Lenovo Yoga Slim 750i(13)/ Yoga Slim 750i Carbon - 第11世代Coreプロセッサーを搭載する13.3インチモバイルノート。超軽量で美しいカーボン筐体が素晴らしい!

Lenovo Yoga Slim 750i(13)/ Yoga Slim 750i Carbon
LenovoがYogaブランドのノートPC「Yoga Slim 750i(13)/ Yoga Slim 750i Carbon」を発売しました。プレスリリースは12月1日に出ていたのですが、レノボ製品の場合、発売日にならないといくらで買えるのかわからない、というのがありまして、本日12月8日の紹介記事掲載となりました。

スポンサーリンク

Yoga Slim 750iという型番はすでに14インチと15.6インチのモデルが存在しますが、今回発売されたのは13.3インチで、筐体素材にカーボンを採用した超軽量モデルもあります。

1.スペック

Lenovo Yoga Slim 750i(13)/ Yoga Slim 750i Carbon
Yoga Slim 750iの13.3インチ版は2モデルあり、製品名も製品ページも異なります。最も大きく異なるのは筐体素材と筐体色、そして「重量」です。一般的な素材(おそらくアルミ合金)のほうが「Yoga Slim 750i(13)」、カーボン素材のほうが「Yoga Slim 750i Carbon」といい、筐体色がまるっきり違うので雰囲気も大きく異なりますが、スペック表を見ていただくと、基本的には同一のフレーム(金型?)が使われていると感じられます。筐体については後述します。

CPUは750i(13)が第11世代(Tiger Lake)のCore i5のみ、750i CarbonはCore i5/Core i7で、750i(13)は単一バリエーション、750i Carbonは複数のバリエーションが存在します。ここだけ見れば「主力はCarbonのほう」と言えそうです。どちらもCeleronやCore i3の設定はなく、位置付けとしては上位クラスのモバイルノートと言えるでしょう。

YogaシリーズはThinkPadシリーズと異なり、注文時にシステム構成のカスタマイズはできません。CPU/RAM/ストレージに関しては下記の中から選ぶことになります。

750i(13):
 Core i5/RAM8GB/256GB SSD
750i Carbon:
 Core i5/RAM8GB/512GB SSD
 Core i7/RAM16GB/1TB SSD

CPUだけでなく、ストレージの構成を見ても、750i(13)が廉価版、750i Carbonが上位版ですね。

ディスプレイは13.3インチのIPS液晶で解像度は2,560 × 1,600と高精細、アスペクト比も16:10ですから、一般的なノートPCのアスペクト比16:9よりもやや縦方向に長くなっています(タブレット製品と同じアスペクト比です)。超軽量な筐体と合わせ、この部分もYoga 750i(Carbon)の大きな魅力と言えるでしょう。

通信まわりではWi-Fi6に対応します。そして入出力ポートは「けっこう特殊」ですね。USBポートがすべてType-Cで、DC-INとHDMIはありません。SD(microSD)カードリーダーもないです。Type-Cポートのうち2つがThunderbolt 4と高規格ですし、外部ディスプレイ出力も可能ですが、手持ちのUSBメモリースティックを使うとか、USBマウスを使うとかの場合はちょっと不便です。

サイズは750i(13)、750i Carbonでほぼ同じ、かなりスリムです。そして重量は750i Carbonが圧倒的に軽く、1キロを切って966 gとなっています。まあ、価格次第ですけど、ここまでを見ると「買うならCarbonのほう」でしょうね。

2.筐体

Lenovo Yoga Slim 750i(13)/ Yoga Slim 750i Carbon
ここからは主に750i Carbonの筐体でご説明します。やや縦方向に長いディスプレイの形状がよく理解できますね。この製品、左右だけでなく、上下のベゼルもかなり細くなっていて、全体的にとてもスリムな印象です。

スポンサーリンク

Lenovo Yoga Slim 750i(13)/ Yoga Slim 750i Carbon
天板です。750i Carbonはもちろんカーボン素材でパームレストと底面はマグネシウム合金製です。筐体色は「ムーンホワイト」、3層サーマルコーティング(よくわかりません…)が施され、指紋がつきにくく、汚れを簡単に拭き取ることができます。

それと、750i Carbonのほうだけ言及がありましたが、筐体はミルスペック(米国国防総省物資調達基準、MIL-STD-810G)準拠の堅牢性を備えています。

Lenovo Yoga Slim 750i(13)/ Yoga Slim 750i Carbon
こちらはYoga 750i(13)。750i Carbonとはかなり雰囲気が異なります。筐体色は「ライトシルバー」で、より一般的なモバイルノートに近いと言えますね。素材が異なることもありますが、筐体色だけでイメージが一変します。

Lenovo Yoga Slim 750i(13)/ Yoga Slim 750i Carbon
キーボードです。日本仕様は「JIS配列、バックライト・キーボード」となっていて、750i(13)、750i Carbonで同一のレイアウトです。キーピッチは18.7 × 18.2 mm、キーストロークは1 mmと開示されていて、やや浅めのキーストロークですね。

なお、この製品の生体認証は顔認証のみで、指紋センサーは装備されていません。

Lenovo Yoga Slim 750i(13)/ Yoga Slim 750i Carbon

クリックで拡大します

側面と入出力ポートの配置です。スペックのところでもご説明しましたが、この製品にはイヤホンジャックを別とすればUSB Type-Cポートしかありません。

3.価格など

Lenovo Yoga Slim 750i(13)/ Yoga Slim 750i Carbonはレノボ直販サイトで取り扱われ、750i(13)は12月18日の発売予定、750i Carbonは12月8日に発売されました。12月8日現在の750i Carbonの価格は税込み116,688円(最大15%OFF)から、となっています。750i(13)についてはまだ実売価格がわかりませんが、仮に750i Carbonと同一の割引(レノボ直販サイトは基本的に常時割引があります)が適用されるとすると11万円くらいになると思います。

750i(13)の価格についてはあくまでウインタブの予想ではありますが、両者の価格差が大きいとは感じられませんので「買うなら超軽量な750i Carbon」でしょうね。

4.関連リンク

Yoga Slim 750i Carbon:Lenovo
Yoga Slim 750i(13):Lenovo

スポンサーリンク