iiyama STYLE-15FH039シリーズ - 15.6インチでデスクトップPC用のCPUを搭載するスタンダードノート、そのメリットは?

iiyama STYLE-15FH039シリーズ
iiyamaが15.6インチでデスクトップPC用のCPUを搭載する高性能スタンダードノート「STYLE-15FH039シリーズ」を発売しました。iiyamaでは従来からデスクトップPC用のCPUを搭載するノートPCを手がけていましたが、それらの製品は外部GPU(GeForce GTXシリーズなど)などを組み合わせ、やたらと分厚い(厚さ4センチ越え)、一般ユーザーにしてみると「すこし変わってる」と感じられるようなものでした。しかし、このSTYLE-15FH039は「わりと普通」のPCですw

スポンサーリンク

1.スペック

iiyama STYLE-15FH039シリーズ
この製品シリーズにはCPUにCore i3-8100を搭載する「STYLE-15FH039-i3-UHEX」、Core i5-8400を搭載する「STYLE-15FH039-i5-UHSX」、そしてCore i7-8700を搭載する「STYLE-15FH039-i7-UHSX」と、3つのベースモデルがあります。この3種類のCPUはすべてデスクトップPC用です。

iiyama STYLE-15FH039シリーズ

クリックで拡大します

iiyama製品の直販サイトであるパソコン工房に掲載されていたものです。ウインタブ読者にはとても興味深い図だと思います。これを見ると特にCore i5-8400とCore i7-8700はかなりの性能であることがわかりますね。

iiyama STYLE-15FH039シリーズ

クリックで拡大します

この説明も非常にわかりやすいと思います。「ノートPCにデスクトップ用CPUを搭載する理由」のうち、有力なものですね。さすがに「お客様が自分でCPUを交換できます」とまでは書いていません(それをすると保証が切れてしまうはず)が、「換装可能である」ことは明記されていますので、腕自慢はぜひ!(冗談です)。

続いてRAMとストレージです。RAMはCore i3モデルのみ標準で4GB、カスタマイズで8GBまで搭載可能、Core i5モデルとCore i7モデルは標準で8GB、カスタマイズで16GBまで搭載可能となっています。RAMスロットは2つ、DDR4-2400/SO-DIMMということなので、腕自慢(しつこい)なら32GBまでは行けるんじゃないでしょうか。

ストレージは標準構成だと240GB M.2 SSDで、これは注文時に別な容量にすることができません。しかし、HDDを追加して注文することが可能(最大2TBまで)です。

外部GPUはカスタマイズ項目にはありません。つまり、注文時にGeForceなどを追加することはできません。ディスプレイは15.6インチのFHD解像度となりますが、IPSなのかTNなのかは開示されていません。

入出力ポートはiiyama(会社名はマウスコンピューター)だけあって充実しています。一部「古臭い」と低評価のD-Subもしっかり装備されています。

サイズのほう、iiyamaの既存モデルに「STYLE-15FRシリーズ」というのがありまして、こちらはGeForce GTX1070を搭載する高性能マシンなのですが、386 × 267 × 44 mm / 3.54 kgと、明らかに一般的な15.6インチスタンダードノートとしては大型で、とくに厚さ(普通は30 mm以下です)と重量(普通3kgは越えません)が半端ないです。

しかし、このSTYLE-15FH039は、厚さ36 mmというのは正直かなり厚いと言えるものの、重量は2.3 kgに収まっていて、記事の冒頭に書いたとおり「わりと普通」です。

スポンサーリンク

2.筐体

iiyama STYLE-15FH039シリーズ
少し調べてみたのですが、おそらく筐体は新しいタイプのものになっているようです。ただし、奇をてらったものではなく、正面から見ると特に個性は感じられません。逆に言うとゲーミングノートのような「マッチョ」な感じも全くありません。

iiyama STYLE-15FH039シリーズ
天板です。筐体素材は不明ですが、マウスコンピューターの製品はプラスティック筐体が使われることが多く、この製品も価格帯から考えてプラスティック製だろうと思います。ただし、質感が悪いということはないと思います。また、天板のiiyamaロゴははカスタマイズで「ロゴなし」にすることができます。

iiyama STYLE-15FH039シリーズ
キーボードです。日本語配列でテンキー付きのものになり、バックライトも非搭載と思われます。

iiyama STYLE-15FH039シリーズ
側面とポート配置です。やはり横から見るとそれなりの厚みを感じますね。また通気口もやや大きめだと思います。

iiyama STYLE-15FH039シリーズ
底面です。この画像を掲載して一番言いたいのは「バッテリーが着脱式」ということですw また、底面はネジで比較的簡単に開口できそうですが、ノートPCは底面を開口してしまうと保証が切れてしまう場合がありますので、一部のマニアックな人を除き、気軽に開口するのはやめておいたほうがいいと思います。また、「スペック」のところに記載したとおり、この製品はCPUの換装ができる構造になっていますが、メーカー保証の問題もありますし、個人的にはノートPCのCPU換装は誰でも簡単にできるものとも思っておりません。

3.価格など

iiyama STYLE-15FH039シリーズはパソコン工房で販売中で、12月19日現在の価格は下記のとおりです。

Core i3/RAM4GB: 69,980円(税込み75,578円)
Core i5/RAM8GB: 84,980円(税込み91,778円)
Core i7/RAM8GB: 99,980円(税込み107,978円)

これはベースモデルの価格ですが、さすがの私でもこの製品を購入するならRAMは8GBにしたいと思えます。なので、Core i3モデルはRAMを8GBに増設したほうがいいでしょう(税抜き5,980円です)。

この製品、ちょっと面白いですね。購入した後でCPUを取り替えられるとか、従来のノートPCにはない発想です。もちろん性能のほうも高いと思いますので、いろんな意味で長く楽しめそうです。

4.関連リンク(パソコン工房)

STYLE-15FH039-i3-UHEX(Core i3)
icon
STYLE-15FH039-i5-UHSX(Core i5)
icon
STYLE-15FH039-i7-UHSX(Core i7)
icon

スポンサーリンク

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
geekbuying セール
  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑