FlexiSpot E1シリーズ - 電動式昇降デスク(スタンディングデスク)のニューモデル、日本向けサイズになって価格もお手頃に!10月25日よりMakuakeで!

公開日: : 最終更新日:2018/10/27 アクセサリ ,

FlexiSpot 電動式昇降デスクとデスクバイク
LOCTEK社が手がける「FlexiSpot」ブランドの周辺機器(オフィス家具も含みます)について、ウインタブでは先日「電動式昇降デスク(電動スタンディングデスク)」を実機レビューするなど、過去に何度か紹介記事を掲載しています。また、「デスクバイク」という、ある意味珍品と言える製品もありましたよね?購入するかどうかは別としても、話題性抜群のアイデア製品でした。

スポンサーリンク

さて、LOCTEK社は10月25日から、クラウドファンディングサイト「Makuake」で電動式昇降デスクとバイクチェア(後述します)のニューモデルの出品を開始します。ウインタブがレビューした電動式昇降デスクは、極めて高品質ながら「ちょっとお高い」ものでした。しかし、ニューモデルは価格が低めに抑えられている上、クラウドファンディング価格なので、天板込みで税込み29,800円からと、かなり買いやすいお値段になっています。

FlexiSpot 電動式昇降デスクとデスクバイク
まずは電動式昇降デスクのほうから。ウインタブがレビューした製品は「E3」という型番だったのですが、ニューモデルは「E1B」と「E1EB」という型番です。ニューモデルのE1シリーズ、「脚部の構造が簡素化され、サイズも小ぶりに」なりました。

FlexiSpot 電動式昇降デスクとデスクバイク
こちらがE1シリーズ。対応する天板の幅は100~160センチ、奥行きは50~80センチです。また、デスク面の高さは71センチ~121センチとなっています。

FlexiSpot 電動式昇降デスクとデスクバイク
こちらがウインタブでレビューしたE3です。こちら、対応する天板の幅は120~180センチ、奥行きは60~80センチになっています。またデスク面の高さは60~123センチです。つまり、E1シリーズよりも一回り大きいです。

日本の家屋やオフィスの環境から考えて、E3よりもむしろE1シリーズのサイズ感のほうがフィットすると思います。横幅180センチのデスクを毎日使えるとうれしいですが、私の家には大きすぎますから。

FlexiSpot 電動式昇降デスクとデスクバイク
E1EBとE1Bの相違点は「コントローラー」です。E1EBは「上下昇降のみ」、E1Bは「上下昇降機能のみならず、メモリ、アラーム機能付き」です。ウインタブがレビューしたE3はE1Bと同じタイプでした。

で、どう考えても日本向けと言えそうなE1EBとE1Bですが、Makuakeでの価格は下記のとおりです。

スポンサーリンク

E1EB(天板なし、台数限定早割):19,800円
E1EB(天板なし):22,800円
E1B(天板なし):26,800円
E1EB(120 cmの天板つき):29,800円
E1B(120 cmの天板つき)33,800円
※税込み価格
※日曜大工が苦手な人は天板つきをおすすめします

ウインタブが実機レビューした際、天板込みで5万円を越える価格でしたが、E1シリーズのほうは天板込みでも3万円前後で購入できますし、サイズ感のほうも「日本的には改善」と言えると思いますので、購入を検討する気になれるかもしれないですね。

FlexiSpot 電動式昇降デスクとデスクバイク
続いてはデスクバイク。この製品に関してはウインタブで実機レビューはしておらず、使用感は「想像するしかない」です。いや、すみません「デスクバイク」ではなく「バイクチェア」です。テーブルがついていません。

FlexiSpot 電動式昇降デスクとデスクバイク
これが製品画像です。

FLEXISPOT DESKCISE PRO
こちらは既存モデルの「デスクバイク」のほう。デスクバイクはテーブルがついていて、単体で使えるのに対し、バイクチェアのほうはテーブルがなく、電動式昇降デスクとセットで使うことが想定されています。普通にオフィス用のチェアがわりに使うのも不可能ではないと思いますが、座面が一般的なチェアよりもかなり高くなってしまいますので、現実的には電動式昇降デスク専用と考えたほうがいいでしょう。

Makuakeでの予定価格は「数量限定(30個)で税込み29,500円」となります。

参考までにE1EB、E1B、バイクチェア(V9U)のサイズ表を掲載しておきます。
FlexiSpot 電動式昇降デスクとデスクバイク

バイクチェアのほうはコメントを控えますが、電動式昇降デスクは、実機レビューを担当し、その後も継続して使っている者として、おすすめできます。私は毎日このデスクで作業をしていて、ちょくちょく昇降させています。残念ながら「健康診断の数値が改善した」といった、根拠のある健康増進効果はありませんが、足腰が少し強くなった気がしますし、ストレスも軽減されたと感じています。私の場合、本当に運動不足なので、このデスクが「精神的な免罪符」になっていると思います。

従来モデルの難点は「サイズ(少し大きすぎる)」と「価格(デスクとしては高い)」だったと思うのですが、ニューモデルになり、双方が改善されたと思います。10月25日はMakuakeを覗いてみてください。

10月27日追記:メーカーより連絡があり、Makuakeでの出品開始が10月31日に延期されたとのことです。どうぞご了承ください

 

関連リンク

FLEXISPOT 電動昇降デスク(スタンディングデスク)レビュー - なめらかで安定した動きでデスク面が昇降、本格的なスタンディングデスクを試す!(実機レビュー第1回)
FLEXIMOUNTS:メーカーサイト
Makuake トップページ

スポンサーリンク

Comment

  1. 匿名 より:

    興味アリ

    • wintab より:

      こんにちは、記事中にも書いたんですけど、健康診断の数値が良くなるとか、そういう根拠あるものは示せないです。でも、いろんな意味でおすすめしたい製品ではあります。

  2. かぜ より:

    バイクチェアって、これひょっとするとハンドルを省いたエアロバイクなんじゃ…

    • wintab より:

      かぜさん、こんにちは。まさにそれだと思います。しかし、どうなんでしょうね、これ。正直ちょっと笑っちゃうところもあります。

  3. 匿名 より:

    バイクチェアならDeskCycleで良い気がする。椅子も自分で選べるし。

    • wintab より:

      こんにちは、確かにツッコミを入れ始めたらキリがないですね…。バイクチェアに関しては正直私も?マークがたくさんついてしまいます。

  4. 匿名 より:

    電動昇降デスクがお安く買えると楽しみにしてましたが、25日23時現在Makuakeにはアップされてませんね。残念です。

    • wintab より:

      こんにちは、記事のほう修正しておきました。メーカーさんより連絡があり、出品開始が31日に延期されたとのことです。お騒がせしてすみません。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
Banggood セール
  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑