Xiaomi Redmi Note 9T - 5G対応かつFelica搭載で2万円切りを実現した超高コスパなミドルレンジスマホ。ソフトバンクより2月3日予約開始です!

Xiaomi Redmi Note 9T
こんにちは、オジルです。2月2日の14時よりXiaomiの新製品発表会があり、4つの製品が新たに発売されることになりました。今回は、その中でも強烈なインパクトがあったRedmi Note 9T 5Gについてご紹介します。私は昨年の夏にRedmi Note 9Sを購入しメインで使っているのですが、その時に感じた「このスペックがこの価格で買えるなんて!」をさらに凌駕する超高コスパ仕様となっています。

スポンサーリンク

1.概要

   Xiaomi Redmi Note 9T
OS  Android 10
CPU  Mediatek Dimensity 800U
RAM  4GB
ストレージ  64GB
ディスプレイ  6.53インチ(2,340 x 1,080)
LTEバンド 5G:n77
FDD-LTE:B1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/26/28
TDD-LTE:B38/40/41/42
SIM  nanoSIM
ネットワーク IEEE 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 5.1
入出力  USB Type-C、MicroSDカード、3.5mmイヤホンジャック
カメラ  イン13MP/アウト48MP + 2MP + 2MP
バッテリー 5,000 mAh
サイズ  約 77 × 162 × 9.1 mm
重量  約 200 g

本製品は、すでに1月時点で海外では発売されていたRedmi Note 9T 5Gと同名の日本版製品となります。搭載されるSoCのDimesity 800UはAntutu(Ver.8)で約30万点、基本的な操作や重量級のゲーム以外は問題なくこなせるでしょう。ただ、どうやらRAMは4GBしかない模様で、ここは6GB以上の選択肢が欲しかったところ。ストレージは64GBと若干物足りなさはあるものの、最大512GBのMicroSD対応なので補うことは可能です。

スポンサーリンク

ディスプレイは6.53インチとここ最近でよく見かけるサイズ感です。バッテリーの5,000mAhは重量が増すデメリットこそあれ一度使うと病みつきになるほど稼働時間が優秀で、5,020mAhを搭載するRedmi Note 9Sでの経験上、フル充電から動画視聴やゲームでヘビーに使っても丸一日平気なタフさがあります。

Xiaomi Redmi Note 9T 画像1

パンチホールノッチは縦持ちした際の左上に配置されています。ほか、基本的な仕様はRedmi Note 9Sを踏襲している模様。指紋センサーは右側面にあり、右手で操作する時にはちょうど親指が当たるポイントで便利ですし、イヤホンジャックも健在です。カラーバリエーションはデイブレイクパープルとナイトフォールブラックの2色展開となっています。

Xiaomi Redmi Note 9T 画像2

カメラ周りの形状はPOCO X3と同じ仕様です。アウトカメラは48MP+マクロ2MP+深度2MPのトリプル構成でインカメラは13MP。撮影した動画にエフェクトをつけられるVlogモードや空模様を変更できるAIスカイスケイピングも搭載しています。

Xiaomi Redmi Note 9T 画像3

注目ポイントがこちら。まずはデュアルスピーカー。Redmi Note 9Sでは縦持ち時の底面部に配置されていたため、横持ちすると音のバランスが悪くなってしまうのが難点でした。低価格帯の製品全般で見てもデュアルスピーカーは珍しく、ここは評価すべきポイントでしょう。そして、ついにFelica搭載です。私は「なんとなく怖くてまだ使っていない層」なんですけど、Xiaomiが気になるけどFelica搭載だからとOPPOなど他社製品に流れた層も少なからずいるはずで、いよいよ死角がなくなってきた印象です。

2.価格など

Xiaomi Redmi Note 9Tはソフトバンクより19,637円(税抜)で2月3日より予約開始(販売は2月下旬以降)です。5G対応機種はここ最近ちらほら見かけるようになってきましたが、2万円を切る低価格、それでいてFelica対応をはじめとした「痒い所に手が届く」仕様に進化しているのはとても魅力的…というかこれ、ちょっと安すぎですよね。現状では販路がソフトバンクに限定されていることとRAMが4GBというのが気になる部分ではありますが、今後SIMフリー版で6GB/128GBが出てくるようであれば幅広いユーザーの購入検討対象になるでしょう。元来コストパフォーマンスに優れた製品ばかりのXiaomi、またやったか!というのが素直な感想で、低価格帯で検討している方にとっては真っ先に候補に挙がる製品だと思います。

3.関連リンク

Redmi Note 9T:Xiaomi日本公式サイト
Redmi Note 9T:ソフトバンク

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    21600円ってのはSBがだいぶテコ入れしてる気がするし、SIMフリーで6-128が出ても3万超えるとか普通にありそう。
    まあ、3万でも5Gスマホとしては格安だけど。

    • オジル より:

      コメントありがとうございます。激安なのは間違いないのですが、本文中にあるように、個人的にはストレージはどうにでもなるとして4GBだけがいただけないんですよ。ケチらないで6GBを選択しておけば…と未だ後悔しているので、たとえ3万円オーバーだとしてもその選択肢はやはりマストで用意してほしいなと。それが出る頃にMi11のリリースとかありそうですけどね…