Xiaomi Mi Pad 4 - あのMi Padシリーズの最新モデル!Snapdragon 660搭載で最強の小型Androidタブレットに!(かのあゆ)

Xiaomi Mi Pad 4
こんにちは。かのあゆです。Xiaomiが以前ウインタブでも実機レビューを行った「Mi Pad 3」の後継モデルとなる「Mi Pad 4」を正式に発表しました。残念ながら今回も前モデル同様、Androidモデルのみの発売となりますが、搭載CPUがMediaTek製からQualcomm製のものに変更され、順当にスペックアップを果たした高性能8インチタブレットとなっています。また、MiPad 4ではWi-Fiモデルのほか、LTE通信に対応したモデルも用意されます。

スポンサーリンク

1.スペック

Xiaomi Mi Pad 4 スペック表
前モデルであるMiPad 3はCPUにMediaTek MT8176を採用していましたが、MiPad 4ではQualcommのミッドハイCPUであるQualcomm Snapdragon 660に変更されています。このCPUは2016年のハイエンド向けCPUだったQualcomm Snapdragon 820と同等のスペックを誇り、GPU面もスマートフォンで多数搭載されているAdreno 512を採用していることから、3Dゲームの互換性も大幅に向上しています。

昨年のMi Pad 3のMT8176に搭載されていたPowerVR GX6250も十分パワフルなモバイルGPUでしたが、日本国内においては絶対的にQualcomm Snapdragon搭載機が多いことからゲームの互換性に関してはほとんどのAndroid向け3Dゲームを美しいグラフィックでプレイすることができるものかと思われます。また、少しだけ大型化したディスプレイですが、アスペクト比もMi Pad 3の4:3から16:10(WUXGA、Apple系以外では一般的なタブレットのアスペクト比です)に変更されました。

メインメモリとストレージに関してはRAM 3GB/ROM 32GBのモデルとRAM 4GB/ROM 64GBのモデルが用意されています(LTEモデルはRAM 4GB/ROM 64GBモデルのみ)。

RAM 3GB/ROM 32GBモデルのほうが価格設定的には当然安価となりますが、Mi Pad 3同様microSDカードスロットは搭載されていないため、このハイエンドタブレットをフル活用するのであればRAM 4GB/ROM 64GBモデルを選んでおきたいところです。

OSはAndroid 8.1ベースのXiaomi独自UI「MIUI」のバージョン9が採用されています。昨年のMi Pad 3に採用されていたMIUI 8の時点では正式に日本語のローカライズが行われておらず、ショップ側で他機種用ベースと思われる不安定なROMを導入していたため、挙動が不安定で、本来のROMに戻すのに手間がかかりました(下記のリンクをご覧ください)が、MIUI 9では(グローバルROMであれば)標準で日本語ロケールも含まれているため、購入後即日本語環境で使えるようになりました。
Xiaomi Mi Pad 3 ー ショップカスタムROMからXiaomi純正ROMに戻してみた(かのあゆ)

すでにMIUIに関しては最新バージョンとなるMIUI 10のベータテストが開始されていますが、現時点ではMi Pad 4に関してはアップデート対応予定リストには入っていません。ただMi Pad 3に関しても後でMIUI 9へのアップデートが実施されたので、この辺に関しては特に心配しなくてもいいかもしれません。

カメラのスペックは前モデルのMi Pad 3から据え置きでインカメラが5MP、アウトカメラが13MPという構成になっています。

タブレットでデュアルレンズである必要もないと思いますし、前モデルのMi Pad 3もタブレットとしてはかなり高品質なカメラ性能でしたが、欲を言うのであればせっかくのフルモデルチェンジなのでフラッシュライトを搭載してほしかったというのが正直な感想だったりします。

また前述の通り今回はWi-Fiモデルのほか、LTEモデルも用意されています。

スポンサーリンク

現時点でスマートフォン・タブレット端末に関しては日本では正式導入されていないこともあってLTEモデルの対応バンドは非常に狭いので、どちらかというと海外での使用前提で考えるとベストかもしれません。

2.デザイン

Xiaomi Mi Pad 4 デザイン
前モデルのMi Pad 3が7.9インチサイズであったのに対し、Mi Pad 4は8.0インチサイズとなり、若干大型化しましたが、Xiaomiらしい高級感のあるデザインはそのまま継承されています。悪くいってしまえば某林檎製タブレットの小型モデルのクローンっぽいデザインですが、前モデルのMi Pad 3もかなり所有欲を満たすデザインだったので今回も質感に関してはかなり期待できそうです。

Xiaomi Mi Pad 4 ゴールド
前モデルのMi Pad 3の標準カラーであった「ゴールド」に関しては今回から前面ベゼルの色が黒から白に変更されています。こうしてみるとより某林檎製小型タブレットっぽさが増したような気がします。個人的には「あり」なんじゃないかなぁと思っています。

Xiaomi Mi Pad 4 ブラック
また今回のMi Pad 4ではカラーバリエーションとして「ブラック」も用意されています。前面のデザインはこちらのほうが前モデルのMi Pad 3に近いかもしれません。

仕事で使うタブレットとして選ぶのであればこちらのほうが目立たないのでベストなのではないでしょうか。

3.まとめ

Mi Pad 4は中国では6月29日より発売予定となっており、中国国内での販売価格はWi-Fiモデルは3GB RAM/32GB ROMモデルが1,099人民元(約19,000円)、4GB RAM/64GB ROMモデルが1,399人民元(約24.000円)、LTEモデルが1,499人民元(約26,000円)に設定されています。

6月26日時点だと、発表されて間もないこともあり、ウインタブでおなじみの中国通販ではまだ製品ページが出揃っておらず、geekBuyingでプレオーダーが開始されている程度です。geekbuyingでのプレオーダー価格は下記の通りとなっています。

Wi-Fi・3GB/32GB: 239.99ドル(27,087円)
Wi-Fi・4GB/64GB: 299.99ドル(33,859円)
LTE・4GB/64GB: 319.99ドル(36,116円)
※6月26日現在のgeekbuying プレオーダー価格

なお、価格については今後中国の通販サイト各社で販売が開始され、セールに使われるようになるともう一段下がる可能性があると思います。

昨年のMi Pad 3も性能・質感が高いうえに安価な価格設定が魅力的なモデルでしたが、今回の新型Mi Pad 4はCPUがQualcomm Snapdragon 660に変更されたことにより、Androidタブレットとしては「最強」といってもいいスペックを誇る8インチタブレットに生まれ変わっています。

近年中華Androidタブレット界隈では高性能なHelio X20を搭載した機種が多数登場してきていますが、Mi Pad 4はそれらよりもさらに高いスペックを誇りながら価格設定も悪くありません。高性能小型タブレットを探しているのであれば、このMi Pad 4は非常に有力な選択肢になるでしょう。

4.関連リンク

Xiaomi Mi Pad 4 : Xiaomi(簡体中国語)
Xiaomi Mi Pad 4:geekbuying

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    コメント失礼致します。
    スペック表のOS欄にAndroid8.1 with EMUI9とありますが、EMUIはHUAWEIの独自UIではないでしょうか。
    また、表下のコメントにもMIUI9と書かれておられますので、恐らく間違いだと思われます。修正をお願いします。

  2. 匿名 より:

    アスペクト比もそうだけど、電子書籍端末として使うにはmicrosdスロット搭載して欲しかったなあ
    でも安いし速いしでたぶんゲーム用に買っちゃう

  3. bto より:

    「Mi Pad 3同様microSDカードスロットは搭載されていないため…」に関して。
    公式サイトのスペック欄には「支持扩容256GB TF卡」と書かれているのですが、これはつまりMicroSDサポートという事ではないでしょうか?
    https://www.mi.com/mipad4/specs/

  4. shu より:

    sdカードに対応しているんじゃないんですか?
    対応していないと書いているブログ記事もありますが、公式サイトにはちゃんと対応してると書いてありますよ

    関連リンクに挙げられているサイトも、対応してると書いているんですがね

  5. 匿名 より:

    > Mi Pad 3同様microSDカードスロットは搭載されていない

    どこにそんなことが書いてありますか?

  6. いぬ より:

    かのあゆちゃんこの件にダンマリはなぜ?w
    間違ってるんだから本文から削除だけでもすればいいのに。

  7. やまさん より:

    いつも読ませていただいております。
    本日、mipad4 wifiですが購入しました。
    日本語は入っていなかったので英語で設定してますがなかなかいい感じです。
    他のコメントのSDカードの件ですが搭載可能です。スロット確認できました。
    これからも楽しい記事お願い致します。

  8. 匿名 より:

    都合悪いことにダンマリはこのサイトお得意ですよ