 × 2、USB 2.0、HDMI、オーディオジャック、LAN(RJ45)
カメラ Webカメラ(100万画素)顔認証対応
バッテリー 稼働時間 約 10.0時間
サイズ 320.2 × 214.5 × 17.5 mm (突起部含まず)
重量 1.2 kg

OSはWindows 10 HomeとProを選べ、低価格なベースモデル「X4-R5-E」ではSモードとなります。Sモードはソフトウェアのインストールに制約があり、Microsoftストア(Windowsストア)にあるものしかインストールができず、セキュリティ上は安心ですが、便利なフリーソフトなどのインストールができません。利用される人の属性にもよりますが、Sモードが不要な場合は無料で解除でき、解除すると普通のWindows 10 HomeもしくはProになりますので、購入のハードルにはなりません。

スポンサーリンク

CPUは第3世代のRyzen 5 4600Hです。4600HはノートPCによく使われているRyzen 4 4500Uよりも高性能で、ゲーミングノートなどにも採用されています。この製品は外部GPUを搭載しておらず、ゲーミングノート並みのグラフィック性能とまでは行きませんが、軽量なオンラインゲームであればプレイできるくらいの性能にはなっていると思います。一般的なビジネス用や学習用としても不満を感じることはないでしょう。

RAMは標準で8GB、注文時のカスタマイズにより最大64GBまで増設可能です。また、ストレージも最大で2TBまで増設できますので、(価格は高くなりますが)ニーズに合わせて余裕のある容量にすることができます。

ディスプレイは14インチのFHD解像度で、スペックの数値としては「普通」くらいですね。また、IPSという表記はありませんが、おそらく視野角の広いIPS相当の液晶が使われていると思います。

通信ではWi-Fi6(ax規格)に対応し、入出力ポートの構成も14インチのモバイルノートとしては十分なものになっていると思います。有線LANポートもついていますね。ただし、SD(microSD)カードリーダーはありません。

サイズも悪くありません。14インチとしては十分に小さく、薄く、そして軽く、毎日バッグに入れて持ち歩けるようなサイズ感だと思います。

2.筐体

mouse X4-R5
最近のマウス製品によく見られる、四隅が丸くなっているデザインです。ベゼル幅も細く、引き締まって見えます。上部ベゼルにあるWebカメラは顔認証にも対応します。

mouse X4-R5
天板です。先日ご紹介したmouse X5-R7と同様、元気のいいレッドです。個人的にはとてもいい色だと思います。赤が嫌いな人には受け入れられないと思いますけど。筐体素材はマグネシウム合金です。

mouse X4-R5
キーボードです。82キー日本語バックライトキーボード、キーピッチ約18mm、キーストローク約1.4mmと開示されています。キートップのサイズがやや大きめで、最近のノートPCのほとんどに採用されているアイソレーションタイプではありませんね。

mouse X4-R5
側面と入出力ポートの配置です。USBポートに関しては十分な数が揃っていると思います。ただし、USBの規格は特に高いものではなく、Type-Cポートは映像出力には対応しません。自宅や事務所で長時間作業をすることを考えると、有線LANポートがあるのはありがたいです。

3.価格など

mouse X4-R5はマウスコンピューター公式サイトで販売中で、2月12日現在の価格は76,800円(税込み84,480円)から、となっています。RAM8GB/ストレージ256GBという構成のベースモデルの価格も79,800円(税込み87,780円)、RAMを16GBにするとプラス6,700円(税込み7,370円)と、カスタマイズをしても税込み10万円前後くらいには収まりそうな感じですね。

CPU性能が高く、筐体サイズもコンパクト、重量も1.2 kgということなので、ビジネス用や学習用のメインノートとして活躍してくれそうな製品です。

4.関連リンク

14.0型 mouse X4-R5:マウスコンピューター

スポンサーリンク