KEIAN KBM-89-W - これは意表をつく良品、8.9インチ・ミニマムスペックのWindows タブレット

KBM-89-W
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。最近は「DELL Venue 8 Pro 5000」と「Venue 10 Pro 5000」が大幅なスペックアップを果たしたことがタブレットユーザーの間で話題になっていますが、今回は完全にその対極に位置するであろう新製品「KEIAN KBM-89-W」を紹介します。これもまた、「全然アリ」な製品戦略だと思いました。

スポンサーリンク

1.製品概要

KBM-89-W スペック表

クリックで拡大します

すでにWindows タブレットを持っている、あるいはこれからWindows タブレットを購入しようとしている人には説明の必要がないでしょう。清々しいまでのミニマムスペックです。1GBのRAM、16GBのストレージ、BayTrail世代のRAM1GB専用のCPUであるAtom Z3735G、そして極めつけは8.9インチなのに1,024 × 600のディスプレイ解像度…。ひとことで言うと「7インチのWindows タブレットのスペックをそのままにしてディスプレイだけ大きくした」って感じでしょうか。

このスペック、非常にわかりやすいというか、メーカーのやりたいことがわかってしまうので、むしろ好感が持てます。皆さんも同じ考えなんじゃないでしょうか。逆になぜ今までこういう製品が出てこなかったのかが不思議ですらあります。多少なりともタブレットの知識がある人なら、この製品に期待することはひとつしかないでしょう。非常にはっきりしています。

とはいえ、この製品は十分な実用性があると思います。私は「Z3735G+RAM1GB」のWindows タブレットの試用経験がありますが、普段使い、特にストアアプリを中心に使う場合は何の問題もないと考えています。またストレージ16GBというのは確かに厳しいものの、Windows 10はバージョン1511(Threshold 2)からストアアプリを外部ストレージ(microSD)にインストールできるようになったので、ストレージ16GBのタブレットの実用性は大きく向上しています。

スポンサーリンク

もともとこのスペックなら使う人も過度の期待をしないはずでしょうから、おそらく「こんなはずじゃなかった」という不満はあまり出ないと思われます。唯一気がかりなのは1,024 × 600という解像度で、7インチタブレットに関していただいたコメントに「一部アプリに起動しないものがある」というものがありました。しかし、「低解像度なら画面が粗い」というのも事実なら「高解像度だと目が疲れる」というのも事実。特に高齢者の方などは低解像度のほうが使いやすくなる可能性もあります。

KBM-89-W
筐体に関しては公開されている画像が1枚しかないため、なんとも言えないのですが、その1枚だけの画像を見てみるとスピーカーはステレオっぽいし、筐体の質感も決して安っぽくはなさそうです。サイズは239.4 × 138.9 × 10.2 mm / 442 gとなっていますが、

mouse WN892: 231 × 137 × 9 mm / 383 g
ドスパラ Diginnos DG-D09IW: 234 × 156 × 9.4 mm / 480 g

と比較してみると、最新のWN892よりは大きく、重くなっていますが、DG-D09IWよりはかなり軽量です。製品コンセプトを考えると小型化、軽量化のために大きなコストを掛けるべきではなかったんでしょうから、これで十分合格だと思います。

2.価格など

KEIAN KBM-89-Wは2016年1月23日現在、メーカーからプレスリリースのようなものは出ておらず、公式サイトに製品ページが存在し、一部の通販サイトで販売が始まっています。価格は「あきばお~」で税込み14,800円となっています。KEIAN製品はNTT-Xストアでも販売されているのですが、1月23日現在NTT-Xストアでは取り扱いが始まっていません。

誰の目にも明らかな通り、KBM-89-Wは「価格勝負」な製品だといえます。それだけにNTT-Xストアがいくらの値札をつけるのか非常に楽しみではあります。ただねえ、14,800円でも底値に近いような気もしますね。8.9インチですし。

3.関連リンク

KBM-89-W:KEIAN 公式サイト
恵安(KEIAN) KBM-89-W:あきばお~

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    WinTab7でよくないかな安いしKEIANだし
    7インチの在庫がなくなって8.9にしたのかな?

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。これ、まさに「7インチを大きくしたタブレット」ですよね。最近読者の方からいただいたコメントで「解像度が低いほうが高齢者には助かる」というのがありまして、そうするとこの製品はお年寄りにはいいんじゃないか、と思います。私はこの割り切りは好きですね。

      • 匿名 より:

        「解像度が低いほうが高齢者には助かる」か
        10インチ以上で高解像度に変更可能なら助かるかもねWindowsはそんなに操作しやすくないから
        というか高齢者がWindowsで何するんだ?androidやiosで良くない?
        という数日間を体験したのでWindowsで仕事をする高齢者の父親には安物はプレゼントできないと思った
        高齢者でも普通にスマートフォンバリバリ使ってるの見ると解像度がどうのこうのってあんまり大したことじゃないと思う

  2. はんだ より:

    おいらはNTTXの7000円の7インチを我が家の部屋の数だけ(3個)買っちゃったからなあ…(ちなみに44歳で結構老眼すすんでるけどまだ見えますw)

    • wintab より:

      はんださん、こんにちは、コメントありがとうございます。じゃ、4台目いっときましょうか?というのは冗談ですが、完ぺきに7インチ路線ですね、これ。