GPD Pocket 2 Amber Black - Celeron 3965Yを搭載する「黒いGPD Pocket 2」がgeekbuyingで販売されています

公開日: : 輸入製品

GPD Pocket 2 Amber Black
GPD Pocket 2に筐体色がブラックのバージョンが存在することをご存知でしょうか?2018年末にクラウドファンディング「INDIEGOGO」にて100台限定で出資を募っていたのですが、当然のように2019年1月16日現在は「完売(出資目標達成)」となっています。筐体色がブラックになっているという点だけでなく、CPUの型番が変更され、購入しやすい価格になっているのが特徴でした。

スポンサーリンク

その「GPD Poket 2 Amber Black」が、事情はよく分からないんですけど中国の通販サイト「geekbuying」で販売されています。

1.スペック

GPD Pocket 2 Amber Black
Amber Blackになって変更された点はそれほど多くはありません。ただし、重要な部分が変わっています。まずCPUです。銀色の(というか普通の)GPD Pocket 2は当初Core m3-7Y30、その後Core m3-8100Yを搭載するようになりましたが、Amber Blackはそれよりも性能の低いCeleron 3965Yを搭載します。3965Yの開発コードネームはKaby Lake、ベンチマークスコアはこんな感じです。

Celeron 3965Y: 1,619
Core m3-8100Y: 3,612
Core m3-7Y30: 3,558
Celeron N4100: 2,324
Celeron N4000: 1,460
Atom x5-Z8350: 1,263
※2019年1月15日現在のPassmark公表値。数値が大きいほうが高性能

このように、オリジナルのPocket 2が搭載するCore m3には大きく水をあけられていて、でもAtomよりは高性能、と言えます。もちろんCPU性能は高いに越したことはないので、この点を残念に思われる人もいるかと思います。ただ、後述しますがその分確実に安いですよ。

RAMはPocket 2が4GB/8GBとなっている(ただし日本向けはほぼ8GBですよね)のに対し、Amber Blackは4GBのみとなります。またストレージは128GB eMMCと変更されていません。同様にディスプレイも同じ品質です。

それ以外の変更点としてはバッテリー稼働時間が挙げられます。Pocket 2は6~8時間となっているのに対し、Amber Blackは8~10時間です。なお、バッテリー容量は6,800mAhで変更がないと思われますが、geekbuyingの製品ページでは7,000 mAhという記載になっていました。

サイズはPocket 2から変更がありません。ライバル機のOne NetBook One Mix 2Sと比較するとタテヨコサイズは大差ないものの、薄型になっています(One Mix 2Sは厚さ17 mm)。

2.筐体

GPD Pocket 2 Amber Black
筐体構造に関してはおそらくオリジナルのPcoket 2と同じだと思います。ただし、オリジナルに比べかなり価格が下げられていますので、例えば筐体素材(アルミニウムマグネシウム合金)などが変更されている可能性もあります。

スポンサーリンク

しかし、このブラック、個人的にはシルバー筐体よりも数段カッコいいと思います。

GPD Pocket 2 Amber Black
キーボードです。以前からGPD Pocket 2の製品情報を把握していた人には釈迦に説法となりますが、ある意味日本人向けと言える配慮があります。基本的には英語配列(と、言っていいですよね?)ですが、最上段の左側のほうになんと「半/全」キーがあります。また、タッチパッドは右上端にある小さな四角いもの、マウスの左右クリックボタンは最上段のさらに上にあるアイコン(一番左が左クリック、その横が右クリック)です。

なにかとOne NetBook One Mix 2Sと比較されますが(というかOne Mix 2Sがデザイン的に追随しているのは明らかだと思います)、このキー配列はOne Mix 2Sとは大きく異なっています。

3.価格など

GPD Pocket 2 Amber Black
GPD Pocket 2 Amber Blackは中国の通販サイト「geekbuying」で販売中で、1月16日現在の価格は435.99ドル(48,590円)です。なぜこのタイミングでAmber Blackがgeekbuyingで販売されているのか、その辺の事情は分かりません。しかし、geekbuyingに限らず、ウインタブでよく紹介している中国の通販サイトは、日本の大手通販サイトと比較するとサービス面で未熟なところがあって、顧客を怒らせてしまうこともあります(世界中を探してもクレームが一切ないサイトは存在しません)が、悪質なことはしないので、取引そのものは安全にできるはずです。

この価格、INDIEGOGOでの出資価格435ドルとほぼ同じですし、CPUとRAM性能の代償として考えても十分な安さになっていると思います。あとはUMPCに何を求めるか、というか、ご自身の利用シーンに照らして、Core m3でないと厳しいのか、あるいはCeleronでも問題ないのか、ということを判断されたらいいでしょう。

1月16日追記:読者の方(複数)より、実際にはこんなきれいなブラックではなく、グレーである、というコメントを頂いております。実機は確認できておりませんので、詳細なコメントは控えますが、Googleで画像検索をすると若干実機の画像がヒットしますので、気になる方は試してみてください

 

4.関連リンク

GPD Pocket 2(Amber Black):geekbuying
※geekbuyingからクーポンが発行されました。クーポンコード「WENEOADJ」で429.99ドルになります(1月16日現在)

Comment

  1. ずめん より:

    (; ・`ω・´)ナン…ダト!?
    ほんと不思議ですね…にしても黒カッコいいなぁ(;´Д`)ハァハァ
    N4100位のスコアだったらポチりそう(;´Д`)ハァハァ

    • wintab より:

      ずめんさん、こんにちは。なんか色があんまり綺麗じゃないっていうコメントがありまして、ちょっと不安…。

  2. 匿名 より:

    実物は天板栗色
    キーボード周りは鼠色という全然黒くない詐欺色です

  3. 匿名 より:

    本体カラーは黒とは程遠い、マックブックのようなグレーです。写真に騙されないで!

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
HP ウインタブ限定クーポン

  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑