マウス m-Book N500 シリーズ - 第8世代Core i7とGeForceを搭載したハイスペックスタンダードノート

マウス m-Book N500
マウスコンピューターから、15.6インチスタンダードノート「m-Book N500 シリーズ」が発売されました。マウスのノートPC「m-Book」シリーズはここのところラインアップを拡充させてきていて、モバイルノートからスタンダードノート、エントリースペックからハイスペックと、かなりのワイドバリエーションになっています。今回紹介するN500シリーズは第8世代のCore i7と外部GPU「GeForce MX150」を搭載するハイスペックなスタンダードノートで、ゲーミングや各種のクリエイティブ用途を除けば、性能面で不満を感じることがなさそうな製品です。

スポンサーリンク

1.スペック

マウス m-Book N500 スペック表
マウスコンピューターはBTOメーカーなので、構成をカスタマイズして注文することが可能です。OSは標準でWindows 10 Homeで、注文時にPro版に変更できます。CPUとGPUはカスタマイズ対象外で、Core i7-8550UとGrForce MX150の組み合わせとなります。この時点でこの製品がノートPCとしてはハイスペックなものであるということができます。

RAMは8GB、16GB、32GBと3種類の組み合わせが可能で、ストレージは最安だと500GB HDD、最上位の構成だと1TB SSD + 2TB HDDのデュアル構成となります。いつも書いていますが、この製品のCPUとGPUの組み合わせならHDDをメインストレージにするのは避けたいところです。

マウス m-Book N500 従来モデルとの比較
ちょっと驚きなのがこの図です。同じマウス m-Bookシリーズの高性能モデル「Kシリーズ」との性能比較なんですが、テストに使ったのが

・m-Book N500:Core i7-8550U / GeForce MX150 / 32GB RAM / 1TB SSD / 2TB HDD
・m-Book K686:Core i7-7700HQ / GeForce MX150 / 32GB RAM / 1TB SSD / 2TB HDD
※ ベンチマークソフトウエア「PCMark 8 V1.4.0」における「Creative accelerated 3.0」の測定結果

とのこと。Kシリーズはm-Booknの中でも高性能なモデルで「ゲーミングノートの一歩手前」くらいのスペックと外観を持つ、ちょっといかつい製品ですし、CPUはゲーム用といっていいCore i7-7700HQなんですが、それよりも高性能なんですね。恐るべし、第8世代Core i7。

ディスプレイは15.6インチでFHD(1,920 × 1,080)解像度となっていますが、IPSなのかTNなのか、それとも他の形式なのかは不明です。また、この製品は光学ドライブを標準で内蔵しています。もちろんカスタマイズでBlu-rayドライブにも変更可能です。帰り道にTSUTAYAに寄るのが楽しみ、という人もこれで安心ですね。

なお、ポート類については、15.6インチのスタンダードノートとしては標準的ですが、マウス製品としては少し物足りないですね。D-subもありませんし、USBポートだってもう一つくらいほしかったところです。ただ、後述しますが、この製品は外観がかなり洗練されていて、そういう意味では「薄さを犠牲にしてでもポート類は充実させるマウス」っぽくないんですよね。

2.筐体

マウス m-Book N500 正面
この製品は横幅が379 mmと、15.6インチサイズとしては標準的な大きさでもあり、ベゼル幅が特に細いということはありません。ただ、ちょっと従来のマウス製品のデザインとは違っていて、「m-Book Hシリーズ」によく似ています。

スポンサーリンク

マウス m-Book N500
マウス m-Book N500 天板
筐体素材は不明ですが、色はシルバーで天板にはヘアライン加工が施されます。マウスのノートPCって、「基本的にブラック、たまにホワイト」という印象がありますが、この製品はちょっと違いますね。

マウス m-Book N500 キーボード
キーボードです。周辺部分が緩やかにラウンドしていて、スタイリッシュな感じです。キーピッチは19 mm、キーストロークは1.5 mmとなっていて、さすがにサイズにはゆとりがあります。ただ、マウスのこだわりポイント「タッチパッドの物理ボタン」はありません。このあたりも「m-Book Hシリーズ」と同様で、マウスらしくないといえます。

マウス m-Book N500 側面
側面とポート類の配置です。この製品の厚さは24.5 mm(突起物含む)なので、最近のスタンダードノートとしてはすごく薄い、ということもないです。しかし、光学ドライブもしっかり標準装備していますし、使い勝手は良さそうですね。

3.価格など

マウス m-Book N500 シリーズはマウスコンピューター公式サイトで販売中で、価格は109,800円(税込み118,584円)から、となっています。この価格だとRAMが8GB、ストレージが500GBになってしまいますが、ストレージを512GB M.2 SSDにすると119,800円(税込み129,384円)となり、おそらくこちらのほうが圧倒的に快適に使えるのではないか、と思います。

マウス製品で私が一番好きなのはキーボードにせよ入出力ポートにせよ、必要と思われることは絶対に省略しない、というところです。その反面、どうしても筐体が厚くなってしまったりとか、重くなってしまうというのはあると思います。新しいm-Book N500シリーズはデザイン面でかなり洗練された、という印象がある一方で、マウスのこだわりポイントみたいなものも少し薄れてしまった感があります。

とはいえ、他社製品との比較では依然として使い勝手という面で優位性があると思いますし、第8世代のCore i7 + Geforce MX150という、非ゲーミングのノートPCに期待する性能水準をらくらくクリアしたスペックも魅力ですよね!

4.関連リンク

15.6型 m-Book N シリーズ
icon

スポンサーリンク

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑