Jumper EZpad 6 Plus - こんどのEZPadは11.6インチのSurfaceタイプ!

公開日: : 輸入製品 ,

Jumper EZpad 6 Plus
数ある深センメーカーの中で、日本でも人気があると思われるのがJumper。EZBookシリーズは低価格モバイルノートとして日本でもよく売れていると思います。今回紹介するのはJumperの「EZPad 6 Plus」です。「EZBook」はクラムシェルノートに使われる製品ブランド、「EZPad」はタブレット(キーボード分離型2 in 1)に使われる製品ブランドで、この製品は「EZPad」なので、タブレットです。

スポンサーリンク

ただ、「EZPad 6」という名称の製品はウインタブで過去に2回実機レビューをしたことがあります。

Jumper EZpad 6 ー 11.6インチで筺体品質よし、性能は期待通り、価格は割安と納得の中華タブ(実機レビュー)
Jumper EZpad 6 Pro - 11.6インチ、Apollo LakeのCPUにRAM6GBを搭載する大型タブレット、楽しく試用しました(実機レビュー)

EZPad 6は、もともとはCPUにAtomを搭載する11.6インチの2 in 1で、ヒンジの付いた本格的なキーボードが別売りで用意されていました。それが「Pro」になってCPUをCeleron N3450に、RAMを6GBに増量し、一段とパワーアップしたのですが、筐体構造はやはりタブレット本体+別売りのヒンジつきキーボード、というものでした。

しかし、「Plus」となり、筐体構造が大きく変わっています。

1.スペック

Jumper EZpad 6 Plus スペック表
スペック表の内容はEZPad 6 Proとほぼ同一です。最近の中華のモバイルノートとしては標準的といいますか、価格の割に充実したものです。CPUはApollo Lake世代のCeleron N3450、RAMは6GB、ストレージは64GBと、欲を言えばストレージにもう少し余裕が欲しいところですが、処理性能の方は2万円台、3万円台の国内向けノートPCを上回ります。

またディスプレイは11.6インチでIPS液晶のFHD解像度となっており、タブレットとしては大きめ、ノートPCとしてはやや小ぶりなサイズです。ちなみにヒット作であるEZBookシリーズは13.3インチとか14インチのディスプレイサイズになっています。

この製品はSurfaceタイプ、つまり本体にキックスタンドを備えていることもあり、重量は950 gと、タブレットとしてはかなりの重さになります。ディスプレイサイズも大きめなので仕方ないと言えば仕方ないですけどね。

2.筐体

Jumper EZpad 6 Plus
この製品は本体部分はあくまでタブレットのみで、本体価格にキーボードは含まれません。前面を見るとWindowsボタン(ロゴマークの部分)を備えており、ベゼル幅がやや太い、トラディショナルなWindowsタブレットになっています。

スポンサーリンク

Jumper EZpad 6 Plus キーボード
こちらが専用のキーボードで、1月7化現在の価格は49.99ドル(5,799円)です。Surfaceのように多彩なカラーバリエーションはなく、ブラックのみの設定です。

Jumper EZpad 6 Plus
キーボードを接続するとこんな感じ。キックスタンドは角度調整が可能ですし、キーボードの角度も2段階に調整できます。なので、構造としてはもろSurfaceですね。

Jumper EZpad 6 Plus

クリックで拡大します

筐体の展開画像です。筐体素材は不明ですが、構造上、少なくともキックスタンドは金属製になっているはずですし、そう考えると筐体全体が金属製と考えていいのではないか、と思います。

3.価格など

Jumper EZpad 6 Plusは中国の通販サイト「geekbuying」で販売中で、1月7日現在の価格は259.99ドル(30,162円)となっています。別売りのキーボードが49.99ドル(5,799円)ですから、セットで購入すると309.98ドル(35,961円)となります。

この製品はGearbestにも製品ページがありますが、価格はgeekbuyingのほうが安い上、Gearbestではキーボードの取扱がありません。Jumperに関してはgeekbuyingのほうが品揃え、価格とも上ですね。

そもそもクラムシェルノートがほしいのか、2 in 1でもヒンジつきのキーボードをセットしたいのか、あるいはSurfaceタイプがいいのか、というのは人によります。ただ、Jumperはスペックの似通ったApollo Lake機でクラムシェルノート(EZBookシリーズ)、ヒンジつきキーボードをセットできる2 in 1(EZPad 6 Pro)、Surfaceタイプ(EZPad 6 Plus)の3タイプの筐体をラインアップすることになりました。今年もJumper製品には期待ができそうです。

4.関連リンク

Jumper EZpad 6 Plus:geekbuying
Magnetic Docking Keyboard For Jumper EZpad 6 Plus:geekbuying

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
geekbuying セール
  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑