Microsoft Surface Proに低価格なキーボードセットモデルが追加されたよ!数量限定なのでお早めに!

Microsoft New Surface Pro
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。デタッチャブル2 in 1(キーボードが分離するタイプの2 in 1)では、なんと言っても「Surface タイプ」の製品が圧倒的に人気だと思います。本家本元のMicrosoft Surfaceはもちろん素晴らしい製品で、ハイパフォーマンスですし、極めて品質の良いスタイラスペンも用意されており、「予算さえあればほしい」と思わされます。ただし、Surface ProはCPUがいまだ第7世代のCore iにとどまっていて、早くニューモデルが出てほしい、と思っている人もいるでしょう。また、Surface Proはタイプカバー(キーボード)が複数タイプ用意され、カラーバリエーションも豊富なこともあって、「キーボード別売り」です。なので、余計に価格が高く感じられてしまいます。

スポンサーリンク

しかし、6月1日にSurface Proにお買い得なセットモデルが登場しました。数量限定ということなので、興味のある人はお早めに…。なお、Surface Proの現行モデルについてはウインタブで実機レビューをしていますので、詳細についてはこちらをご覧ください。
Microsoft Surface Pro(2017)- さすが「本家」!高品質で細部の仕上げも抜群の2 in 1(実機レビュー)

セットモデルの概要

スペック

Microsoft Surface Pro(2017)スタジオモード
OS: Windows 10 Pro
CPU: Intel Core m3-7Y30
RAM: 4GB
ストレージ: 128GB SSD
ディスプレイ: 12.3インチPixel Sense(2,736 x 1,824)
備考: Office Home & Business 2016が付属

セットモデルはCore m3モデルです。またRAMも4GB、ストレージも128GBなので、Surfaceシリーズの中ではローエンドという位置づけになります。セットモデル用の特別な仕様ということはなく、通常販売されているモデルと同じで、単品購入する際の価格は税込み114,264円となっています。このスペックは決して低性能ということはありませんが、上位モデルがCPUにCore i5とかCore i7、RAMは最大で16GB、またストレージは最大で1TB SSDとなっていますので、それら上位モデルと比較してしまうと当然のことながら見劣りします。しかし、Officeを使って作業するとかであれば十分快適に動作すると思います。

一方で、Surface Proのセールスポイントである「Surfaceペンを使っての手書き入力」をフルに使う、つまり本格的なイラスト制作なんかをする場合は、Core m3というCPUと4GBのRAM(特にRAMでしょうね…)だと少々スペック足らずになる可能性があります。高度な画像加工や動画編集の場合も同様で、ある程度凝ったことをしたいのであればこのスペックだと弱いでしょう。

スポンサーリンク

セットの内容

Microsoft Surface Pro(2017) キーボード
「Surface Pro Signature Type Cover」がセットされます。これ、表面にアルカンターラ(スウェードっぽい手触りの化学繊維)が使われていて、ウインタブでも実機レビューしましたが、手触りがよく、汚れにも強いスグレモノです。ちなみにこれ、定価が税込みで20,952円もするんですよね。なお、このタイプカバーは通常だとカラーバリエーションがありますが、セットモデルだと「プラチナ(上の画像の色です)」しか選べません。

価格

税込みで100,224円です。上にも書きましたが、このセットモデルは定価だと114,264円の本体に20,952円のタイプカバーの組み合わせなので、本来だと135,216円ということになりますので、実質的にかなり大きな割引率ということになります。

100,224円でもまだ他社製品より高い!と感じる人もいるでしょう。しかし、Surface Proという製品はOSが標準でPro版ですし、製品版のOffice(Home & Business 2016)も付属します。特にOfficeは他社でPCを購入する際、オプションで付属させると2万円以上(ドスパラだと24,000円、DELLだと30,000円です)になりますので、そのへんを考慮すれば、個人的には「めちゃめちゃ安い」と感じます。

Microsoft Surface Pro(2017)
最後にウインタブがSurface Proを実機レビューした際に書いた、私の感想を引用しておきます。

私は各社のSurfaceタイプを一通り試用した経験がありませんので、あまり偉そうなことは言えませんが、Surface Proの試用を終えてみて「さすがは本家だよなあ」と感じました。ディスプレイ品質が抜群で、キーボードの使い勝手も非常に良好でした。筐体の仕上げも素晴らしく、高級感も伝わってきます。

なんでもかんでもコスパで捉えるところがウインタブの悪いところでもあり、また個性でもありますが、製品の持つ雰囲気とかブランドイメージ、工業製品としての作りの良さみたいなものもすべてあわせて考えるのが本来の製品選びだと思いますので、その意味ではやはり本家、Surface Proは高いお金を支払うだけの価値がある製品だと思います。

関連リンク(Microsoft)

Surface Pro + Signature タイプ カバー (プラチナ) 同梱版
icon

スポンサーリンク