ONE-NETBOOK One Mix 1S - リーズナブルなスペックと価格の7インチUMPC、テックワンが国内先行予約販売を開始!

ONE-NETBOOK One Mix 1S国内先行予約販売
UMPC「One Mixシリーズ」ですっかり知名度を上げた中国メーカー、ONE-NETBOOK社の正規代理店である株式会社テックワンが6月24日に最新モデル「One Mix 1S」の国内先行予約販売をスタートしました。テックワンは最近になって「One Mix 3」や「One Mix 3S」の国内先行予約販売もスタートさせていまして、ONE-NETBOOKの本拠地である中国とほとんどタイムラグがないスピードで国内販売を開始しています。ベンチャー企業らしいスピード感が素晴らしいですね!

スポンサーリンク

One Mixシリーズについては過去にウインタブで何度も紹介記事を掲載していますし、初代One MixとOne Mix 2Sは実機レビューもしていますので、製品の概要についてはこちらをご参照ください。
One Netbook One Mix レビュー - 7インチのUMPC…いや違う!7インチのコンバーチブル2 in 1だ!(実機レビュー)
One Netbook One Mix 2S レビュー - 使いやすくてしっかりした筐体に加え、期待を大きく上回るパワフルさを備えたUMPCにしてコンバーチブル2 in 1!(実機レビュー)
ONE-NETBOOK One Mix 1S - CPUにCeleron 3965Yを搭載、より購入しやすくなった7インチUMPCが登場しました!(かのあゆ)

ということで、この記事では要点のみお伝えしたいと思います。

ONE-NETBOOK One Mix 1S
One Mix 1Sは型番としては「初代One Mix」の後継モデルと思われます。初代からのスペック上の変更点はCPUのみで、Atom x5-Z8350からCeleron 3965Yになりました。Celeron 3965Yはウインタブでは実機レビュー経験がないので、確たることは言えませんが、Atomとの比較では段違いに性能アップしているものと思われます。

そして、「あくまでスペック表の上では」それ以外に変更点はありません。厳密に言うと重量が3 gほど軽くなっているのですが、これって「誤差の範囲」と言えそうなので、この記事では気にしないようにします。

スポンサーリンク

ONE-NETBOOK One Mix 1S国内先行予約販売
一方で、筐体構造は初代One MixよりはOne Mix 2Sに近いものがあります。というか、そもそも初代One MixとOne Mix 2Sの筐体はほとんど同じものでしたが、「2Sにあって初代にない」指紋センサーが1Sには装備されています。また逆に「初代にあって2Sにない」キーボードバックライトについては不明ですが、おそらくないものと思われます。この画像の左上にあるESCキーのところにバックライトのアイコンが表示されていますが、これは2Sにもあったもので、「アイコンがあるだけで実際にはバックライト非搭載」でした。

UMPCのCPUに関して、どのくらいが理想的なのかは人それぞれの判断なので一概には言えませんが、個人的には、UMPCはサイズに制約があって高速なタイピングが容易ではなく、またディスプレイのサイズもかなり小さくなってしまうので、やたらと高性能なCPUは不要なのでは?と思っています。その意味で、Celeron 3965YというCPUは「UMPCにはちょうどいい」と感じますね。

さて、肝心の国内先行予約販売ですが、下記の内容になっています。

先行予約販売の概要

発売記念価格: 46,111円(税込49,800円)送料無料
限定台数: 100台
※先行予約の特別価格のため、一人1台に限る
配送予定日: 2019年8月上旬

OneMix 1S:テックワン製品ページ
OneMix 1S 国内正規版(国内保証1年間):One-Netbook日本公式ストア

なお、先行予約販売はテックワンが運営する公式ストア限定の取り扱いとなります。また、One Mix 1Sは2,048段階の筆圧対応ペン入力が可能ですが、予約価格(税込み49,800円)にスタイラスペンは含まれません(別売りで税込み3,024円)。

つい先日、中国の通販サイト「geekbuying」でOne Mix 1Sのプレオーダーがスタートしていますが、geekbuyingの価格はペンなしが439.99ドル(49,083円)、ペンつきが449.99ドル(50,199円)なので、シビアに見ればほんのわずかに国内正規品のほうが高いですが、「ほぼ無視できるレベル」だと思いますし、テックワン扱いの国内正規品は1年間の国内保証もつきますので、もはや海外通販を使って購入する意味はない、と言えるでしょう。

国内正規品のOne Mix 1S、個人的にはUMPCとしてちょうどいい性能、そしてリーズナブルな価格が非常に魅力的であると思います。One Mix 3シリーズが8.4インチに大型化されたことをお嘆きの人は、サイズ据え置きで購入しやすいお値段のOne Mix 1Sはいかがでしょう?

関連リンク

OneMix 1S:テックワン製品ページ
OneMix 1S 国内正規版(国内保証1年間):One-Netbook日本公式ストア

スポンサーリンク