Teclast F15 - 15.6インチでスリムなスタンダードノート。スペックもよく、デザインも素晴らしい!

Teclast F15
中国メーカー「Teclast」の15.6インチノートPCを紹介します。ウインタブが主に扱っている低価格帯の中華製品として15.6インチサイズというのは数が少なく、比較的新しめのもので思い浮かぶのは「Yepo 737A6」くらいですね。中華の低価格ノートは13.3インチとか14インチのものが多いです。

スポンサーリンク

今回紹介する「Teclast F15」はつい先日紹介記事を掲載した「Teclast F7 Plus」に近いスペックで、Celeron搭載のエントリー機ながら、システム構成にせよデザインにせよ非常に魅力的なものになっています。

1.スペック

Teclast F15
最初にOSから。この製品ではあえて「English Version」という注意書きがあります。「Chinese Version」だと厄介(日本語版のクリーンインストールが必要な場合が多いです)なのですが、English Versionというのはよくわかりませんし、通販サイトの解説だと「他の言語を適用する場合はWi-Fiで言語パックをダウンロードしなさい」という、海外もののPCなら当たり前のことが書かれています。推測ですが、この製品の場合、他の輸入PCと同じく、日本語の言語パックを導入するだけで大丈夫だと思います。

CPUはGemini LakeのCeleron N4100で、ノートPC用のCeleronとしては高性能なものになっています。オンラインゲームなどのPC負荷の大きいことをしないのであれば普段使いとして十分な実力があると思います。

RAMは8GB、ストレージは256GB SSDと、十分すぎるくらいの容量です。特に用途を定めない個人利用PCとしてはCPU性能よりもむしろストレージがSSDであることを重視すべきだと個人的には思っています。CPU、RAM、ストレージの組み合わせから考えて、この製品の挙動はかなりサクサクしたものになるでしょう。

Teclast F15
画像が小さくて恐縮です。この製品にもF7 Plus同様、底面にM.2 スロットがあります。ただ、ちょっとわからないのが「標準装備のM.2 SSDがここに入っているのか、それともこのスロットは空いていて拡張用として使えるのか」という点です。後者だとありがたいですが、一応保守的に前者と考えたほうが安全かもしれません。

ディスプレイは15.6インチのIPS液晶、FHD解像度です。日本で人気のある中華ブランド「Jumper」の製品はたまにTN液晶のものがありますが、この製品に関してはIPS液晶ということですし、Teclast製品のディスプレイは品質の良いものが多いと思っていますので、この製品に関しても期待できそうです。

入出力ポートに関して、14インチのF7 Plusでは「欲を言えばType-Cがもう一つ欲しかった」と書きましたが、この製品にはType-Cもついていて、合計で3つのUSBポートを備えます。またHDMIもフル規格ですね。SDスロットがmicro規格なのはちょっと残念ですし、15.6インチサイズならもう少しいろんなものがあってよかったかな、という気はしますが。スリムタイプなのでこんなもんでしょう。

スポンサーリンク

サイズはなかなか優秀だと思います。横幅が360 mmというのは国内向けの高級スタンダードノートと同レベルにコンパクトですし、厚さ15 mm、重量1.8 kgというのも立派です。このサイズ感だと、ウインタブ的には「毎日持ち歩くのはしんどいが、たまに外に持ち出すくらいならOK」だと思います。

2.筐体

Teclast F15
左右のベゼル幅は7 mmです。13.3インチのモバイルノートだと4 mm台というのもありますが、スタンダードノートとしてはナローベゼルである、と言っていいでしょう。

Teclast F15
天板です。先に紹介したF7 Plusは中央部にTeclastのロゴがあり、しかも発光タイプでしたが、このF15はそういうギミックはなく、比較的シンプルなものになっています。筐体素材は金属で、筐体色はたぶんF7 Plusと同じく「スペースグレー」だと思います。

Teclast F15
側面、背面と入出力ポートの配置です。この製品のデザイン上の特徴はここに集約されていると言っていいでしょう。なんと、主要なポートは背面に集中しています。ゲーミングノートならともかく、スタンダードノートでこの配置は珍しいですね。また、筐体がかなりの薄型であることもわかります。

Teclast F15
キーボードです。ご覧のようにバックライトがついてます。また、15.6インチサイズということでテンキーも装備しています。左右の余白(余地)もわずかに6 mmということで、パッと見た感じモバイルノートのようにも見えます。英語配列ながら割と素直な配列に…と書いてて気づきましたが、Deleteキーが右端にありますね…。

3.価格など

Teclast F15は中国の通販サイト「Banggood」と「Gearbest」に製品ページがあり、2月18日現在だとBanggoodの価格が安く、424.99ドル(47,772円)です。「Celeronの中華PCにしては高い」って思います?

そうかもしれません。しかし、この製品の場合Celeronと言ってもN4100と比較的高性能なものが搭載されていますし、RAMとストレージ容量大きく、高速です。また、筐体品質もかなり良さそうなので、絶対的な支払い金額は若干大きいですが、決して割高ではないと思います。

4.関連リンク

Teclast F15:Banggood
Teclast F15:Gearbest

Comment

  1. オーソドックスですね。強いて言えばCPUがネックになるのかな。

    • wintab より:

      PYUさん、こんにちは。一般的にはCPUが低スペックなので…ということになると思いますが、N4100は割とパワフルだと思うんでよね。

  2. こぷりん より:

    本機種、USB-Cはなく、バッテリーは、5,500です。
    実機を購入してしまいました。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
HP ウインタブ限定クーポン

  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑