Jumper EZbook X1 - Gemini Lake搭載の11.6インチ 2 in 1がJumperから!これは期待! 

Jumper EZbook X1
中華製品に多少なりとも関心のある人なら、中国メーカー「Jumper」から「新しいEZBookが出た!」と言われれば、つい反応してしまうのではないでしょうか?モバイルノートのEZBookシリーズは日本でも人気がありますし、代を重ねるごとに製品の品質も目覚ましい向上を遂げていますよね。今回紹介する「EZBook X1」はクラムシェルノートではなく、コンバーチブル2 in 1です。つまり、EZBookシリーズとしては少し異質の製品ということになります。

スポンサーリンク

1.スペック

Jumper EZbook X1
EZBook X1のスペックで最初に注目したいのがCPUです。早くもGemini Lake世代が投入されています。型番はCeleron N4100なので、Pentium Silverよりは下位の位置づけとなりますが、そもそもGemini Lake自体がまだ私達一般ユーザーにとっては未知の存在でもあり、その実力がすごく気になるところです(一応ダメ元でPassmarkにベンチマークスコアが公開されていないか確認しましたが、ありませんでした…)。

RAMは4GB、ストレージは64GB eMMCと、中華ノートとしては割と普通です。ディスプレイはEZBookシリーズとしては小ぶりな11.6インチ、IPS液晶で解像度はFHD(1,920 × 1,080)となります。2 in 1なんでもちろんタッチパネルです。

入出力ポートについては、すみません、情報が不確かです。この製品はgeekbuyingに製品ページがあるほか、Aliexpressの「Jumper Authorized Store(おそらく直営店ではないです)にも製品ページがあるのを確認しましたが、製品画像とスペック表の情報が一致しません。私が見る限り、「USB、microUSBもしくはType-C、miniHDMI、オーディオジャック、microSDスロット」なのではないか、と思います。

サイズに関して、コンバーチブル2 in 1で厚さ13.5 mm、そして重量が1 kgというのは大健闘だと思います。ただ、これも実測値でどうなるか、という不安はありますけどね。

2.筐体

Jumper EZbook X1
正面から見たところです。ベゼル幅がかなり細くなっているのがわかります。また、そのせいでWebカメラは下部ベゼルの右側に配置されています。キーボード面がブラックというのはEZBookシリーズとしてはとてもめずらしいですね。

スポンサーリンク

Jumper EZbook X1
天板です。残念がら筐体素材は不明ですが、この製品はEZBookシリーズとしてはやや価格が高めなこともありますし、また2 in 1構造のため、金属製だろうと思います。ヒンジは開口角度が大きくなる(360度開口します)こともあり、大型のものが採用されていますね。

また、この画像では左側面のポート配置もある程度わかります。画像左からオーディオジャック、電源ボタン、そしてキーボードのロックボタンのようです。

Jumper EZbook X1
コンバーチブル2 in 1なので、この画像のようにテントモードにしたり、タブレットモードにしたりといったことも可能です。

この画像では右側面のポートも見えます。ただ、よくわかんないですね。画像左から、microSDスロット、miniHDMI、残りの2つはmicroUSB、USB Type-C、USB Type-Aのいずれか、と思います。

それと、底面もちらっと見えます。どうやらM.2 スロット(geekbuyingによればM.2 2242サイズ)もついているみたいですね。なので、DIYでストレージ増設もできそうです。

Jumper EZbook X1
キーボードです。タッチパッドの中に指紋センサーも見えます。配列ですが、右のCtrlキーがないとか、少し気にはなりますが、全体的には悪くなさそうな気がしますね。

3.価格など

Jumper EZBook X1は中国の通販サイト「geekbuying」に製品ページがあり、3月8日現在「Arrival Notice(入荷お知らせ)」というステイタスになっていて、まだ発売されていません。参考レベルですが価格は539.99ドル(58,740円)です。他のEZBookシリーズとの価格差を考えれば、おそらく実売期にはこれよりもかなり価格が下がるだろうと思います。

ということで、「価格次第」というのはありますが、ウインタブ的には評価の高いJumper製で、やや小ぶり(特に重量が1キロを切っているのがいいです)な筐体のEZBook X1、やはり気になりますね。もちろんGemini Lakeの実力も知りたいですし。

4.関連リンク

Jumper EZbook X1:geekbuying

Comment

  1. かぜ より:

    こういうの待ってました
    実機のレビュー期待してます

    • wintab より:

      かぜさん、こんにちは、コメントありがとうございます。まだ入荷が先のようですが、価格はもっと下がるだろうとgeekbuyingのご担当者が言ってました。できればレビューしたいですね。

  2. 匿名 より:

    ・最大でも11.6インチ程度までで
    ・コンバーチブル2in1で
    ・重量が1kg切ってて
    ・充電はType-C(≒PD対応ならモバイルバッテリーでも給電できそうなやつ)

    この条件に合致するのがどうしても見当たらなくて
    じゃあ優先順位の低い充電系あきらめつつ
    思いっきり奮発して軽さ極めたやつ買う!とCF-RZ6を今月になってポチった私に
    神はなんという仕打ちをなさるのでしょう

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。Let’s Noteのニューモデルをポチれる時点で神に愛されているのでは?絶対ソッチのほうがいいですやん。

  3. より:

    高すぎ
    3万円台じゃないなら選択する理由がない
    2万円台なら爆発的人気になるだろうけど

    • wintab より:

      mさん、こんにちは、コメントありがとうございます。そうですね、3万円台なら考えたくなりますね。geekbuyingによれば実売期には価格が下がるようなことを言ってましたけど、どのくらいになるんでしょうね。

  4. 末永 より:

    wintabさん、こんにちは。
    すみません。私がみおとしておりました。申し訳ありません。
    比較したコメントがありましたね。

    しかしながら、改めて簡単でも結構です。コメント頂ければ
    ありがたいです。

  5. k2 より:

    付属ソフトにマイクロソフトのオフィスは入っていますか?

    • wintab より:

      k2さん、こんにちは。最近の中華製品はオフィス入りではないです。この製品も入っていません。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
geekbuying セール
  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑