Lenovo IdeaPad Slim 550 / 550i - 14インチ/15.6インチの超ハイコスパノート。スペックも素晴らしいです

Lenovo IdeaPad Slim 550 / 550i
Lenovoの14インチ/15.6インチノート「IdeaPad Slim 550 / 550i」をご紹介します。すみません、実はこの製品、少し前に直販がスタートしていたのですが、ご紹介が漏れておりました。しかもこの製品、ウインタブが積極的にご案内すべき超ハイコスパな製品なんですよね…。大変失礼いたしました。

スポンサーリンク

1.スペック

  IdeaPad Slim 550i (14) / 550i(15) / 550(14)
OS Windows 10 Home
CPU Intel Core i3-1005G1/Core i5-1035G1/Core i7-1065G7
AMD Ryzen 3 4300U/Ryzen 5 4500U/Ryzen 7 4700U
外部GPU なし
RAM 4GB/8GB/16GB
ストレージ 128GB/256GB/512GB SSD
光学ドライブ なし
ディスプレイ 14インチIPS(1,920 × 1,080)
15.6インチIPS(1,920 × 1,080)
ネットワーク 802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 5.1
入出力 USB 3.1 Type-C、USB 3.0 × 2、HDMI
SDカードリーダー、オーディオジャック
カメラ Webカメラ(720p)プライバシーシャッター付き
バッテリー 稼働時間 約8.6-12.0時間
サイズ 14インチ:321.6 x 211.6 x 17.9 mm
15.6インチ:356.7 x 233.1 x 17.9 mm
重量 14インチ:1.45 kg / 15.6インチ:1.66 kg

IdeaPad Slim 550/550iには大きく分けて4つのモデルが存在します。14インチのIntel版「550i(14)」、14インチのAMD版「550(14)」、15.6インチのIntel版「550i(15)」、そして15.6インチのAMD版「550(15)」です。ただし、15.6インチのAMD版のみレノボ直販サイトは販売されていません。この記事では直販モデルについてご説明します。

CPUは「550i」が14インチ、15.6インチとも第10世代(Ice Lake)のCore i3/Core i5/Core i7、「550」が第3世代のRyzen 3/Ryzen 5/Ryzen 7です。CeleronやAthlonの設定はありません。RAMとストレージ容量は下記のとおりです。

●Core i3・Ryzen 3: 4GB/128GB
●Core i5・Ryzen 5: 8GB/256GB or 512GB
●Core i7・Ryzen 7: 16GB/512GB

RAMはどのCPUを選ぶかによって固定されます。ストレージも基本CPUによって決まりますが、Core i5/Ryzen 5を選ぶ場合のみ容量に選択肢があります。Core i3/Ryzen 3のRAMが4GBのみ、という点がちょっと気になりますが、「まあ常識的」と言える組み合わせですよね。

ディスプレイは14インチもしくは15.6インチのIPS液晶、FHD(1,920 × 1,080)解像度です。タッチ対応はしません。先に紹介記事を掲載した「IdeaPad Slim 350/350i」も非常に高いコストパフォーマンスの製品ですが、ディスプレイがTN液晶である、という点が少し不満でした。550/550iではこの点も改善されていますので、個人的には俄然魅力を増したと感じます。

入出力ポートは全モデル共通で、合計3つのUSBポートにHDMI、フル規格のSDカードリーダーを装備します。また、バッテリー稼働時間は14インチのCore i3版のみ8.6時間と「やたら短く」それ以外のモデルは11.4-12時間となっています。このあたり、よくわからないですね。

サイズは14インチ版に関しては重量1.45 kgというのが少し重すぎかな、とは感じられるものので、モバイルノートと捉えてもいいくらいになっています。15.6インチ版もコンパクトにまとまっており、重量も1.66kgと、スタンダードノートとしては軽量と言えます。

スポンサーリンク

2.筐体

Lenovo IdeaPad Slim 550 / 550i
この画像は15.6インチ版のものですが、14インチ版とほとんど見分けがつきません。もちろん筐体サイズが違いますし、キーボードの配列も異なるのですが、逆に言えば「キーボードが見えないアングルで、写真だけ見ても全然わからない」くらいによく似ています。14インチ版も15.6インチ版もサイズがしっかり絞り込まれていますので、ベゼルも細く、スタイリッシュに見えます。

Lenovo IdeaPad Slim 550 / 550i
天板です。IdeaPadシリーズは筐体デザインが統一されていて、この製品もシンプルな天板デザインになっています。筐体素材は不明ですが、この製品の前身機と思われる「IdeaPad S540」がアルミ筐体だったので、この製品もアルミ製の可能性が高いと思います。

Lenovo IdeaPad Slim 550 / 550i
Lenovo IdeaPad Slim 550 / 550i
上が15.6インチ、下が14インチです。15.6インチのほうにはテンキーが装備され、14インチのほうはテンキーがないかわりにキーボード面の両端にスピーカーが取り付けられています。日本仕様はいずれもJIS配列、バックライト付きとなります。

Lenovo IdeaPad Slim 550 / 550i

クリックで拡大します

Lenovo IdeaPad Slim 550 / 550i

クリックで拡大します

入出力ポートの配置です。上が15.6インチ、下が14インチですが、ほぼ同じ配置になっているのがわかります。なお「Novoボタン」というのはLenovoのリカバリーシステム(あるいはBIOS)にアクセスするためのものです。詳しくはこちらをご覧ください。

3.価格など

Lenovo IdeaPad Slim 550 / 550iはレノボ直販サイトで販売中で、9月13日現在の価格は下記のとおりです。

550(14, AMD):税込み45,496円から
550i(14, Intel):税込み55,165円から
550i(15, Intel):税込み53,460円から

いずれもシステム構成の割に非常に安価と言えますが、やはりRyzenモデルの割安感が特に大きく、「Ryzen 5/RAM8GB/256GB SSD」という構成で税込み52,668円と、この製品をモバイルノートと捉える場合「超激安」だと思います。Ryzen搭載のノートPCは性能の割に価格が低くなっていますが、それでも「モバイルノート」の場合はスタンダードノートよりも若干価格設定が高いことが多いです。特にメーカーとか製品ブランドにこだわりがなく、できるだけ低予算で性能の良いモバイルノートを、という人におすすめですね。

4.関連リンク(Lenovo)

IdeaPad Slim 550i (15, Intel)
IdeaPad Slim 550i(14, Intel)
IdeaPad Slim 550 (14, AMD)

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    ~程度とか、~以上とか、LENOVOのだらしない出荷予定日の表記はどうにかならないんですかね。商品が届かなくても法的に問題にならないようにあの表記なんでしょうけど(もちろん苦情は入れました)。商品に対するコスパが良くても流石に手がでないです