ドスパラ GALLERIA GCF2070RGF / GCF2060RGF - GeForce RTX20シリーズを搭載するゲーミングノートがドスパラから!

ドスパラ GALLERIA GCF2070RGF/GCF2060RGF
ドスパラから最新GPU「GeForce RTX20シリーズ」を搭載するゲーミングノート3機種が発売されました。15.6インチが2機種、17.3インチが1機種という内訳なのですが、この記事ではまず15.6インチの2機種「GALLERIA GCF2070RGF/GCF2060RGF」を紹介します。GeForce RTX20シリーズを搭載するゲーミングノートはまだ数が多くないので、「これから買うならRTX!」と思っているゲーマーにはうれしい選択肢の増加、ということになりますね。

スポンサーリンク

1.スペック

ドスパラ GALLERIA GCF2070RGF/GCF2060RGF
「GCF2070RGF」と「GCF2060RGF」は基本的に同じ筐体を採用し、ほぼ同じシステム構成になっていて、GPUが異なります。製品名からわかる通り、「GCF2070RGF」がGeForce RTX2070を、「GCF2060RGF」がGeForce RTX2060を搭載します。

ドスパラはBTOメーカーなので、注文時に構成のカスタマイズが可能です。OSはWindows 10 HomeとProを選べます。CPUはCoffee Lakeの6コア、Core i7-8750Hが搭載されます。このCPUは今やゲーミングノートではスタンダードな存在ですよね。RAMは標準で8GBですが、カスタマイズで4GBに減らしたり(価格は安くなりますがおすすめしません)16GB、32GBに増設することができます。またストレージは2基搭載していて、標準構成以外にもSSD+HDD、SSD+HDDといった組み合わせができます。

ディスプレイは15.6インチのFHD解像度で、ドスパラでは形式(IPSかTNか)を開示していませんが、過去の実機レビュー経験上、このクラスのGALLERIAだとほぼ間違いなくIPS(相当の)液晶だと思います。また、リフレッシュレートは120 Hzと高速で、ゲーミングノートとしては十分なめらかな画面遷移を実現していると思います。要するに「動きがヌルヌル」、という意味です。

入出力ポートはThundeboltの装備はないものの、USB 3.1 Gen2と高速なデータ伝送ができるポートが2つありますし、映像出力専用にHDMIとMiniDisplayPortがありますので、必要十分かと思います。

サイズは大型の部類に入りますね。最近だと上位クラスの15.6インチがどんどんコンパクト化していますが、この製品のサイズは「昔ながら」という感じです。しかし、ゲーミングノートの場合は(ゲーム中どうしても激しい動きになるので)どっしりとした筐体を好む人も多いでしょうから、これはこれでいいと思います。あとは使い方というか、ゲーミングノートを単体で使うのか、あるいは自宅では外部ディスプレイや外付けキーボードなどを接続して使うのか、といったニーズによって筐体サイズの好みが変わってくると思います。

2.筐体

ドスパラ GALLERIA GCF2070RGF/GCF2060RGF
この製品、当初は従来モデルの「GALLERIA GCF1070GF/GCF1060GF」と同一筐体かと思っていたのですが、違いました。とはいえ、上に書いたとおり、15.6インチとしてはやや大型で、ベゼルも結構な太さです。ただ、ゲーミングノートとしては薄型の部類になるとは思います。

スポンサーリンク

ドスパラ GALLERIA GCF2070RGF/GCF2060RGF
天板です。割とそっけないというか、シンプルな天板デザインになっていることが多いGALLERIAとしては立体的な造形になっていて、やはり従来モデルのGCF1070GF/GCF1060GFとは異なります。おそらく天板の素材は金属だと思います。

ドスパラ GALLERIA GCF2070RGF/GCF2060RGF
キーボードは「国内外問わず人気のゲーミングデバイス専門ブランド」Steel Series製です。ドスパラでは従来からノートPCの一部にSteel Series製のキーボードを採用していて、打鍵感は良好です。もちろんGALLERIAのキーボードは「強打仕様」になっていますので、ゲーム中の激しいタイピングも平気です。それと、「Windowsキーは右」です。これはゲーム中に誤ってWindowsキーを押してしまわないように配慮した、ということです。

なお、この画像ではバックライト色がレッドですが、ドスパラ製品ページでは「RGB」と表記されていましたので、実際にはカラフルな配色にすることも可能だと思います。

ドスパラ GALLERIA GCF2070RGF/GCF2060RGF
入出力ポートは両側面に配置され、背面にはポートがないようですね。

3.価格など

ドスパラ GALLERIA GCF2070RGF / GCF2060RGFはドスパラ公式サイトで販売中で、2月1日現在の価格はGCF2070RGFが229,980円(税込み248,378円)、GCF2060RGFが195,980円(税込み211,658円、ともに標準構成の価格)となっています。従来のGTX10シリーズを搭載する製品よりも高価になっていますね。

RTXシリーズはGTXシリーズに比べ、リアルタイムレイトレーシングに対応するなど、より高度なグラフィック性能を実現していますので、特に上級のゲーマーがこれからPCを買うならRTXシリーズにしたい、というのはあるでしょう。一方で従来のGTXシリーズも性能自体は決して陳腐化しているとは言えず、例えば私のような非ゲーマーとか、これからPCでゲームをやりたい、という人なら十分な実力があると思います。ドスパラのGALLERIAはどれも筐体品質が素晴らしいので、あとはニーズに合わせてニューモデルにするかどうかの判断をしたらいいと思います。

4.関連リンク(ドスパラ)

GALLERIA GCF2070RGF
GALLERIA GCF2060RGF

スポンサーリンク

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
HP ウインタブ限定クーポン

  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑