UMIDIGI A9 Max -「体温を測れるスマホ」にパワーアップ版が追加されます。UMIDIGIだけに実売価格に期待したいところ

UMIDIGI A9 Max
「体温が測れるスマホ」のUMIDIGI A9シリーズにニューモデル「A9 Max」が追加される、という情報が入りました。…まあ、UMIDIGIから連絡があったんですけどね…。A9シリーズは「A9(無印)」「A9 Pro」に続いて、これで3機種目となります。

スポンサーリンク

なお、A9およびA9 Proについてはウインタブで紹介記事を掲載済みです。こちらもあわせてご覧ください。

UMIDIGI A9 - 体温測定もできる6.53インチ・エントリースマホ、お値段なんと99.99ドルです!
UMIDIGI A9 Pro - Helio P60搭載ながら価格がエントリークラスの6.3インチスマホ、体温も測れます!

1.概要

OS:Android 11
CPU:Helio P60
RAM:8GB
ディスプレイ:6.3インチFHD+
カメラ:イン24MP/アウト48MP(SONY製センサー)を含む4レンズ
バッテリー:4,150mAh
その他:
 ●体温計機能つき
 ●ディスプレイガラスは2.5D曲面
 ●新色の採用
 ●価格は200ドル以下で3月発売

UMIDIGIから送られてきた資料には完全なスペック表がなく、2月2日現在でわかっている仕様はこれだけです。また、CPUとバッテリーの仕様については当初配布された文書には記載されておらず、直接UMIDIGIに問い合わせして確認しました(暫定です、とは言われています)。CPUはHelio P60と、A9 Proから変更されていません。したがって5G対応もしない、ということになります。

A9 Proからの「明示的な変更点」はRAMが8GBである、という点です。また、発売時期の関係もあり、OSは最新のAndroid 11となっています。

スポンサーリンク

UMIDIGI A9 Max
筐体画像はごくわずかしか開示されていませんが、デザイン面では若干の変更があるようです。また、この画像の筐体色は「新色」ですね。

UMIDIGIによれば、カメラの画素数には変更がないものの、カメラモジュールは改良され、体温測定機能についてもセンサー性能が向上し、より正確な測定ができるようになった、とのことです。

2.価格など

UMIDIGI A9 Maxは3月の発売で、現時点では「200ドル以下になる」ということしか発表されていません。ただ、この製品は「A9 ProのRAM増強版」という風情で、A9 Proが141.66ドル(15,138円、2月2日現在のAluexpress UMIDIGI Official Store、RAM6GB/ストレージ128GB版)であることを考えると、おそらくA9 Proから大差ない価格になるのではないかと思います。

先ほど、Xiaomi Redmi Note 9Tの日本正規版が発表されました。CPUにDimensity 800Uを搭載し、5G対応、さらに日本仕様なので通信周りも安心の大手メーカー品が21,600円(税込)で購入できるようになります。この価格設定は、このA9 Maxがどうのこうの、という次元ではなく、中国通販(や日本のAmazon)で販売されている中華スマホ全般の日本展開には脅威と言える水準だと思います。

UMIDIGI A9 Maxはスペックのバランスも取れ、体温測定というユニークな機能もあり、普段使いには十分な実力を見せてくれる製品だとは思います。一方で5Gに対応せず、CPUもHelio P60ということで、Xiaomiが日本市場で攻勢をかけていることもあり、価格面ではかなりの努力が要求されることになるでしょう。経験上、これまでのUMIDIGIはコスパで大手メーカーの後塵を拝することはありませんでした。その意味ではA9 Maxにも期待したいところです。

3.関連リンク

UMIDIGI公式サイト トップページ
UMIDIGI Official Store:Aliexpress
※2月2日現在、A9 Maxの情報は掲載されていません

スポンサーリンク