BMAX MaxPad I10 - あのBMAXからAndroidタブレットが発売されます!低価格ながらCPUにUNISOC T610を搭載し、性能面でも期待できそう

BMAX MaxPad I10
中国メーカーのBMAXから10.1インチサイズのAndroidタブレット「MaxPad I10」が発売されます。BMAXといえばWindowsのモバイルノート、というイメージがありましたが、今度のニューモデルはAndroid機ということで、少なからず気になってしまいます。

スポンサーリンク

1.スペック

    BMAX MaxPad I10
OS  Android 10
CPU  UNISOC T610
RAM  4GB
ストレージ  64GB
ディスプレイ  10.1インチIPS(1,920 × 1,080)
LTEバンド  B1/B3/B5/B7/B8/B20
SIM  Nano SIM×2(SIM2はmicroSDと排他)
ネットワーク IEEE 802.11a/b/g/n/ac、 Bluetooth 5.0
入出力  USB Type-C、オーディオジャック
カメラ  イン2MP/アウト5MP
バッテリー  3.8V/6000mAh
サイズ  245 × 164 × 8.8 mm
重量  550 g

OSはAndroid 10、CPUはUNISOCのT610です。T610は日本でも人気のAndroidタブレット「Teclast M40」や「ALLDOCUBE iPlay 40」に搭載されているT618の下位モデルという位置付けで、カラーE ink搭載スマホ「HiSense A5 Pro CC」に搭載されています。山根博士(たぶん「博士」なので敬称は不要かと…)がengadetでA5 Pro CCの実機レビュー記事を書かれていて、それを見るとAntutu(Ver.8)のスコアは162,833となっていました。

ということはT618(Antutu20万点強)ほどの性能はなく、Helio P60くらいの実力でしょうか。中華のAndroidタブレットとしては悪くない水準だと思います。

RAMは4GB、ストレージは64GBと、こちらもTeklast M40(6GB/128GB)やALLDOCUBE iPlay 40(8GB/128GB)のような大容量ではなく、どちらかと言うとエントリークラス、という感じですよね。

ディスプレイは10.1インチで解像度は1,920 × 1,080となっていますが、同時にアスペクト比16:10という記載もありまして、「1,920 × 1,200じゃないかなあ」と思います。タブレット製品でアスペクト比16:9(1,920 × 1,200)の製品はほとんど見たことがないので…。

スポンサーリンク

このことは他の製品とサイズ比較してもなんとなくわかります。

BMAX MaxPad I10:245 × 164 × 8.8 mm / 550 g
Teclast M40:243 × 163 × 9.3 mm / 531 g

このように、10.1インチでアスペクト比16:10(1,920 × 1,200)のTeclast M40と比較しても短辺のサイズがほとんど変わらないので、ディスプレイの形状も同じ、と考えるほうが自然でしょう。ついでにサイズ感について書かせていただくと、厚さが9 mmを切っているのは悪くないと思いますが、550 gというのは10インチクラスのAndroidタブレットとして特に軽いほうではありません。

2.筐体

BMAX MaxPad I10
前面です。特にコメントするようなこともないですね。ただ、一部の中華メーカーのように画像が盛られている(デザインがよく見えるように画像加工している)という感じはありません。

BMAX MaxPad I10
背面です。筐体素材は「メタル」ということなので、おそらくアルミ合金製でしょう。筐体色もなんとなくBMAX PCに近い感じになっています。

BMAX MaxPad I10
筐体のアップですが、質感は良さそうですね。ただ、この画像に写っているカメラの品質は低い(イン2MP/アウト5MP)です。

BMAX MaxPad I10
スピーカーは底面にあります。一応メーカーの説明では「ステレオ」ということなのですが、「見た目ステレオ、実はモノラル」という中華タブ、かなり多いですからねえ…。

3.価格など

BMAX MaxPad I10は中国通販のBanggoodで1月25日にプレオーダー開始となり、先着200名は139.99ドル(約14,800円)で購入できます。

人気のTeclast M40やALLDOCUBE iPlay 40よりはワンランク下のスペック・性能となりますが、そのぶん価格のほうも低く設定されています。UNISOC T610というCPUをどう評価するか、ということによってお買い得感が変わってきますね。

CPU以外のパッケージング(RAMやストレージ、筐体のサイズなど)はどちらかというとエントリークラスの製品と言えますが、Antutu16万点なのであれば、重量級ゲーム以外なら一通りのことが快適にこなせると思います。

4.関連リンク

BMAX MaxPad I10:Banggood

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    敬称付けるとしたら山根康宏さんなので大丈夫かと(笑)

  2. かぜ より:

    16:10のアス比で細長傾向のスマホと差別化するのが最近のトレンドっぽいですね
    Teclastが同じT610搭載のM40SEを出すようなので、ちょっと安いやつのラインナップも増えてきそう