マウス m-Book B400H - 新TV-CM公開記念モデルは14インチのハイスペックノート!数量限定2,500台

マウス m-Book B400H
マウスのCMといえば乃木坂46を起用していて、もう結構な期間が経過しているのですが、いまや乃木坂は日本の女性アイドルグループとしてはトップレベル(荒れそうなのであえてトップとは断定しません)なので、その意味ではマウスコンピューターには先見の明があったと思います。

スポンサーリンク

マウスでは定期的に「新CM公開記念モデル」というのを限定販売しています。型番は「m-Book Bシリーズ」で、従来はすべて15.6インチのスタンダードノートだったのですが、今回は14インチノートも加わりました。しかもこの記念モデル、かなりのハイスペックマシンです。

1.スペック

マウス m-Book B400H
マウスコンピューターはBTOメーカーなので、記念モデルと言えども注文時に構成のカスタマイズが可能です。OSは標準でWindows 10 Homeですが、Pro版を指定できます。CPUはCore i7-8550Uで、これはカスタマイズ対象ではありません。RAMは標準で8GB、カスタマイズで最大32GBまで搭載可能です。

そして、ストレージに関しては非常に細かくカスタマイズ可能です。標準だと256GB M.2 SATA 3 SSDですが、NVNeにしたり、ブランドを指定したりもできますし、物理ストレージを2基にして、SSD + SSD、SSD + HDDという構成にすることもできます。それと、私から見てこの製品のストレージをカスタマイズする料金がかなり低額に感じられます。例えば500GB HDDの増設が5,000円(税抜き)で、これはまあいいとして、240GB SSDの増設が8,800円(税抜き)だったりします。なので、購入する場合、ストレージに関しては「とりあえず増やす」くらいに考えてもいいかもしれません。

ディスプレイは14インチでFHD解像度です。残念ながらIPSなのかTNなのか、という点については言及されておらず、視野角など液晶形式を示唆する説明もありませんでした。

マウス製品の魅力のひとつが入出力ポートです。この製品でも合計で3つのUSBポート(これは割と普通)に加え、HDMIとMiniDisplayPortと2種類の映像出力ポート、有線LAN、入力と出力を分離した音声用ポートを備えます。また、カメラはWindows Helloの顔認証に対応します。

それとこの製品はオプションでLTEモジュールを搭載可能です。これからモバイルPCを買うならLTEモデルのほうがいいですよね?

サイズはモバイルノートとして考えた場合、ちょっと大きめです。14インチサイズなのでタテ・ヨコサイズは一般的な13.3インチモバイルノートと比較して、それぞれ1センチ強は大きくなっていますし、重量の1.6 kgというのもウインタブの日頃の主張である「モバイルノートは1.5 kgまで」よりも、ちょっとだけオーバーしてしまいます。しかし、「1.5 kgならモバイルOKで1.6 kgならモバイル不可」などというルールが存在するはずもなく、「別に100 gくらいはいいじゃん!」というご意見に対しても反論できないですw

まあ、そうやって「あと100 gくらいなら…」というのを自分の頭の中で繰り返していくと、そのうちに17.3インチのノートPC(3 kg弱)までモバイルOK!とかになっちゃいますけどね。

スポンサーリンク

2.筐体

マウス m-Book B400H
筐体サイズがそれほど小さくはないので、ベゼルは非常に細いとは言いにくいです。ただし、太めということもないです。この製品はベゼル部分を筐体と同一色にしていますが、筐体色シルバーとかゴールドの場合、ベゼルをブラックにしたほうが締まって見えるんですよね。

マウス m-Book B400H
天板にはマウスのロゴマークがあります。筐体素材については不明で、予想も難しいです。マウス製品はプラスティック筐体であることが多いのですが、この画像を見ていると金属っぽくも見えますね…。

マウス m-Book B400H
キーボードは「いつものマウス」という感じです。87キー日本語配列で、キーピッチは18.75 mm、キーストロークは1.5 mmということなので、かなり余裕があり、長時間でも快適なタイピングができると思います。

ただし、タッチパッドの物理クリックボタンは「左右独立した2ボタン」というのもマウスのこだわりだったと思うのですが、この製品の物理ボタンは1つだけです。

マウス m-Book B400H
側面と入出力ポートです。上のほうにも書きましたが、マウス製品の長所として、「豊富な入出力ポート」というのがありますが、この製品も14インチノートとしては非常に充実したポート類が装備されていると思います。

3.価格など

マウス m-Book B400Hはマウスコンピューター公式サイトで販売中で、11月25日現在の価格は99,800円(税込み107,784円)から、となっています。99,800円(ベースモデル)の構成は「Core i7-8550U/RAM8GB/256GB SSD」なので、個人的には「少なくともCPUがCore i5でないぶんは割安」と感じます。

また、この製品はRAMやストレージを好みに合わせてカスタマイズできるほか、LTEモジュールの追加も可能で、それらのオプション価格が低めに設定されているので、実際にカスタマイズしてみると、さらに割安に感じられるかもしれません。

2,500台限定ということで、今日明日中に売り切れるとは思いませんが、いつまでも販売されるわけではないでしょうから、購入を検討される人はお早めに…。

4.関連リンク(マウスコンピューター)

m-Book B400H
icon

スポンサーリンク

Comment

  1. 匿名 より:

    いつも楽しく見ています。
    マウスのモバイルデバイスは安くてスペックもよい
    素晴らしいものなのですが、エンター左の
    []{}やアンダーバーのキーが
    異常に長いところが気になります。
    これ、なんなんでしょうね。
    違和感ありすぎて…

    • 匿名 より:

      そうですよね、出来ればその分Enterキーを近づけたり、右Shiftを大きくして欲しかったです。

    • wintab より:

      こんにちは。私もそう思います。しかし、このタイプのキーボード、何回か試用したんですが、違和感はかなり小さいです。記事中にいつも書いてるんですけど、「小さすぎるよりも数段マシ」というのが私の感想です。ちょっと特異であることは間違いないので、皆さんそうおっしゃるのはよくわかります。一度マウスのモバイルノートを触っていただける機会があるといいんですけどね。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
HP ウインタブ限定クーポン

  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑