マウス G-Tune NEXTGEAR-NOTE i7920 - 17.3インチでナローベゼルのディスプレイを採用したゲーミングノート、キーボードはメカニカル!

マウス NEXTGEAR-NOTE i7920
マウスコンピューターがゲーミングPCのブランド「G-Tune」から、17.3インチのゲーミングノート「NEXTGEAR-NOTE i7920」を発売しました。この製品は17.3インチと大型サイズながらナローベゼルを採用し、メカニカルキーボードも搭載するなど、CPUやGPU以外の部分にもこだわりが感じられます。

スポンサーリンク

1.スペック

マウス NEXTGEAR-NOTE i7920
マウスコンピューターはBTOパソコンメーカーなので注文時に構成のカスタマイズが可能です。ただし、全部カスタマイズできるというわけではなく、主要パーツではRAMとストレージ容量を変更できる程度にとどまります。

CPUはCoffee Lakeの6コア、Core i7-8750Hで、GPUはNVIDIA GeForce GTX1060となります。CPUとGPUはカスタマイズ項目ではなく、全モデル同一構成です。RAMは最低で8GB、最大で32GBまで増設可能、ストレージはM.2 SSDとHDDの2基を搭載できますが、12月26日現在だとSSD + SSDという選択肢はなく、SSD + HDDの2基構成のみ可能です。

ディスプレイは17.3インチのFHD解像度で、IPSという表記はありませんでしたが、「広視野角」という説明がありましたので、おそらくIPS相当のものが搭載されていると思います。また、このディスプレイはリフレッシュレートが144 Hzと高速な上、「sRGB比95%」なので、相当な高品質と言えます。

入出力ポートはマウスらしく充実していて、USBポートは合計で4つ、映像出力ポートも3つ備えます。ゲーミングノートの場合は外部ディスプレイに接続してゲームプレイすることもあると思いますので、これだけポート類が充実しているのはありがたいですよね。

で、サイズです。最近は15.6インチのスタンダードノートやゲーミングノートで狭ベゼル(ナローベゼル)を採用し、筐体サイズをコンパクトに抑えたものが増えています。それらの製品はだいたい横幅360 mm程度で、一般的な15.6インチノート(横幅380 mm程度)と比較しても、かなり小さいと言えます。

一方で17.3インチというのは「どうやっても大きい」というのもあるんでしょう、筐体サイズをあまり気にしていないと思われる製品がほとんどで、横幅はだいたい410~420 mmくらいあります。しかし、このNEXTGEAR-NOTE i7920は横幅が395.7 mmと、(それでもでかいですけど)40センチの壁を突破しているという点で快挙だと思います。また、重量は2.5 kgと、軽いとは言いませんが17.3インチとしては悪くありません。

2.筐体

マウス NEXTGEAR-NOTE i7920
正面から見ると、この製品がかなりのナローベゼルになっていることがわかります。17.3インチの製品に「コンパクト」という表現が妥当なのかはわかりませんし、モバイル利用が容易であるとも言えませんが、この製品のディスプレイはかなりの高品質ですから、ナローベゼルと合わせ、ゲーミング時に高い没入感を得られるのではないかと思います。

スポンサーリンク

マウス NEXTGEAR-NOTE i7920
天板はシンプル。素材は不明ですが、見た感じは金属っぽいですね。また、メーカーでは側面や背面の画像を公開していませんが、この画像を見ると入出力ポートは側面と背面に分散配置されているようです。おそらく背面にあるのはHDMIやminiDisplayPortといった映像系端子と有線LANポートと思われます。

マウス NEXTGEAR-NOTE i7920
この製品はキーボードも凝っています。メカニカルキーボードです。キーピッチは18 mmでキーストロークは2 mmと深め、押下圧は60 gということなので、少しだけ重めの打鍵感になると思います。軸色は開示されていません(茶軸っぽい画像はありました)が、ゲーミングPC用ということなら青軸(青軸タイプ)の可能性が高いと思います。

また、「全キーロールオーバー(どのキーを同時押ししてもすべて認識するという意味です)」対応です。バックライトはRGBで、プリインストールされている設定アプリでバックライト色や発光パターンなどを調整できます。

マウス NEXTGEAR-NOTE i7920
側面です。特にスリムという感じではありませんが、たまに見かける分厚いゲーミングノートという感じはなく割とスッキリ見えます。

3.価格など

マウス G-Tune NEXTGEAR-NOTE i7920はマウスコンピューター公式サイトで販売中で、12月26日現在の価格は169,800円(税込み183,384円)から、となっています。最低価格でもRAM8GB、ストレージ256GB SSDとなりますので、十分使えそうなスペックですが、RAMを16GBに、ストレージを512GB SSD + 1TB HDDに増設したモデルでも189,800円(税込み204,984円)と、20万円そこそこで購入できます。

ナローベゼルを採用する17.3インチノートというのは珍しいと思います。また、ナローベゼルとあわせ、高品質なディスプレイとメカニカルキーボードを搭載しているため、この価格帯のゲーミングノートにはない没入感とか操作性を得られるのではないでしょうか。

4.関連リンク(マウスコンピューター)

NEXTGEAR-NOTE i7920 シリーズ(GTX 1060)
icon

スポンサーリンク

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
HP ウインタブ限定クーポン

  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑