HP ProBook 635 Aero G7 - Ryzen搭載で重量1キロ切り!高度なセキュリティ機能のついた13.3インチモバイルノート

HP ProBook 635 Aero G7
HPが13.3インチモバイルノート「ProBook 635 Aero G7」を発売しました。ProBookというのは法人向けの製品ブランドで、この製品も法人モデルですが、HPの直販サイト、HP Directplusでは個人顧客も法人モデルを普通に購入できます。

スポンサーリンク

また、HPの法人モデルは「いかにも法人向け」の製品も多いのですが、個人向けと考えても非常に魅力的な製品もあります。このProBook 635 Aero G7はまさにそうで、個人的にも欲しくなってしまいました。

1.スペック

  ProBook 635 Aero G7
OS Windows 10 Pro
CPU AMD Ryzen 3 4300U/Ryzen 5 4500U/Ryzen 7 4700U
外部GPU なし
RAM 8GB/16GB
ストレージ 128GB/256GB/512GB M.2 SSD
光学ドライブ なし
ディスプレイ 13.3インチ (1,920 x 1,080)
ネットワーク 802.11 a/b/g/n/ac/ax、Bluetooth 5.0(LTE)
入出力 USB 3.1 Gen2 Type-C、USB 3.1 × 2、HDMI、オーディオジャック(nanoSIMスロット)
カメラ Webカメラ(720p)顔認証対応
バッテリー 42Wh(18時間)/ 53Wh(23時間)
サイズ 307.6 x 204.5 x 17.9 mm(最薄部、突起部含まず)
重量 0.99-1.05 kg

OSはPro版のみ、CPUは第3世代Ryzen Mobile、Ryzen 3 4300U/Ryzen 5 4500U/Ryzen 7 4700Uを選べます。また、選択するCPUによってRAMとストレージ容量が決まります。

Ryzen 3/RAM8GB/128GB SSD
Ryzen 5/RAM8GB/256GB SSD
Ryzen 5/RAM16GB/512GB SSD
Ryzen 7/RAM16GB/512GB SSD

この4パターンです。ウインタブの過去の実機レビュー経験上、第3世代Ryzenのパフォーマンスは非常に高いと評価していますので、個人的にはRyzen 3でも十分かと思いますが、ストレージが128GBしか選べないのがちょっと残念ですね。一方でRyzen 5を選べばRAMとストレージ容量に選択の余地が出てきます。

それと、SSDの仕様で128GBのみSATA-3、それ以外はPCIe NVMe、という違いがあります。PCIe接続のほうがずっと高速ですが、ビジネス利用であればSATAでもそんなにストレスを感じることはないはずです。HDD(ハードディスク)なら論外ですけど。

ディスプレイは13.3インチのFHD解像度、ノングレアタイプで、輝度は400nitと非常に明るいものになっています。ただし、IPSという表記はありませんでした。製品価格や他のシステム構成から考えて、視野角の広いIPS相当のものが使われているだろう、とは思います。

通信まわりではWi-Fi 6に対応するほか、すべてのバリエーションモデルでLTEモジュールを追加できます。入出力ポートに関しては、13.3インチモバイルノートとして「普通くらい」の構成だと思います。USBポートが合計で3つ、HDMIもありますので、普通の使い方であればポート不足を感じることはなさそうです。ただし、SD(microSD)カードリーダーはありません。

バッテリーはLTEモジュールの有無によって異なります。LTEなしの場合は42Whで稼働時間の公称値が18時間、LTEありの場合は53Whで公称値23時間です。バッテリー稼働時間については「公称値の半分」と考えておけば購入後に後悔することもないでしょう。

サイズも素晴らしいです。タテ・ヨコについては他社の13.3インチモバイルノートと比較して特段小さいということはありませんが、重量が非常に軽いです。この製品は法人向けということで非常に頑丈に作られていて、ミルスペック(米国国防総省物資調達基準、MIL-STD 810H)準拠になっているのですが、LTEなしモデルだと1キロを切ります。「モバイルノートの重量は主要スペックの一つ」と考えるウインタブとしては、軽さと堅牢性を両立している点を高く評価したいと思います。

2.世界でもっとも安全なビジネスPC

これ、HPの法人モデルでスローガンのように使われているものです。「HPのPCは、セキュリティを守るハードウェアとソフトウェアの組み合わせによりサイバー攻撃に備え、予防、検知、復旧を担保します。」とアピールされています。「HP Endpoint Security Controller」という独自チップを搭載することにより、非常に高度なセキュリティ機能を実現しています。

スポンサーリンク

●HP Sure Start(BIOS自己回復)
●HP Sure Run(セキュリティソフトやOSのセキュリティ機能をOFFにさせない)
●HP Sure Recover(正常な状態に自動リカバリー)

特にSure Recoveryというのがすごいです。「OS がウイルスに感染し全く起動しなくなった場合でも、自動的にネットワークからPC稼働に必要なイメージをダウンロードし、正常な状態にリカバリーします。」という、まるで夢のような機能なんですよね。

また、ソフトウェアにもこんなのがあります。

●HP Sure Click(ウェブブラウジング感染が無かったことに)
●HP Sure Sense(次世代のアンチウイルス対策)

これらの機能は法人モデルだけでなく、個人ユーザーにとっても非常にありがたいというか、安心できますよね!

「世界で最も安全なビジネスPC」については、HPのこちらのページをご覧ください。
セキュアPCicon:HP

3.筐体

HP ProBook 635 Aero G7
正面から見たところです。すみません「普通ですね」くらいしか書けないです…。ただし、この製品は見た目は普通ですが「機械部品の62%以上で再生材料を使用」と開示されていて、環境に配慮した、「意識高い系PC」なんです。

HP ProBook 635 Aero G7
天板です。オールメタルデザインと表記され、「マグネシウムの軽さと、アルミニウムの美しさ、強さを兼ね備えた」という説明もありましたので「マグネシウム・アルミニウム合金製」ですねw

筐体色はオーソドックスにシルバーのみ、天板のロゴもプレミアムタイプではなく、普通のHPロゴとなります。HPファンならこっちのロゴのほうがいいんじゃないでしょうか。

HP ProBook 635 Aero G7
ヒンジは180度開口します。ビジネスミーティングの際などに便利です。

キーボードの拡大画像がなかったので、ここでご説明します。日本仕様は防滴機能付きの85キー日本語キーボードで、キーピッチは18.7 × 18.7 mm、キーストロークは1.5mmと開示されています。サイズ的には十分ですね。バックライト有無については説明がなく、おそらく装備されていないものと思われます。

キーボード面の両端にスピーカーグリルが見え、配置的にはかなり好ましいと感じますが、Bang&Olufsen製ではありません。それと、右側のパームレストに指紋センサーも見えます。この製品は顔認証、指紋認証の両方に対応しています。

HP ProBook 635 Aero G7

クリックで拡大します

側面と入出力ポートの配置です。

4.価格など

HP ProBook 635 Aero G7はHP Directplusで販売中で、12月7日現在の価格は99,800円(税込み109,780円)から、となっています。また、ウインタブ読者用の割引クーポンがあり、この価格から4%OFFで購入が可能です。

重量が1 kgを切る13.3インチモバイルノートは他社からも発売されていますが、10万円未満の製品は少ないです。そのため、ProBook 635 Aero G7はコストパフォーマンスに優れたモバイルノートということができますし、記事中にご説明したとおり、極めて高度なセキュリティ機能が実装され、堅牢な筐体に仕上がっているという点でも非常に魅力的だと言えます。あと、ここは私だけかもしれませんが、HPのビジネスマシンらしい、ちょっと素っ気ないデザインにも好感が持てます。

新製品の紹介記事を書くために詳細情報を調べていて、個人的にも欲しくなってしまう製品というのがちょくちょくあります。私の場合はThinkPadのニューモデルだったり、ASUSのExpertBook B9だったり、dynabook GZだったりするのですが、価格を考えると欲しいと思ってすぐに買えるようなものでもありませんので、いつも「次に買うときは…」などと一人でテンションを上げています。このProBookについても、いまのところ「次は絶対これだろ!」と思っています。

5.関連リンク

この製品はウインタブ読者用クーポンの対象です。そのため、まずこちら

ウインタブ専用リンク(クーポン)_法人向けPC
にアクセスしていただき、次にこちら
HP ProBook 635 Aero G7 製品詳細icon
にアクセスしてご購入ください。この操作でショッピングカートのところで4%の「特別値引き」が表示されます。

スポンサーリンク