Unihertz Titan - こんどのUnihertzは「物理キーボード付きのアウトドアスマホ」です!

Unihertz Titan
超小型のスマホ「Jelly Pro」や「Atom」でおなじみのUnihertzが、KICKSTARTERでまた面白いスマホをクラウドファンディング中です。今度は超小型ではなくむしろ大型サイズのアウトドアスマホで、なんと物理キーボードがついてます!

スポンサーリンク

1.スペック

Unihertz Titan
KICKSTARTERにかなり詳細なスペックが掲載されていたのですが、肝心のCPUの型番が開示されていません。ZD NETに掲載されている実機のハンズオン記事によれば「Helio P60」ということだったので、この記事ではその情報をもとにCPUの型番を掲載しています。

RAMは6GB、ストレージは128GBということなので、現在の水準だと「RAMとストレージに余裕のあるミッドレンジもしくはミッドハイ」ということになると思います。

ディスプレイは変則的です。なんと正方形。4.5インチと、数値としては小さく、解像度は1,440 × 1,440となります。こういう特殊な形状になっている理由は

Unihertz Titan
これですね、物理キーボード。なんかBlackberryみたいです。実際、上にリンクしたZD NETの記事でもBlackberryとの比較がなされています。

対応する通信バンドは非常に多く、このスペック表では日本に関係しそうなもののみを掲載しています。ただし、技適マークの有無については明らかではありません。Unihertzは過去に発売したJelly ProやAtomでしっかり技適を取得していましたので、この製品にも技適マークがつく可能性があります。ただし、

Unihertz Titan
この製品にはトランシーバー機能がついてまして、この部分の詳細がよくわかりません。スマホの電波と異なり、トランシーバーの場合は非常に強い電波が飛ぶことになる可能性がありますので、技適が取得されていることを期待したいです。でないと法令違反以前に危険です。

サイズは大きいですね。というか、形状が一般的なスマホとかなり異なりますし、IP67レベルの防水・防塵性能を持って製品なので、いいとか悪いとかに言及するのは控えます。

スポンサーリンク

2.筐体

Unihertz Titan
物理キーボードの存在によりインパクト抜群!なんですけど、KICKSTARTERには展開図のようなディテールを詳しく説明するような画像はありませんでした。ただまあ、この画像で大体わかりますかね?上にも書きましたが、IP67レベルの防水・防塵性能があり、前面のガラスはゴリラガラスが採用されています。

Unihertz Titan
キーボードです。見たところ、アルファベットキーしかなく、数字キーや記号キーがないようなので、ディスプレイに表示されるであろうソフトキーボードと併用するのかもしれないです。

また、キーボード面はタッチパッドとしての機能もついています。

Unihertz Titan
生体認証もあります。キーボード面に指紋センサー、そして顔認証にも対応します。

Unihertz Titan
カメラはイン側が8MP、アウト側が16MPと、同クラスの一般的なスマホと比較すると「ややプア」に思われますが、画素数的にはそんなに悪くはないと思いますので、そこそこは使えそうです。

Unihertz Titan
ワイヤレス充電にも対応します。生体認証にせよワイヤレス充電にせよ、今どきのスマホにはついていてほしい機能といえますので、「物理キーボードの使い勝手次第」というのはありますが、機能としては特に削られたところもなく、今どきのミッドレンジ、あるいはミッドハイスマホと考えていいんじゃないでしょうか。

3.価格など

Unihertz TitanはKICKSTARTERでクラウドファンディング中で、7月31日現在の価格は259ドル(約28,100円)です。読者の皆様、申し訳ないです。この製品は一日前(7月30日)にクラウドファンディングがスタートしたのですが、紹介が遅れ、SUPER EARLYBIRDやEARLYBIRDといった低価格なブランが「瞬殺」されてしまいました。

この製品はIP67レベルの防水・防塵機能やトランシーバー機能など、アウトドアスマホとしても頼もしい機能を備えていますが、なんと言っても物理キーボードがついている、というのが大きいですよね?実際これが使いやすいのかどうかは未知数(特に文字変換が必要な日本語入力)ですが、「ぜひ欲しい」製品と感じられるのは間違いないでしょう。そして、こういう製品をリリースするUnihertzのチャレンジャー精神を高く評価したいです。

4.関連リンク

Titan, Unihertz Rugged QWERTY Smartphone:KICKSTARTER

スポンサーリンク

 スポンサーリンク

コメント

  1. かぜ より:

    最近はみんな極端に縦長なので、Web閲覧の際に縦だと情報量多すぎ、横だと少なすぎという不具合があると思うのですが、正方形だと丁度いい或いは諦めがついて良いかもしれません

  2. tori_3 より:

    どこにも書いてないけどワイヤレスチャージの
    充電台は付属品なのかな?

  3. lessbigger より:

    あー。

    > Push the programmable side button to use the walkie talkie, camera or any preset function instantly.

    ってあるので、別にトランシーバ用のRFを別途積んでるわけじゃないよ。Zelloみたいな半二重通話アプリ(&その他)に使える「機能呼び出しボタン」を物理で搭載してるってだけ。それはそれで便利。