HP 17s-cu - 17.3インチの大型ノート。画面の視認性は最高、高いシステムスペックも魅力!

HP 17s-cu
HPが17.3インチの大型ノートPC「HP 17s-cu」を発売しました。SpectreとかENVYとかPavilionといったブランド名がつかない「HPのHPブランド」の製品で、「スタンダード/エントリー」クラスとなりますが、スペックが高く、お値段のほうも通常価格ベースで10万円を越えていますので、実質的には中上位クラスのノートPCと言えます。

スポンサーリンク

1.HP 17s-cu スペック

スペック表

  HP 17s-cu
OS Windows 11 Home
CPU Intel Core i5-1135G7/Core i7-1165G7
外部GPU なし
RAM 16GB
ストレージ 512GB/1TB PCIe NVMe M.2 SSD
光学ドライブ なし
ディスプレイ 17.3インチIPS(1,920 x 1,080)
ネットワーク 802.11ax (Wi-Fi 6)、Bluetooth5.0
入出力 USB Type-C(5Gbps、データのみ)、USB(5Gbps)× 2、HDMI、オーディオジャック
カメラ Webカメラ(92万画素)
バッテリー 駆動時間 最大8時間
サイズ 400 × 258 x 19.9-22.5 mm
重量 2.1 kg

バリエーションモデル

・スタンダードモデル:Core i5/16GB/512GB
・パフォーマンスモデル:Core i7/16GB/1TB
 ※左からCPU/RAM/ストレージ

コメント

発売日が10月5日以降ということで、プリインストールOSはWindows 11 Homeです。なお、この製品はカスタマイズでOffice Home & Businessをつけられますが、10月9日現在、バンドルできるOfficeのバージョンは「2021」ではなく「2019」となりますので、この点ご注意ください。

CPUは第11世代(Tiger Lake)のCore i5/Core i7で、RAMは全モデル16GB(8GB × 2のデュアルチャネル)、ストレージはCore i5モデルが512GB、Core i7モデルが1TBのM.2 PCIe-NVMe SSDです。外部GPUの搭載こそありませんが、CPU、RAM、ストレージの構成は「ハイスペック機」と呼べるものになっていると思います。RAMが16GBというのがいいですね。

ディスプレイは17.3インチのIPS液晶、FHD解像度でノングレア(非光沢)タイプ、タッチ対応はしません。持ち運びを前提としない場合、17.3インチという大型のディスプレイサイズは非常に魅力的です。

通信系ではWi-Fi6に対応します。また、上のスペック表はメーカーのものをそのまま転記していますが、Wi-Fi6(ax)規格は下方互換性がありますので、ウインタブの通常の表記だと「802.11 a/b/g/n/ac/ax」となります。

入出力ポートはノートPCとしては標準的ですが、この製品が17.3インチという大型サイズであることを踏まえると「もうひと頑張り」してほしかったかな、という気がします。例えば有線LANポートとかSDカードリーダーとか。また3つのUSBポートのデータ伝送速度はすべて5Gbpsなので、HPでは開示していませんが「Gen1規格」と理解していいでしょう。すべてのUSBポートは「データ伝送のみ」に対応します。

スポンサーリンク

サイズは「大きいことは大きい」のですが従来モデルよりはかなりコンパクトになっています。

HP 17s-cu
こんな感じですね。「いま風」にベゼルを細くしたのと、光学ドライブを廃止したことによる恩恵と言えます。ただ、それでも横幅40センチで重量2.1 kgと、室内の移動はともかく外出先に持ち出して使うのはちょっと大変だと思います。

2.HP 17s-cu 筐体

HP 17s-cu
正面から見たところです。ベゼル幅は2021年のノートPCとしては標準的、といったところでしょうか。スッキリしたデザインだと思います。

HP 17s-cu
従来モデルと比較するとその差は顕著です。17.3インチなので、無理に筐体を絞り込まなくてもいいのでは?と思いましたが、ベゼル幅が細くなるとずいぶんデザインがよくなったように感じられますよね。

なお、キーボードの仕様はテンキーがつく106キー日本語配列(JIS標準準拠)、キーピッチ約18.7×18.4mm、キーストローク約1.3mmで、バックライトも装備されています。大型ノートなのでタイピングもしやすいと思います。

HP 17s-cu
天板です。筐体色はナチュラルシルバー、筐体素材は不明ですが、おそらく樹脂製と思われます。シンプルでHPらしいものになっています。

HP 17s-cu

クリックで拡大します

側面と入出力ポートの配置です。17.3インチで据え置き利用がメインになると思いますので、個人的には有線LANポートは欲しかったかな、と思います。

3.HP 17s-cu 価格など

HP 17s-cuはHP公式サイトでCore i7モデルのみ販売中、Core i5モデルは10月下旬以降販売開始予定となっています。10月9日現在の価格表示はCore i5モデルが税込み130,900円、Core i7モデルが税込み152,900円です。なお、この製品はウインタブ読者クーポンの対象なので、この価格から7%の割引があります。

発売直後なのでさすがに週末限定セールなどの対象にはなっていませんが、HP製品は通常の製品ページでも割引価格になることが多く、この製品もCore i5モデルが発売される頃にはある程度の割引が受けられるようになるのではないか、と思います。

外出先に持ち出す機会がほとんどなく、自宅や事務所などで据え置き型としてノートPCを使う場合、17.3インチはおすすめです。仕事用や学習用としても、動画視聴などのエンターテイメント用としても、画面が大きいと本当に快適です。また、個人的には視力が悪いこともあって「15.6インチと17.3インチは明らかにディスプレイの見やすさが違う」と思っています。

HP 17s-cuはサイズが大きいだけでなく、システムスペックも高いので、メインPCとして長く使っていけそうに思います。

4.関連リンク

この製品のCore i7モデルはウインタブ読者クーポンの対象です(税込み132,000円以上のPCが対象)。そのため、まずこちら
ウインタブ専用リンク(クーポン)_個人向けPC
にアクセスしていただき、次にこちら
HP 17s-cu 製品詳細icon
からご注文ください。この手順でカート画面に特別値引きが表示されます。

スポンサーリンク