DELL XPS 13(9370)- 日本でも販売がスタート!展示会で実機を見てきました

DELL XPS 13(9370)
DELLがCES 2018で発表し、米国では一足早く発売されていた「XPS 13(9370、2018年モデル)」がついに日本でも販売開始となりました。1月26日に新製品発表会(@表参道ヒルズ)があり、参加させてもらうことができましたので、簡単にご報告します。

スポンサーリンク

1.スペック

DELL XPS 13(9370)スペック表
基本的にはCESで発表された内容と同じですが、低価格グレード(RAM4GB/ストレージ128GBなど)が省かれ、最低構成でもCore i5-8250U/RAM8GB/ストレージ256GBとなっています。

発表会では米国DELLのエクスペリエンス・デザイン・グループ・ディレクター、マック・タナカ氏が登壇され、下記の点をアピールしていました。

・性能は3年前のXPS 13の2.2倍
・5.3 mmだったベゼル幅をさらに細くし、4 mmに
・厚さは30%減少
・これらの改善により、13.3インチノートとして世界最小を維持
・バッテリー稼働時間は最長19時間46分。終日使える
・デュアルファン&デュアルヒートパイプを採用。排熱効果を高め、ファン音も低減
・GORE社の熱絶縁フィルムをノートパソコンとして初めて搭載。発熱を抑える効果が大きい

筐体については後述しますが、XPS 13の筐体は完全に「キープコンセプト」で、従来機のユーザーでなければパッと見て違いが判らないくらいです。しかし、もともと完成度の高い製品ですし、「中の人」の説明を聞いてみると、細部にわたって改善が施されているようですね。

4Kディスプレイも健在です。というか、従来機の解像度は3,200 × 1,800(QHD+)だったのに対し、新型は3,840 × 2,160となり、正真正銘の4K解像度となりました(従来機、新型とも通常のFHD解像度もあります)。そして、ディスプレイ品質も含め、席上「DELL CINEMA」というコンセプトが発表されました。

CinemaColor: クラス最高のパネルテクノロジー設計と、先進のハードウェアおよびソフトウェア
CinemaStream: Killer Wirelessの採用
CinemaSound: Waves MaxxAudio Pro

というもので、XPS 13にはこれらの技術が搭載されています。4Kディスプレイの品質はもちろん、Wi-FiパーツにゲーミングPCでよく使われる「Killer Wireless」を採用し、より安定したネットワーク接続を実現、オーディオでも「Waves MaxxAudio Pro」により、スタジオ品質のサウンドを実現しているとのこと。

DELL CINEMAの実力については発表会の環境では試せませんでしたが、DELLでは「映像コンテンツをより楽しむこと」によりユーザー体験(エクスペリエンス)をより充実したものにしていきたい、ということでした。

2.筐体

DELL XPS 13(9370)
すみません、展示スペースのライティングの関係で画像が全般的に黄色っぽくなっています。従来のXPS 13、というかDELL製品のイメージは「黒いビジネスマシン」であった、とDELLの中の人が言ってましたが、新しいXPS 13は「ローズゴールド(天板)&アルペンホワイト(キーボード面とベゼル)」という新色が追加されました。

ただこれ、単に「色違い」なだけじゃないんですよね…。

DELL XPS 13(9370)
これがキーボード面です。従来からある「プラチナシルバー(天板)&ブラック(キーボード面とベゼル)」の画像ですが、正直なところ、あまり変わり映えしないように思われます。

スポンサーリンク

DELL XPS 13(9370)
ブラックのほうはパームレスト素材も従来機と同様、「カーボンファイバー」です。カーボン素材の場合、しっとり、あるいは少しヌメっとした手触りになります。これはこれで気持ちよく打鍵できます。

DELL XPS 13(9370)
ホワイトのほうは素材が「グラスファイバー」となります。ちょっと見た感じ、どちらもファブリック調の表面加工になっていて、単なる色違いと思えますが、感触も異なります。ホワイトのほうはしっとりという感じではなく、少し硬質な印象で、「編み込み」の小さな段差がより強く感じられました。

また、画像は黄色っぽくなっていますが、実機は「純白」に近い美しいホワイトで、汚れ防止のコーティングが施されています。汚れてもサッと拭き取ることができ、前述のマック・タナカ氏によれば「1,000日汚れずに使える。なので、ぜひ1,000日使ってみてください。」とのことでした。

DELL XPS 13(9370)
DELL XPS 13(9370)
側面画像です。従来機もUSBポートは合計で3つ(Type-Aが2つとType-Cが1つ)でしたが、新型はType-A(普通のUSBポート)がなくなり、すべてType-C(うち2つはThunderbolt 3)となりました。この点は賛否両論あるかもしれませんが、従来機から大幅に薄型化されたのはUSBポート構成の変更というのも大きいと思います。

DELL XPS 13(9370)
ヒンジを閉じるとこんな感じになります。

DELL XPS 13 従来機
こちらが従来機です。もともとXPS 13は非の打ち所のないパッケージングでしたが、こうして比べてみると新型はさらに薄くなっていることがわかります。

3.価格など

DELL XPS 13(9370)はDELL公式サイトで販売が開始され、価格は169,980円(税込み183,578円)から、となっていますが、この記事を書いている1月26日現在キャンペーンをやっており、

Core i5/8GB/256GB/4Kディスプレイで165,733円(税込み178,991円)

となります。4Kディスプレイということは上に書いた「DELL CINEMA」も満喫できそうですね!見た目はあんまり大きく変わっていないXPS 13ですが、実はあらゆるところで大きくレベルアップしています。さすがは超人気製品ですね!

4.関連リンク(DELL)

New XPS13_9370(2018/1/26発売)

スポンサーリンク

コメント

  1. 2in1版も発売されて欲しいですね。

  2. なお より:

    4K版ほしい…
    TYPE- Cだけなのは、それもありです