ASUS VivoTab 8 - 軽く、薄く、安く!進化したVivoTab!でもデジタイザなしが残念

VivoTab 8 ホワイト
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。我が愛機VivoTabにニューモデルが登場しました。現行機種は「VivoTab Note 8」ですが、ニューモデルは「Note」がとれて「VivoTab 8」というのが正式名称です。10月18日から販売開始となっています。

スポンサーリンク

1.スペック

OS:Windows 8.1 with Bing
ディスプレイ:8インチWXGA (1280×800),IPS液晶,10点マルチタッチ
CPU:Intel Atom Z3745(1.33GHz/バースト時1.86GHz)
RAM:2GB
ストレージ:32GB
ネットワーク:WLAN802.11 a/b/g/n, Bluetooth V4.0
カメラ:イン2メガピクセル/アウト2メガピクセル
スピーカー:ステレオ
入出力:microUSB×1、イヤホン/マイク×1、microSD(最大64GB)
GPS:あり
Office:Home&Business
カラー:ブラック、ホワイト、パープル、ゴールド
サイズ:124.9×211.7×8.8mm
重量:330g

以前、米国で発表されたVivoTab 8の紹介記事を書きました。

ASUS VivoTab 8 - 新しい8インチWindowsタブレットは低価格版

で、この記事で紹介したスペックと今回日本で発表されるVivoTabのスペックはほぼ一緒です。予想通りRAMは2GBで固定、日本向けにOffice365ではなく、Office Home&Businessの製品版がバンドルされます。

CPUは現行のVivoTab Note 8がAtom Z3740なのに対し、新しいVivoTab 8はZ3745となっています。Passmarkのベンチマークスコアは

Z3745: 1126(サンプル数13)
Z3740: 1077(サンプル数159)

となっていて、デジタルな言い方をすれば「5%くらい性能アップ」となります。CPUの処理性能は向上していると判断していいでしょう。

逆にスペックダウンしているところもあります。ストレージが32GB固定となり、64GBモデルが(少なくとも販売当初は)設定されていないこと、カメラがイン、アウトとも2メガピクセルとなり、Webカメラ的な使い方しかできないこと、そして最大の「問題点」はデジタイザ(これがついていると、デジタイザに対応するスタイラスを使えば筆圧を検知してくれるので書き味がぜんぜん違うのと、イラスト等にも使える)がないことです!「VivoTabといえばデジタイザ、デジタイザといえばVivoTab」というのが8インチWindowsタブレットの常識だったんですけどね…。あ、いや私だけの常識かもしれないんですけど。

スポンサーリンク

2.サイズが素晴らしい!

VivoTab 8 ブラック
現行のVivoTab Note 8よりも薄く、軽くなりました。縦横は220.9×133.8mmの現行モデルから211.7×124.9mmとなり、縦に約9mm、横に約9mm小さくなっています。厚さのほうは現行モデルが10.9mmとWindowsタブレットの中では厚みのある方だったのに対し、8.8mmとなり、2mm薄くなっています。タブレットの使い方を考えると、ミリ単位といえども「あ、薄くなった」と実感できるくらいの差なんじゃないかと思います。

そしてもっとうれしいのは「軽くなった」ことです。現行モデルが380gなのに対し、330gとなり、50gの軽量化を実現しています。これ、今まで8インチWindowsタブレットの中で最軽量だったLenovo Miix 2 8の349gよりも軽くなっていて、日本で買える8インチWindowsタブレットの中では最軽量だと思います。

あと、ちょっと残念なのが、以前紹介した記事(上のリンク参照)ではカラフルな4色展開でしたが、日本では従来通りブラックとホワイトの2色のみの展開となっているところです。パープルなんていい感じだったんですけどね。

3.格安価格はデジタイザの代償か?

予想される実売価格は税抜きで34,250円、税込みだと36,990円となっています。実際にAmazonではこの価格で予約を受け付け(2014年10月15日現在)ています。私が2014年2月に現行のVivoTab Note 8を購入した際、32GB、Office Personalモデルが39,800円でしたから、CPUがパワーアップし、OfficeもPowerPointつきのHome&Businessに格上げされて約3,000円の値下げ、ということになります。これだけ見ればかなりお買い得なのですが、上に書いたようにVivoTabがVivoTabであるゆえん、デジタイザがなくなってしまったことに注意してください。

現行モデルもしばらくは併売されるはずなので、イラストを描く趣味があるとかの場合はあえて現行モデルを買う、というのもありでしょう。現行モデルは値崩れしていて、デジタイザ付きでも新VivoTabより安く買えると思います。

4.関連リンク

ASUS VivoTab 8 - 新しい8インチWindowsタブレットは低価格版
ASUS VivoTab 8:Amazon販売ページ

スポンサーリンク