HP ENVY 13(ba0000)- ライトなクリエイターPC、という感じの13.3インチモバイルノート

HP ENVY 13-ba0000
HPは6月29日に大挙してニューモデルを発表していますが、今回はその中から「HP ENVY 13(ba0000)」をご紹介します。先に紹介記事を掲載した「HP ENVY x360 13」とは名称も似ていて、サイズもほぼ同じですが、「似て非なるもの」ですね。ENVYブランドは今後、クリエイターPCの色彩を強めていくとのことですが、このENVY 13もその流れがうかがえます。

スポンサーリンク

1.スペック

  HP ENVY 13(ba0000)
OS Windows 10 Pro
CPU Intel Core i5-1035G4
外部GPU なし
RAM 8GB
ストレージ 256GB / 512GB SSD
光学ドライブ なし
ディスプレイ 13.3インチIPS(1,920 × 1,080)タッチ
ネットワーク 802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 5.0
入出力 USB Type-C(Thunderbolt 3)、USB ×2、microSDカードリーダー、オーディオジャック
カメラ Webカメラ(92万画素)
バッテリー 稼働時間 最大17.5時間
サイズ 306 × 194 × 16.9 mm
重量 1.3 kg

OSはPro版のみです。CPUは第10世代のCore i5-1035G4と、開発コードネームがIce Lakeのほうで、末尾が「G4」なので内蔵GPUもIntel UHD Graphicsではなく、Intel Iris Plusです。外部GPU搭載機には及ばないと思いますが、Comet Lake(Core i5-10210U)やAmbet Lake-Y(Core i5-10210Y)などよりも高性能と言えます。

RAMは8GBのみ、ストレージは256GBと512GBのSSDを選択できます。また、ディスプレイは13.3インチのIPS液晶、FHD(1,920 × 1,080)解像度ですが、輝度が400nitと明るく、sRGB100%の色域となっています。確証はありませんが、おそらくENVY x360 13よりもワンランク上のものが使われていると思います。ちなみにタッチ対応もします。

ネットワーク関連ではWi-Fi6(ax規格)に対応し、入出力ポートはx360と同じ数ながら、USB Type-CポートがThunderbird 3になっていますので、ここでもx360よりもワンランク上の仕様と言えます。

サイズはx360とほぼ同じです。つまり奥行きがめちゃめちゃ小さいと言えます。194 mmというのは13.3インチノートとしては最小クラスと言っていいでしょう。ただし、重量の1.3 kgというのは特に軽量という感じではありません。

スポンサーリンク

2.筐体

HP ENVY 13-ba0000
正面から見たところです。HP ENVY 13は従来モデルでもコンパクトな筐体でしたが、奥行きが小さくなったことにより、下部ベゼルも非常に薄くなりました。

HP ENVY 13-aq1000
参考までに従来モデルの画像も掲載しておきます。「そっくり」ではありますが、特に下部ベゼルが違っているのがわかると思います。

HP ENVY 13-ba0000
天板です。筐体は金属製(おそらくアルミ製でしょう)で、表面には梨地加工(わずかにざらつく加工をして、手に馴染みやすくするもの)が施されているはずです。筐体色は「ペイルゴールド」という、薄いゴールドです。

HP ENVY 13-ba0000
キーボードです。この画像は英語配列ですが、日本仕様はバックライト付きの日本語配列となります。HPのモバイルノートではおなじみの、ENTERキーの右に一列あるタイプですね。それと、指紋センサーの位置が面白いです。スペースキーの右、ALTキーと左矢印キーの間の凹みが指紋センサーとなります。この構造はENVY x360 13も共通で、つい先日実機レビューをした「ENVY 15」とも同じです。

HP ENVY 13-ba0000

クリックで拡大します

側面と入出力ポートの配置です。レイアウトはENVY x360 13と全く同じで、Type-CポートがThunderbolt 3である、という点が異なります。

3.価格など

HP ENVY 13(ba0000)は7月下旬以降の発売予定で、6月30日現在のHP Directplusでの表示価格は114,800円(税込み126,280円)です(256GB SSD版)。実売機には少し価格が下がるものと予想されますが、おそらくENVY x360 13よりも高価になると思われます。

ENVY x360 13との違いは、クラムシェルと2 in 1という点以外に、OSがPro版、CPUがIntelのIce Lake、ディスプレイ品質が高い(ウインタブ推測)、Thunderbolt 3の装備、という点が挙げられます。ENVY 15を小さくして、少しカジュアルにしたクリエイターノート、という感じの位置づけと言えそうですね。

4.関連リンク(HP)

HP ENVY 13 製品詳細icon

スポンサーリンク