LenovoがThinkpadの2018年モデルを発表!名機X270は大きく変わってX280に!

Lenovo ThinkPad X280
Lenovoがラスベガスで開催される予定の「CES 2018(世界最大の国際家電見本市)」に先立ち、ThinkPadシリーズの2018年モデルを発表しました。おそらくすべてのThinkPadということではなく、一部モデルのみですが、名機「X270」の後継機「X280」も発表モデルに含まれています。なお、現状製品の詳細なスペック表や製品画像は公表されていないため、Lenovoのニュースリリースおよび海外ニュースサイト「THE VERGE」の記事を引用元として、簡単に説明していきます。

スポンサーリンク

1.ThinkPad X280

Lenovo ThinkPad X280

ThinkPad X2○○シリーズは「そう簡単にはデザイン変更しない」のですが、X280は筐体が変更されています。従来機に比べ20%軽量化(2.5ポンド≒1.13 kg)、15%薄型化(17.4 mm)され、より「普通のモバイルノート」に近いサイズ感になっています。ただ、この製品に限ってはこういう善意の改善がユーザーに「チッ!」と受け止められるかもしれないですけどねw

CPUは第8世代のCore i、RAMは最大16GB、ストレージは最大1TB SSDまで対応します。また、バッテリー稼働時間は最大16.6時間というロングライフなものになり、急速充電にも対応します(60分で80%まで充電可能)。Lenovo製品のDC-INは独自規格のものが使われているのですが、X280はUSB Type-Cからの充電/給電となりました。

また、地味なんですけど「ThinkShutter」というWebカメラ用の物理カバーが装備されています。これはPCの不正利用(最悪、乗っ取りなど)によりWebカメラを悪用されないための配慮です。

X280は米国では2018年1月から発売され、価格は999ドル(約11.3万円)から、とのことです。日本での発売はまだアナウンスされていませんが、発売されるのは確実と考えていいでしょう。この春くらいになるんでしょうか。

ではTHE VERGEにあった製品画像を掲載します。キープコンセプトと考えていいでしょう。当然ベゼルを細くするとか、やたらと頑張って薄型化するとかの「無理」はしてないです。明らかにそれとわかるThinkPadのままですよ!

Lenovo ThinkPad X280
Lenovo ThinkPad X280
Lenovo ThinkPad X280
Lenovo ThinkPad X280
Lenovo ThinkPad X280

スポンサーリンク

3.ThinkPad X380 Yoga

Lenovo ThinkPad X380 YOGA
こちらは日本名「ThinkPad Yoga 370」の後継機と考えられます。X280によく似ていますがディスプレイサイズが13.3インチと一回り大きく、「YOGA」ですからディスプレイが360度回転します。

Lenovo ThinkPad X380 YOGA
こんな感じですね。

X380はディスプレイ以外の基本構成(CPU、RAM、ストレージなど)は(Lenovoのニュースリリースを見る限り)X280とほぼ同一と思われますが、こちらにはWindows Helloの顔認証に対応するIRカメラが搭載されます。また、キーボード非分離型2 in 1形態なので、当然タッチパネルが装備され、アクティブペン(筆圧対応すると思われます)にも対応します。そしてバッテリー稼働時間は最大で13.6時間です。

X380 Yogaも米国では2018年1月に発売され、価格は1,459ドル(約16.5万円)から、となります。この製品もほぼ間違いなく日本でも発売されると思います。

3.ThinkPad Lシリーズ

Lenovo ThinkPad L380
「Lシリーズ」とは、おそらく日本名の「ThinkPad Lシリーズ」の後継機だと思うのですが、現在ラインアップされていない13.3インチモデルが追加されています。もともとLシリーズはディスプレイサイズが14インチ(L470)と15.6インチ(L570)のスタンダードノートなんですけど、13.3インチというのは明らかにモバイルノートのサイズ感ですよね。発表されたのはL380、L380 Yoga(ともに13.3インチ)、L480(14インチ)、L580(15.6インチ)の4機種で、第8世代のCore iを搭載できる、ということと、L580にはAMDのGPUを搭載できる、ということくらいしか発表されていないのですが、やはりL380とL380 Yogaの存在は非常に気になります。

Lシリーズは米国で2018年2月に発売され、価格はL380が449ドル(約5.1万円)から、L380 Yogaが549ドル(約6.2万円)から、L480が779ドル(約8.8万円)から、L580が769ドル(約8.7万円)から、となっています。

L380とL380 Yogaは日本で発売されるかどうか不明(でもL470とL570が販売されているので、その可能性は高いと思います)ですが、これってThinkPadシリーズに低価格版のモバイルノートと2 in 1が追加されることを意味するので、個人的にはすごく期待しています。

4.Lenovo Tablet 10

Lenovo Tablet 10
ThinkPadシリーズではありませんが、新しいタブレットが発表されました!「Compact, Tough and Secure Detachable」というキャッチコピーがついており、Celeon NシリーズをCPUに、「ヘルスケアや小売などの特定のアプリ」を使用することが想定された製品、つまり業務用、ということになります。

バッテリー稼働時間は最大9時間、指紋センサーの搭載も可能、ということですが、それ以外の詳細情報はありません。米国では2018年1月に発売されることになっていますが、現時点で価格も未定です。

画像と製品説明を見る限り、そもそも個人向け製品ではなさそうですし、日本での発売があるのかもよくわかりません。できれば個人向けにも発売してほしいですけどね…。

5.引用元サイト

Lenovo Introduces Its Most Complete ThinkPad Portfolio with 2018 Lineup:Lenovo ニュースリリース(英語)
Lenovo’s latest ThinkPads have USB-C chargers and webcam security covers:THE VERGE(英語)

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
geekbuying セール
  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑