Lenovo ThinkPad E480 - 14インチ、モバイルノートとスタンダードノートの中間くらいのサイズ感!

Lenovo ThinkPad E480
2018年1月19日に新発売となったLenovo ThinkPadシリーズのスタンダードノート「E580」と「E480」。今回は14インチサイズの「E480」を紹介します。なお、15.6インチサイズの「E580」については先に紹介記事を書いていますので、そちらをご覧ください。
Lenovo ThinkPad E580 - 15.6インチ、ThinkPadとしてはエントリークラスのスタンダードノートがリニューアル!

スポンサーリンク

1.スペック

Lenovo ThinkPad E480 スペック表
主要なスペックは先日記事を書いた「E580」とほとんど同じです。ThinkPadシリーズはもともとカスタマイズ余地が大きく、CPU、RAM、ストレージ、ディスプレイ、そしてキーボードとかOSの言語まで指定することができますが、この製品とE580はその辺のカスタマイズ範囲も同じですね。

E480はCore iプロセッサー専用機であるにもかかわらず価格が59,616円(1月20日現在)から、と非常にお買い得価格なのですが、エントリークラスのThinkPadとはいえ、かなりのハイスペックにカスタマイズすることも可能です。CPUは第7世代のCore i3から第8世代のCore i7まで、RAMは最大で32GBまで、ストレージは512GB SSD + 2TB HDDまでのデュアル構成が可能です。また外部GPU「AMD Radeon RX550」まで搭載できてしまいます。本気で最上位構成にすると20万円を越えてしまいますが、そこら辺のハイスペックノートが裸足で逃げ出すくらいまでスペックを上げられますね。

ディスプレイは下位グレードだとHD解像度(1,366 × 768)のTN液晶ですが、これもカスタマイズでFHD解像度(1,920 × 1,080)のIPS液晶にすることができます。また、入出力ポートも14インチというサイズにしてはかなり充実しているほうです。

あと、ちょっと「うーん」となってしまったのがサイズ感です。14インチなのでスタンダードノートとしては小ぶりなんですが、「思ったより小さい」んです。

DELL Inspiron 14 7000: 323.3 × 227.1 x 18.95 mm / 1,649 g
ThinkPad E480: 329.3 x 242 x 21.9 mm / 1,750 g

DELLの狭ベゼルの14インチ「DELL Inspiron 14 7000」とサイズ比較してみました。E480のほうが大きいのは間違いないですが、特に横幅329 mmというのは14インチの製品としてはかなり健闘しているほうです。また、重量の1.75 kgというのもモバイルノートと言うには少しばかり重すぎということになるものの、持ち歩き出来ないこともないですね。これ、結構微妙な話だと思います。この微妙さを理解したうえでこの製品をモバイルノートとして購入するのもありかもしれません。

2.筐体

Lenovo ThinkPad E480 筐体
正面からの画像がないんでわかりにくいですが、この製品は結構な狭ベゼルになっていると思います。実際に横幅もInspiron 14 7000と6ミリしか違いませんし。

スポンサーリンク

Lenovo ThinkPad E480 天板
ただし、デザインコンセプトがもろThinkPadなので、面白くないと感じる人もいるかもしれません。みんな同じデザインですもんね、ThinkPad。筐体素材はおそらくプラスティックだと思いますが、ThinkPadである以上、筐体の頑丈さは折り紙つきです。

Lenovo ThinkPad E480 キーボード
キーボードです。この画像は英語配列ですが、もちろん日本語配列も選べます。15.6インチのE580との決定的な違いはここですね。14インチなのでテンキーがありません。このキーボードのほうが使いやすい、と感じる人もいるでしょう。

キーボードそのものの品質は心配する必要がないと思います。ThinkPadシリーズのキーボードはサイズが大きめでキーストロークがやや深く、非常に打鍵感がいいです。

Lenovo ThinkPad E480 側面
側面です。やはりこの角度から見ると厚み(21.5 mm)が気になりますね。ポートの数は十分確保されていますが、光学ドライブはありません。あと、SDスロットがmicro規格になっているのがちょっと不満ではあります。

Lenovo ThinkPad E480 ヒンジ水平
ThinkPadシリーズの多くがそうであるように、この製品もヒンジが180度開きます。これって、オフィスでの打ち合わせなんかには意外と重宝する構造ですよ(実体験アリ)。

3.価格など

Lenovo ThinkPad E480はLenovo直販サイトで販売中で、1月20日現在の価格は税込み59,616円から、となっています。少しカスタマイズして、「Core i7-8250U/RAM8GB/256GB SSD/FHDディスプレイ」という構成にしてみたら99,824円でした。CPUは第7世代(Core i5-7200U)も選べ、その場合はもう4,000円ほど安くなります。

この製品、決して悪い意味ではなく「微妙」です。サイズのことなんですけど、スタンダードノートとしてはかなり軽快な部類になりますし、モバイルノートとしては少しばかり重いです。ただ、それって逆にいえば「どっちにでも使える」ということですよね?あと、キーボードにテンキーがない、というのも好みがわかれるところで、人によってはテンキーのないキーボードを好むと思いますので、その場合はE580ではなくE480のほうがいい、ってことになります。なんかこの製品、意外と面白いかもしれないです。

4.関連リンク(Lenovo)

ThinkPad E480

スポンサーリンク