CHUWI Hi Game - オンラインゲームもこなせるKaby Lake G搭載のミニPCがクラウドファンディングに出品されています

公開日: : 輸入製品 ,

CHUWI Hi Game
Windows PCやタブレット、Androidタブレットなどでおなじみの中国メーカー「CHUWI」がクラウドファンディング「INDIEGOGO」に高性能なミニPC「Hi Game」を出品しています。その名の通り、「ゲーミングPCとして使える小型のデスクトップPC」なのですが、ウインタブの関心分野である「ミニPC」と考えることもできます。また、クラウドファンディングへの支払い(厳密には出資となります)は時に通常購入の場合と異なり、一定のリスクを覚悟する必要がありますが、今回の案件は出品者がおなじみのCHUWIで、明らかにPR目的での出品になっていますので、過度の心配をする必要はなく(ただし、保証はできません)、クラウドファンディング価格で入手できるというのが魅力です。

スポンサーリンク

1.スペック

CHUWI Hi Game
この製品のCPUとGPUは「Kaby Lake G」です。つまり、Intel製のCPUとAMD製のGPUがセットになっているもので、内蔵GPUがIntel HD Graphics 630、外部GPUがRadeon RX Vega M GL(Core i5-8305Gの場合)、Radeon RX Vega M GH(Core i7-8709Gの場合)となります。ただこれ、厳密にはCPUとGPUを分離できないので、「あとでGPUを交換する」というのは無理だと思います。

Kaby Lake Gを搭載する製品だと「DELL XPS 15」がありまして、XPS 15の紹介記事で「Intel Core i + GeForce GTXシリーズ」ほどのグラフィック性能はない、と書いたのですが、実はそうでもないようです。PC Watchにあったこの記事に、Radeon RX Vega M GHの3D Markのスコアが掲載されていて、これを見ると(ノートPC用の)Core i7 + GTX1050Tiのスコアよりも高くなっていました。Kaby Lake Gのベンチマークスコアはまだそれほど多く出回っていませんが、おおむね良好なスコアとなっており、オンラインゲームに使う場合、「GTX1050TiとGTX1060の間くらい」の実力になるようです(ただし、Core i5-8305Gに搭載されているRadeon RX Vega M GLのほうはもう少し低い性能になると思います)。

CHUWI Hi Game
この製品は標準のRAMが8GB、ストレージが128GBもしくは256GB SSDとなっていますが、DIYによる拡張が可能です。RAMはDDR-4 2400/2133スロットが2つ、ストレージでは2242サイズのPCIe x4/SATA M.2 スロットが1つと2.5インチSATA HDD/SSDベイが使えます。メーカーによればRAMは最大で32GBまで搭載可能とのことです。

CHUWI Hi Game
現在INDIEGOGOに出品されているのは「Core i5/128GB SSD」と「Core i7/256GB SSD」なのですが、これもクラウドファンディング名物、「出資額が目標(この場合は60万ドル)をクリアしたらRAMかストレージをアップグレードするよ!」というキャンペーンも開催中です。

スポンサーリンク

入出力ポートは相当充実している、というか、デスクトップPCと考えて差し支えないレベルだと思います。ゲーミングPCの場合、複数のディスプレイに同時出力するケースが多いと思いますが、この製品は映像出力専用ポートが4つ、さらにThunderbolt 3も装備しています。USBポートもフルサイズ(Type-A)だけで5つありますので、不足感は全くありません。

2.筐体

CHUWI Hi Game
サイズは「ミニPC並み」です。173 × 158 × 73 mmというのはミニPCとしては大きいサイズになりますが、それでも通常のデスクトップPCとは比較にならないくらいコンパクトです。ドスパラのコンパクトなゲーミングPC「GALLERIA Mini 1060」よりも一回りくらい小さいサイズとなっています。

CHUWI Hi Game
デスクに置くとこんな感じ。設置した感じは中華の安価なミニPCと変わらないくらいだと思います。

筐体素材はおそらく金属製で、そのせいもあってか重量は1.3 kgとやや重くなっています。

CHUWI Hi Game
こちらが背面のポート類。ご覧の通り非常に豊富にポートが装備されます。また、この画像にはThinderbolt 3(USB Type-C)が見当たりませんが、Thunderboltは前面の電源ボタン横にあります。

この製品でPUBGをプレイしている動画が公開されていました(3分50秒くらいから)。ただ、淡々とゲームをしているだけなので、PUBGを知らない人には全然おもしろくないと思います。

3.価格など

CHUWI Hi Gameはクラウドファンディング「INDIEGOGO」に出品中で、出資期間は8月14日まで、価格(出資金額)は下記の通りとなっています。

Core i7-8709G/RAM8GB/256GB SSD: 1,099ドル(約122,500円)
Core i5-8305G/RAM8GB/128GB SSD: 899ドル(約100,200円)

また、上に記載したとおり、出資金が60万ドルを越えるとCore i7モデルのRAMが16GBに、Core i5モデルのストレージが256GBに増量されます。ちなみに8月2日現在の出資金合計は約37.5万ドルです。

この製品は明確に「ゲーミングPC」としての利用を想定していますが、もちろんハイスペックなミニPC(デスクトップPC)としてクリエイターが使用したり、ビジネスマシンとしての利用にも向きます。あとは価格ですね。スペックのところで説明したように、ノートPC用のCore i7 + GTX1050Tiをしのぐパフォーマンスということであればお買い得だと思います。

4.関連リンク

HiGame PC – Affordable high-performance mini PC:INDIEGOGO

スポンサーリンク

Comment

  1. 匿名 より:

    これモニターの後ろにつけられる?

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
HP ウインタブ限定クーポン

  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑