Jumper EZpad mini3 - フルサイズUSB 3.0搭載の8インチ Windows タブレット

Jumper EZpad mini3
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。中国タブレットの製品紹介や実機レビューを続けていて思うんですけど、やっぱり一番面白みのある中国タブレットって8インチなんじゃないか、と。8インチに限らず中国のタブレットや2 in 1、ノートPCなどはどれも日本製品に比べて割安感が大きいんですけど、どうしても信頼性に不安があるのでCore m機など比較的値のはるものには食指が動かない、というのもありますし、3万円台、4万円台の2 in 1やノートPCの場合、ドスパラなど日本メーカーの製品でもかなりコスト面で頑張っているものが目につくので、どうせ買うなら日本メーカーの製品を、となりやすいような気がします。「スペック番長」である中国製品のほうがカタログスペックはいいんですけど、日本メーカーの製品のほうがはるかに安心感もありますしね。

スポンサーリンク

しかし、8インチに関しては日本メーカー(外資系も含みます)から全然新製品が出てこない、ということもありますし、中国タブレットの場合、1万円前後で購入できてしまうものがほとんどなので、「ぶっ壊れたらそれまで」くらいの気持ちで最新スペックのタブレットを購入してもいいかな、という気持ちになりやすいと思います。CherryTrailとかAndroidとのデュアルブートとか、日本では入手しにくいものも1万円前後で手に入りますし。

今回紹介する「Jumper EZpad mini3」も中国の8インチタブレットなのですが、スペック、価格ともやっぱり魅力的に感じられます。

1.スペック

OS: Windows 10 Home 64ビット
CPU: Intel Atom X5-Z8300
RAM: 2GB
ストレージ: 32GB
ディスプレイ: 8インチIPS(1,280 × 800)
ネットワーク:  802.11b/g/n、Bluetooth
カメラ: イン2MP /アウト2MP
入出力: USB3.0、microUSB、miniHDMI、オーディオ、microSD
バッテリー: 4,200mAh
サイズ: 212 x 130 x 9 mm / 339 g

補足します。この製品はWindows 10 64ビットのみのシングルブート機で、CPU、RAM、ストレージは最新の中国タブレットの標準、といっていい構成になっています。もちろんこの構成は日本製品ではめったにない、というかCherryTrail搭載機はマウスのWN802とDELL Venue 8 Pro 5000しかありません。そりゃあね、性能差がそんなに大きくなくともどうせ買うならCherryTrailにしたくなりますよね。

で、ディスプレイ解像度は標準的な1,280 × 800ですが、IPS液晶ですし8インチなのでこのくらいの解像度で不満は出ないと思います。カメラはメモ代わりくらいにしかならないでしょうね、2MPしかありませんから。また、この製品の一番面白いところは、「8インチなのにフルサイズUSB 3.0ポートを装備」でしょう。ポート類の説明にDC-INがないのでmicroUSBポートを使って充電するのだろうと思いますが、充電しながらでもフルサイズのUSBポートが使えてしまいます。一見地味に見えますけど、8インチタブレットユーザーなら羨ましくなるくらいの装備だと思います。

スポンサーリンク

サイズの方は特に小型というわけでもないですが重量339 gなら十分合格だと思います。

2.筐体

Jumper EZpad mini3 前面
8インチタブレットの場合、サイズの制約もあり筐体前面が個性的、という製品はほとんどないです。この製品に関しても上下のベゼルがやや厚めで若干角ばっているという印象はありますが、特に目立った感じはしません。

Jumper EZpad mini3 背面
背面の方はすこしデザイン性がありますね。残念ながら素材については情報がありませんがデザインは悪くないと思います。また、この画像でスピーカーがモノラルであることもわかりますね。

Jumper EZpad mini3 各部名称
ポートなどの配置と名称です。フルサイズのUSBポートがついていることが確認できます。ホントなんですねw

3.価格

Jumper EZpad mini3は中国の通販サイト「GEARBEST」に製品ページが用意されていますが、まだ発売されていないようです。海外のニュースサイトによれば「3月27日発売」ということなので、近日中に販売が開始されると思います。一応他の通販サイトも確認してみましたが、「Banggood」「Geekbuying」にはまだ製品ページがなく、「Everbuying」でも製品ページのみ存在し、販売はスタートしていませんでした。

GEARBESTでの価格は98.35ドル(11,191円)なので、ほぼ私たちが期待する8インチ中国タブレットの価格イメージどおりですね。やっぱり中国タブレットはこのくらいの価格で手に入れるのが一番リーズナブルな気がします。

4.関連リンク

Jumper EZpad mini3 Tablet PC:GEARBEST

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    素材が気になる商品ですね
    写真だけ見ると丈夫そうに見える

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。確かに見た目は丈夫そうですよね。あとフルサイズUSBの威力は絶大な気がします。

  2. くまねこ より:

    使わない人はわからなそうですがフルサイズのUSB+MicroUSBがあるというのは実はとてつもなく大きなメリットですよね.MicroUSBは通常充電で塞がってしまうので充電中は一旦ケーブルを取り外して周辺機器を取り付ける必要があります.

    ゲーム用パッドやTVチューナー等の電力を食う事をするときは困るのでみんなBT接続になっていきます.Winですから周辺機器は基本的にフルサイズのUSBなので大抵変換ケーブルが必要です.スマホやタブのようにOTGケーブルが必要な物はどうせ変換が必要ですから実質変わらないですしUSBメモリで何かするだけならコピーなりが終わればまた充電すればいいですが.スマホとは文化が違ってきますからね.

    2 in 1ノートPCもフルサイズUSBがなかったりしてUSBメモリさえそのままでは使えないので実は結構面倒です.特にType-Cしか無い機種は何考えてんだくらいです.WinなのにType-Cがしかも1つしか無いなんてかなり不便です.Winタブは電力消費も激しくバッテリーも小さいので充電する機会は多いですからね.

    • wintab より:

      くまねこさん、こんにちは、コメントありがとうございます。全く同感です。特にバッテリーの持ちが悪い機種の場合はなおさらですよね。この製品は目の付け所がいいと思いました。

  3. ぽんた より:

    欲しくてずっと調べてますが、レビューがあまりないですね。。GEARBESTだと売り切れなので、GEEKBUYINGで注文してみました。3日程前に注文しまして、まだ発送連絡はないですが、気長に待ってみます。

    • wintab より:

      ぽんたさん、こんにちは、コメントありがとうございます。USB3.0ありの8インチ、確かにかなり使いやすくなるかもです。あと、Jumperは質感が少し心配。

      • ぽんた より:

        GEEKBUYINGのEMS発送では税関に止められて結局到着できずキャンセル、GEARBESTのDHLで再購入し、送料込み90ドルでした。到着後OSクリーンインストール(ドライバは事前に吸い上げ済)しましたが、いくつかドライバでエラー発生。カメラと自動回転ができなくなりました。色々試しましたが復旧せず、特に使わないので諦めました。あとなぜかUSB3.0機器が直では認識せず、USB2.0ハブを途中で噛ませないと認識しない状態に。

        自分のPCスキルのなさが原因と思いますすが、クリーンインストールする際はご注意を。他のメーカーのような公式フォーラム等は見つけれませんでした。一部の方がドライバをUPしてますが。。

        ドラクエ10のベンチマークは1番低画質のやつでスコア2300くらいとイマイチでした。T90chiよりはよいスコアです。

        11ac非対応なので、Bluetooth機器が干渉しゲームパッドの反応がかなり遅い。
        またwifi自体が非力なのか隣の部屋にいくとガクンと速度が落ちます。

        ですが送料込みで1万円以下で買えたのでコスパ的には満足です。外出先でドラクエする分には十分でした。

        • wintab より:

          ぽんたさん、こんにちは、コメントありがとうございます。この製品はフルサイズUSBがついて拡張性が魅力なんですけど、ちょっと残念ですね。中国メーカーって、どんなドライバー使ってるんだろう?