Office 365 Soloのデバイス台数制限が変更に!同時サインインが2台から5台に!これは朗報!

Office 365 Solo
Microsoft Officeは、なんだかんだ言って現在でもワープロや表計算、プレゼンテーションソフトのデファクトスタンダードです。Googleドキュメントやスプレッドシートなど、有力な代替アプリやWebサービスも登場していますが、特に仕事上のお付き合いだとExcelとかWord形式で取引先とデータを交換するようなケースがほとんどだと思いますので、たとえ代替アプリのほうが使いやすいと思っていてもMicrosoft OfficeをPCにインストールしておくのは必須だろうと思います。

スポンサーリンク

私はOffice 365 Soloのユーザーです。ほとんどの読者はご存知だと思いますが、Officeにはいろんなバージョンがあり、「Office Home & Business(主にExcel、Word、PowerPoint)」「Office Personal(PowerPointなし)」をお使いの人が多いと思います。また、購入経路による制約もあり、PCを購入する際に一緒に購入するのが「OEM版(購入したPCでのみ使えるライセンス)」、Officeだけ単品で購入するのが「製品版(2台のPCにインストールできる。インストールするPCに制約なし)」です。

Office 365 Soloというのは「サブスクリプション版」です。つまり、毎年もしくは毎月お金を払わなくてはなりません。私の場合、年間契約をしているので、年額12,744円を支払っています(月額の場合は毎月1,274円です)。これだけのお金を支払ってできることというのは

Office 365 Solo

クリックで拡大します

こんな感じです。私はメインPCと家族共用PCにOfficeを、ミニPCにはOffice Mobileをインストールして使っています(Office 365ユーザーはディスプレイサイズの制約を受けないようです)。本当はミニPCでもフルのOfficeを使いたいんですけど、台数制限があるので現状は無理です。Office Mobileってそこそこ便利に使えるんですけど、ワークシートの体裁を整えたり、ちょっと面倒な関数が使えなかったりと、デスクで使うにはちょっと物足りないですね。

で、これが10月2日から変更になります。

すべてのデバイスに Office をインストールし、同時に 5 にサインインします:Microsoft公式サイト

スポンサーリンク

なんか日本語がおかしいんですけど、「インストールは無制限、同時にサインインできるのは5台まで」ということです(ちなみに、従来からインストールするだけなら制限はありませんでした)。また、Microsoftの文章をよく読むと「サインイン」というのはPCの電源オン/オフとは違っているようです。Officeの場合、「積極的にサインアウトしない限り、常にサインインした状態になる」、つまり、PCの電源を落としただけではサインアウトしたことにならないようです。Microsoftでは

サインアウトすると、一部のサブスクリプション機能が失われる可能性があります。使用しているデバイスで Office 365 にサインインしたままにしておくことをお勧めします。

という表現を使っていますが、これだと頻繁に「常時使う5台」を切り替えるのが難しいかもしれません。

Office 365 Solo

クリックで拡大します

ただし、サインイン/サインアウト(デバイスの切り替え)はMicrosoftのWebサイトからワンタッチで操作可能です。この画像は私の管理画面なのですが、現状2台のPCのOfficeがインストールされた状態になっていて、右側にある「非アクティブ化」というのをクリックするだけです。

私の場合だと、メインPCと家族共用PCのOfficeはそのまま使え、新たにミニPCでもフルのOfficeが使えるようになり、さらに手持ちの他のPC(中華PCとかPORTABOOKとか)でもOfficeを使えます。個人的には超ビッグニュースです。

ウインタブの愛読者の場合、メインPCの他にタブレットやモバイルノートなど、複数のWindows PCを持っている人が少なくないと思われます。3台、4台持っているという人もいるでしょうし、そうでなくとも「あの中華PCが2万円以下で買えるんなら、ひとつ行っとこうか」くらいに考えている人もたくさんいるのではないか、と思います。

おめでとうございます!よかったですね!お手持ちのPC全部にOfficeが入りますよ!

すみません、冗談です。でも、Office 365 Soloを契約すれば、もはや2台め、3台めのPCにOEM版のOfficeを購入する必要はありません。従来は「PC2台まで」という制約と、「その割に年額12,744円」というのが引っかかっていたかもしれませんが、台数制限が廃止されてお値段据え置きということなら、12,744円という対価に対する評価はかなり変わってきますよね。

すでに手持ちのPCにはOEM版のOfficeがインストール済みという人が多いと思いますので、「切替のタイミング」は少しむずかしいかもしれませんが、将来的にはOffice 365 Soloにする人が増えるんじゃないかと思います。

関連リンク

すべてのデバイスに Office をインストールし、同時に 5 にサインインします:Microsoft公式サイト
Office 365:Microsoft 製品紹介
icon

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    ますますSurface GoのOffice無しが欲しくなる

  2. 匿名 より:

    office365businessを契約中 ソロは2台までだったのでそうしたのですが
    ソロも5台まで行けるなら どう違うか比較してほしいなー なんちゃって

  3. 匿名 より:

    日本マイクロソフトさんは、事前にこの事がわかっていたのでしょう。
    そうでなければ、Surface go を、office2016と抱合せで販売した意味がわからないのですが。
    利益確保のために、駆け込み販売ということでしょうか。