Lenovo ThinkPad Yoga 260 - キーボード非分離型2 in 1のハイスペックマシンが新型に!

公開日: : Lenovo , ,

Lenovo ThinkPad Yoga 260
LenovoのThinkPad Yogaがニューモデルとなり、名称も「ThinkPad YOGA 260」となりました。単にOSやCPUを換装しただけでなく、筐体もリニューアルされ、一段と魅力的なモバイルWindowsマシンとなっています。もちろんThinkPadのアイデンティティともいうべき「ブラックのボディに赤い出ベソ」は健在ですよ。

スポンサーリンク

1.スペック

OS: Windows 10 Pro 64ビット
CPU: Intel Core i3-6100U / i5-6200U / i7-6500U
RAM: 4GB(最大16GB)
ストレージ: 192GB(最大512GB) SSD
ディスプレイ: 12.5インチIPSタッチパネル(1,366 × 768)/(1,920 × 1,080)
入出力: USB 3.0、パワードUSB3.0、MiniDisplayポート、HDMI、 OneLink+ 、microSD
ネットワーク: 802.11 b/g/n、Bluetooth 4.1
バッテリー稼働時間: 最大約10時間
サイズ: 309.9 x 220 x 17.8-18.2 mm
重量: 約1.36㎏(最小構成時)
その他: 指紋センサーあり
付属品: ThinkPad Tablet Pen Pro-2

補足します。ThinkPad Yogaという12.5インチの2 in 1は従来からありましたが、Yoga 260は筐体からして新設計です。従来モデル同様、キーボード非分離・ディスプレイ360度可動型の2 in 1ですが、サイズが少し小さくなり(従来モデルは316.6 x 221 x 19.4 mm)、重量が大幅に軽くなっています(従来モデルは約1.6 kg)。

CPUは最新のSkylake世代のCore iシリーズを搭載、RAMやストレージ、ディスプレイはカスタマイズ可能で、最上位の構成にすると文句なしのハイスペック・モバイルノートになりますね。また、指紋センサーが標準でついているのも魅力です。Windows 10の新しい生体認証システム「Windows Hello」への対応については特に説明はありませんでした。

あと、ThinkPad Tablet Pen Pro-2というスタイラスペンが付属しており、これを使用すると2,048段階の筆圧に対応するということなので、タブレットモードの使いみちは広がりそうです。ペンは本体に収納することができ、収納時に充電するしくみ(つまり電池式のペンということですね)なので、使い勝手もよさそうです。

2.筐体

Lenovo ThinkPad Yoga 260 4つのスタイル
筐体が新しくなったと言っても、キーボード非分離・ディスプレイ360度可動型の2 in 1のお約束である「4つのスタイル」は健在です。

Lenovo ThinkPad Yoga 260 ノートPC形態
通常のモバイルノートPCとして見た場合、いかにもThinkPadらしいデザインはそのままで、新筐体だから見た目が大きく変わった、なんてことはありません。

スポンサーリンク

Lenovo ThinkPad Yoga 260 キーボード
キーボード部分です。右端に指紋センサーも見えます。オーソドックスなデザインとレイアウトで、見るからに使いやすそうですね。

Lenovo ThinkPad Yoga 260 Lift'n' Lock
キーボード拡大図ですが、この製品の新機能「Lift’n’ Lock」が機能している状態です。Lift’n’ Lockとは、「ディスプレイ部分を回転させてタブレットモードやスタンドモードにすると、キーボード面のフレームが上昇し、キーをロックする」というもので、上の画像ではフレームがせり上がってキートップと同じ高さになってますね。

Lenovo ThinkPad Yoga 260 サイド
筐体側面です。2 in 1といっても基本構造はノートPCなので、入出力ポートの配置は無理した感がなく、自然です。

3.価格と発売時期

Lenovo Yoga 260は11月27日から販売が開始され、価格は税抜き169,000円(税込み182,520円)から184,000円(198,720円)となっています(CPUやRAMなどのカスタマイズ可能なので、構成によってはこれよりも高くなります)。ちなみに184,000円のモデルだと、CPUがCore i5-6200U、RAMが4GB、ストレージが192GB、ディスプレイが1,920 × 1,080という仕様です。なので、CPUをCore i7に、RAMを8GBに、ストレージを512GBに、とスペックを上げていくと最終的に25万円以上にはなるかもしれませんね。

この冬、モバイルWindowsデバイスではディスプレイサイズが10~12インチくらいの2 in 1が人気になるのではないか、と思っています。台風の目はなんといってもSurfaceシリーズの充実、ということなのですが、その中でYoga 260はいい選択肢になると思います。キーボードが分離せず、実態としてモバイルノートPC形態が基本なので、例えばSurfaceの欠点である、「不安定な場所や狭い場所だと使いにくい」ということもありません。逆にタブレットとして使う場合はキーボードが分離するタイプの製品の方が軽量で持ちやすい、ということもいえます。

ThinkPadなんで、普段は仕事でバリバリとキーボード入力をこなし、ミーティング時はタブレットモードで手書きメモをとり、自宅に帰ってからはスタンドモードやテントモードでYouTubeやゲームアプリ、なんていう使い方になるんでしょう。競合製品とどっちが優れているか、なんてことは軽々しくいえませんが、ビジネスマシンととらえた場合のThinkPadシリーズの完成度は最強クラスだと思うので、興味のある人も多いんじゃないでしょうか?

4.関連リンク

薄型軽量、最新のプロセッサーを搭載したマルチモードPC「ThinkPad Yoga 260」登場:Lenovo プレスリリース
ThinkPad Yoga 260:Lenovo公式サイト 製品ページ

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑