SOSOON X100 - さすがにおすすめしません!ネタとして知っておきたい超激安ノートPC

SOSOON X100
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。今回紹介する「SOSOON X100」は中国の超激安ノートPCです。メーカーの詳細情報もわかりませんし、スペック表を見る限りかなりヤバイ雰囲気が漂っているので、激安大好きウインタブといえども、さすがに購入をおすすめすることはできません。しかし、本当に安いので、「こういうのも買えるんだな」くらいの気持ちで読んでいただければ、と思います。

スポンサーリンク

1.スペック

OS:  Windows 10
CPU: Intel Atom Z3735F
RAM: 1GB
ストレージ: 16GB
ディスプレイ: 10.1インチ(1,024 x 600)
ネットワーク:  802.11 b/g/n、Bluetooth 4.0
カメラ: インのみ0.3MP
入出力: USB 2.0 × 2、miniHDMI、microSD、LAN(RJ45)オーディオ、電源
バッテリー: 4000mAh
サイズ: 288 x 187 x 28 mm / 重量 938 g

補足します。CPUのAtom Z3735Fは「ほおっ」という感じではありますが、RAMは1GB、ストレージは16GBしかないし、10.1インチながらディスプレイ解像度は1,024 × 600と低く、これだけ見ると7インチのWindows タブレット(NTT-Xストアで7,980円で売ってるやつですね)みたいな感じです。また、カメラはインカメラのみで0.3MPですから、Skype用ですね。

でも、ノートPCらしく入出力ポートは充実していて、USBも2つありますし、HDMIもついてます。そしてLANポートも装備してるので会社でも使えそうですね…。

2.筐体

SOSOON X100
ええと、すいません、この製品は画像があまりたくさん公開されていないのでトップ画像を再掲しています。ベゼルがやたらと太いですが、一応ちゃんとしたノートPCに見えますね。ベゼルが太いということは筐体サイズが大きいということを意味するので、キーボードには恩恵がある(つまりキーボード面積を大きく取れる)と好意的に理解しましょう。

スポンサーリンク

SOSOON X100 別アングル
こうして見るとそんなに悪くなさそうに見えます。

SOSOON X100
ポート類は両側面に配置されています。質感はさすがに少しばかり安っぽく見えますが、価格を思えば仕方ないと納得できるでしょう。

3.価格など

SOSOON X100は中国の通販サイト「GEARBEST」で販売中で、価格は108.69(13,233円)です。うーん、ノートPCが1万3千円ですよ。日本で買える8インチタブレットよりも安いです。

これまで多くの中国タブレットを試用してきましたし、読者の方にもレビューをお願いしてきましたが、ChuwiとかONDAとかTeclastといった比較的名の通ったメーカーの製品でさえも若干不具合が多めですし、実際読者レビュアーの方が不具合で苦労された、という話も聞いているので、やはり品質にはやや不安がある、と言わざるを得ません。

その上でこの製品を「安いよ安いよ!買ったほうがいいよ!」と書けるかといえば無理です。もちろん「当たり」を引いて素晴らしい買い物になる可能性もありますけど、「ハズレ」をひいてめちゃめちゃ苦労する、という可能性も高いですね。

この記事は「こんな製品もあるよ」ということで書いています。なので読者のみなさんも購入対象というよりはネタ記事的に理解していただけると幸いです。もちろん製品はネタでなくちゃんと存在し、販売もされてますよ!

4.関連リンク

SOSOON X100 10.1 inch Notebook

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    スペック表すぐ下の本文にて『ディスプレイ解像度は”””1,204″””” × 600』と、表の表記と比べて2と0が入れ変わってしまっていますよー。

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。ご指摘により記事を修正させていただきました。大変助かります。今後ともよろしくお願いいたします。

  2. ワケシ より:

    これでWindowsはキツイでしょうね…
    Remix OSとかAndroidとかLinux系の軽量OSを入れればちょっとはマシなのかな…

    • wintab より:

      ワケシさん、こんにちは、コメントありがとうございます。スペックと、あとメーカーが全然未知の会社なので、そっち方面も怖そうですよね。

  3. aila より:

    これって要するに、KEIANのKVIとかGeeneeの激安7インチタブの中身を非タッチ10.1インチ液晶とキーボードのついたノートPC筐体に入れただけ、って事ですよねぇw
    いかにも中国らしい商品ではありますね。
    大昔のスーパーファミコンやプレステのコピー筐体にファミコン基盤搭載したクローン機と同じ様なイメージを感じますw
    ストレージが16GBというのがWin10には心許な過ぎますが、ゲームをしないネット巡回とテキスト入力程度の作業のみ、という電子メモ的なネットブックと割り切れば、価格的に需要はあるのかもですね。
    テキスト入力するにも10インチで1024*600という低解像度は文字が確実に汚く見えるので安いなりの難点も多そうですが。

    • wintab より:

      ailaさん、こんにちは、コメントありがとうございます。まさにおっしゃるとおり中身は7インチですね。またメーカーも大丈夫なのか心配。OSとか…いややめておきましょう。怖いもの見たさで買ってみようとする人もいそうな気しますけどね。私もその一人なんですけどね。

  4. あるえふ より:

    画面が1024×600・・・XGAすら充たしてない(汗)
    と言うか、RAMとストレージがもうちょっと欲しいというこの感触はまるっきり懐かしの EeePC 900-X ですね。
    (アッチはRAM増やせる利点が、コッチはCPUが不足感無し、といった違いはありますが。)

    ただ、キーボード付きで1kg未満だから完全に「ポメラ用途として」なら タブレット+モバイルキーボード よりは手軽かも。

    • wintab より:

      あるえふさん、こんにちは、コメントありがとうございます。あとはですねえ、「何日持つか」というのもありますね、この製品の場合…

  5. 匿名 より:

    でもwinタブ的には解像度が低くて老人向けにお薦めでしょ