Xiaomi Mi 9 - シャオミのフラッグシップ登場!ついにメモリは12GBに!(壁)

公開日: : Android , , ,

Xiaomi Mi9
こんにちは、壁です。この時期になりますと、各社フラッグシップモデルの発表が続々とあり、我々を楽しませてくれるのですが、僕はコチラのXiaomi Mi 9をご紹介します。一見、あまり変わらず…のように見えますが、中身はかなりブラッシュアップされています。それでは、見ていきましょう。最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

1.スペック


フラッグシップに相応しいハイスペックぶりです。CPUに最新鋭のSnapdragon 855を採用。SamsungのGalaxy S10でも採用されているので、ハイエンドモデルとしては当然…と言ったところでしょうか。モデル展開としてはスタンダードなRAM6GB+ストレージ128GBとメモリにさらに余裕を持たせたRAM8GB+ストレージ128GB、そして最上級のRAM12GB+ストレージ256GBとなっています。

ついにメモリが二桁の大台に乗りましたね。6GBでも大容量とか昨年は言っていましたけど、その倍です。ストレージも大容量です。ただ、残念ながら本機にはMicro-SDスロットがないので、外部ストレージ頼みなユーザーには128GBでも少ないと感じるかもしれません。

Snapdragon 855はSnapdragon 845と比較して演算能力が40%、AI性能が3倍にそれぞれ向上しているとされています。また、さらに独自の高速化機能として『Mi Turbo』が採用されているとのことです。Media-Tek製端末でよく見る『Duraspeed』のようなものだと思います。

Xiaomi Mi9
リアカメラは48MPのメインカメラに12MPの望遠カメラと16MPの広角カメラのトリプル仕様。イメージセンサーはメインと広角にソニー製Exmor RS for Mobile、望遠にサムスン製ISOCELLという組み合わせ。望遠レンズの倍率は2倍。月の表面までキレイに撮れるカメラになっています。フロントカメラは20MPとこちらも高解像度。

ディスプレイは水滴にノッチ付きの6.39インチのサムスン製AMOLEDディスプレイ。それを覆うカバーガラスはコーニング社のゴリラガラス第6世代。先代にあたるゴリラガラス5と比較して落下耐性が2倍に向上しているとされています。

私事ではありますが、先日ZTE AXON 7をアスファルト路面に落としてしまい。盛大にひびがはいってしまったのですが、こちらはゴリラガラスの第4世代で当時も同じように落下耐性に優れると謳っていましたが、割れる時は割れるもの…。それが現行世代ではどのようになっているのかも興味がありますね。

指紋認証センサーはディスプレイ内蔵タイプ。従来モデルよりも解除速度が向上したとのこと。

バッテリーは3,300mAhと控えめな気もしますが、20Wの無接点充電に対応して90分でフル充電になるなど充電速度が非常に速く、有線充電においても従来の18Wから27Wにアップし、わずか60分…1時間で充電が完了するようになりました。

スポンサーリンク

次にデザインを見ていきましょう。

2.デザイン

Xiaomi Mi9
水滴型ノッチが採用されていますが、それ以外だとルックスに特に変わったところが見当たらないMi 9。でも、これはカラーがブラック(中国の通販サイトではグレー、もしくはダークグレーと表記しています)だから。

Xiaomi Mi9
ブラックの他に3種類あって、パープル、ブルー、スケルトン(Transparent)の合計4種。この内、スケルトンは最上位のRAM12GBモデルのみの展開です。昨年からUMIDIGI製端末でもトワイライトカラーといったグラデーションカラーがトレンドとなっていますが、これが今のトレンドなのでしょう。

パープルのグラデーションが個人的には好みかな。ブルーもいいけど。パープルとは言っても薄い紫で、ラベンダーパープルのような色ですね。上品な紫です。

Xiaomi Mi9
スケルトンモデルはかなりメカな感じで、男心をくすぐります。無接点充電の場所が分かりやすいのは〇。実はかなり実用的でいいですよね。この筐体を包み込むのもゴリラガラス6となっています。でも、TPUケースなどで保護しておきたいですよね。

3.まとめ

Xiaomi Mi 9は中国国内向けの価格でメモリ6GB+ストレージ128GBモデルが2,999人民元(約5万円)からとなっており、最上位となる12GB+256GBの構成で価格は3,999人民元(約67,000円)となっています。

なお、中国の通販サイト「geekbuying」でもこの製品はプレオーダー中、「Banggood」では「In stock Alert」となっており、まだ販売はスタートしていません。geekbuyingでは2月23日現在メモリ6GB+ストレージ128GBモデルが609.99ドル(69,527円)~675.99ドル(77,050円)、メモリ8GB+ストレージ128GBモデルが735.99ドル(83,888円)、メモリ12GB+256GBモデルが1009.99ドル(115,119円)と高めの値段になっています。一方Banggoodではまだ販売がスタートしていないため参考程度となりますが、メモリ8GBモデルに関してはgeekbuyingよりもかなり低めの価格が表示されていました。

なお、本機はまだグローバルROMがまだ準備中。2月26日に中国国内向けに出荷して、その後欧州市場へのデリバリーとなる予定なので、それを待ってからの方がいいでしょう。

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

4.関連リンク

Xiaomi Mi9 Transparent Edition(12GB/256GB):Banggood
Xiaomi Mi9(8GB/128GB):Banggood
Xiaomi Mi9(6GB/128GB):Banggood
Xiaomi Mi 9:geekbuying

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
HP ウインタブ限定クーポン

  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑