DELL XPS 13 - Skylake搭載の新型が日本で発売開始、新色ゴールドも追加

DELL XPS 13 ディスプレイ
DELLの「XPS」という名称は「プレミアムノート」クラス、つまりノートPCとしてハイエンドのモデルに使われます。ちなみにゲーミングPCにはおなじみの「ALIENWARE(エイリアンウェア)」、スタンダードクラスのノートPCには「Inspiron」という名称が使われています。タブレットなら「Venue」ですね。

スポンサーリンク

13インチのプレミアムノート「XPS 13」については先日米国でCPUがIntel Coreシリーズ第6世代「Skylake」に変更されたことを紹介する記事を書いています。
DELL XPS 13 - 極薄ベゼルのハイエンドモバイルノートにSkylakeが!
XPS 13の詳細については上記のリンクでご確認いただければいいのですが、10月20日から、新しいXPS 13が日本でも販売開始となりましたので、日本モデルの構成や内容についてフォローアップしたいと思います。
New XPS 13 (2015/10/20発売)

1.スペック

OS: Windows 10 Home(Pro選択可)
CPU: 
   Intel Core i5-6200U
   Intel Core i7-6500U
RAM: 4GB /8GB
ストレージ: SSD 128GB / 256GB
ディスプレイ: 
   13.3インチ (1920 x 1080)非タッチ
   13.3インチ (3200 x 1800)タッチ
ネットワーク: 802.11ac、Bluetooth 4.1
カメラ:  ワイドスクリーンHD(720 p)Webカメラ
ポート: 
   USB 3.0(PowerShare仕様) x 2
   Thunderbolt 3 × 1
   3-in-1 カードリーダ (SD、SDHC、SDXC)
   Mini DisplayPort x 1
   ヘッドセットジャック x 1
   セキュリティケーブルスロット x 1
バッテリー稼働時間: 最大18時間
サイズ: 304 × 200 × (9-15) mm
重量: 非タッチ液晶 1.2 kg、タッチ液晶 1.29 kg

スポンサーリンク

DELLの公式サイトで選択可能な構成をチェックしてみましたが、米国モデルにあったRAM16GBとストレージ512GBおよび1TBというのは日本では選択肢がありませんでした。またCPUはCore i3モデルは用意されておらず、Core i5-6200UもしくはCore i7-6500U(ともに第6世代Skylakeです)の2種類となっています。日本でのベースモデルは

スタンダード:Core i5/RAM4GB/128GB SSD/1,920 × 1,080ディスプレイ
プレミアム:Core i5/RAM8GB/256GB SSD/1,920 × 1,080ディスプレイ
プラチナ:Core i7/RAM8GB/256GB SSD/ 1,920 × 1,080ディスプレイ

となっており、最上位のプラチナのみ3,200 × 1,800のタッチ対応ディスプレイを選べるようになっています。CPU、RAM、ストレージはベースモデルの構成を変更できず、ベースモデルからの選択肢はそんなに多くはありません。

どうせプレミアムラインのモバイルノートを買うのであれば、XPS 13の大きなセールスポイントであるQHD(3,200 × 1,800)ディスプレイを選びたいところですが、その場合は自動的にプラチナモデルとなります。

2.新色「ゴールド」の追加

DELL XPS 13 新色ゴールド
スタンダードモデルのみですが、筐体色に「ゴールド」が追加されています。従来色のシルバーがいいのか、新色ゴールドがいいのか、というのは好みの問題になると思いますが、ゴールドのほうはApple製品にすこし似た感じがしますね。

3.価格

価格は下記の通りです。プレミアムラインなので決して安いということはないですけど、SurfaceとかLet’s Noteあたりと比較すると決して高いとも思えません。極薄ベゼルの筐体の質感もすごく高いですしね。

スタンダード: 144,980円
プレミアム: 159,980円
プラチナ(QHD液晶): 184,980円
※すべて税込み価格です。

4.関連リンク

New XPS 13 (2015/10/20発売)

スポンサーリンク