Magic-Ben MAG1 - 8.9インチのUMPC、geekbuyingでプレオーダー開始!割引クーポンもあります

MAG1
先日来、何度か紹介記事を掲載している中国のUMPC「Magic Ben MAG1」がgeekbuyingでプレオーダー開始です。また、メーカーより割引クーポンも紹介していただきましたので、そちらも合わせてご案内します。なお、MAG1の製品概要についてはこちらの紹介記事をご参照ください。
Magic-Ben MAG1 - 8.9インチ、Core m3搭載のUMPC、geekbuyingで近日中に発売されるようです。実売価格に期待したい!

スポンサーリンク

MAG1
MAG1は8.9インチサイズのクラムシェルノート(ウインタブでは便宜的にUMPCと表記しています)で、GPD P2 Maxと非常によく似た製品特性になっています。また、日本でも人気のあるONE-NETBOOK One Mix 3シリーズにも似ていますが、ディスプレイサイズが異なり(One Mix 3シリーズは8.4インチ)、筐体構造にも違いがあります(One Mix 3シリーズはコンバーチブル2 in 1)。

CPUはこれらのライバル機と同様、Core m3-8100Yが搭載され、RAMとストレージは8GB/256GB SSD、16GB/512GB SSDという組み合わせから選択可能です。このうち、16GB/512GBモデルのほうはGPD P2 MaxにCPUも含め全く同じ構成のものが存在していますので、価格比較はしやすいと思います。一方で8GB/256GBモデルのほうはP2 Maxには設定がなく、One Mix 3に同じ設定のものがありますが、筐体構造も異なりますし、単純に価格比較はしにくいですね。

MAG1についてはこれまでにもウインタブで紹介してきていますので、「ぶっちゃけ価格はどうなの?お買い得なの?」という点に絞って話を進めます。

MAG1:
 8GB/256GB: 609.99ドル(67,224円)
 16GB/512GB: 773.99ドル(85,298円)
 ※いずれもクーポンコード「magicben20」を使用

GPD P2 Max:
 16GB/512GB: 83,800円(税込み92,180円)
 ※オリジナルケースやWPS Officeが付属

ONE-NETBOOK One Mix 3:
 8GB/256GB: 89,800円(税込み98,780円)
 16GB/512GB: 110,800円(税込み121,880円)

CHUWI MiniBook:
 16GB/512GB: 78,130円(税込み価格です)

スポンサーリンク

これらの製品はいずれもCPUにCore m3-8100Yを搭載するUMPCです(これ以外のCPUを搭載するモデルもありますが、記載を省略しています)。このうち、GPD P2 MaxとOne Mix 3シリーズは国内正規代理店扱いになっていますので、サポート(製品保証など)で他の製品とは異なる安心感があります。また、上に書いたようにOne Mix 3シリーズはディスプレイサイズも筐体構造も異なりますし、CHUWI MiniBookもディスプレイサイズが異なる(8インチ)ほか、いまだクラウドファンディング(Makuake)に出品中というステイタスです。

現状、わかりやすく価格比較をするのであればやはりGPD P2 Maxで、16GB/512GBという構成が最もピンときます。そうすると、GPD P2 Maxのほうが安いということになります。また、GPD社はUMPCを手掛けるのは初めてではなく、むしろこのジャンルでは「ベテラン」ですし、国内正規代理店扱いになりますし、さらに上記価格には専用ケースやOffice互換ソフトも付属しますので、正直なところMAG1とは勝負にならない、と言えます。

一方で面白いのが8GB/256GBモデルのほうで、GPD P2 Maxには設定がなく、One Mix 3よりもずっと低価格になっています。そして、「サイズに制約のあるUMPCでそんなに大きなRAMとかストレージが必要か?」と考えると、MAG1の8GB/256GB版の存在は「がぜん光る」と感じます。

ただし、CHUWI MiniBookにはCeleron N4100をCPUに採用する下位モデルがあり、こちらは8GB/256GB SSDという構成で税込み57,085円(レザーカバー付属)と、さらに低価格での購入が可能です。また、CHUWIは国内正規代理店こそありませんが、ウインタブでは数年前から実機レビューや製品紹介などをしてきていますし、少なくともMagic Benよりは知名度は高く、それだけに信頼性も高いと言えます。

MAG1
実績のない会社のPCは買うな、とは言いません。しかし、MAG1に関してはGPD P2 Maxと比較した際の性能面やデザイン面でのアドバンテージがほとんどなく、しかも16GB/512GB版についてはP2 Maxの国内価格よりも高価である、という点を踏まえると、読者におすすめする理由が見つかりません。しかし、8GB/256GB版については競合する製品が見当たらず、クーポン価格も低いと感じますので、こちらは検討する価値が十分にあると思います。

ここ1年くらいの間、日本でも盛り上がりを見せているUMPCですが、「好きな人はすでに買ってしまっている」感もなきにしもあらずです。後発となるMAG1にもぜひ頑張っていただきたい、とは思いますね!

関連リンク(geekbuying)

Magic-Ben MAG1:geekbuying
※クーポンコード「magicben20」を使用すると20ドルOFFになります(8GB/256GB、16GB/512GB版とも)

スポンサーリンク