VAIO S13 - 13.3インチのモバイルノートVAIO Pro 13がリニューアルして名称変更、「Sシリーズ」に

VAIO S13
先日VAIOのハイエンドモバイルノート(2 in 1)である「VAIO Z」の紹介記事を書きました。今回はもともと「VAIO Pro 13」という名称だった13.3インチモバイルノート「VAIO S13」を紹介します。VAIOでは製品ラインを見なおしし、ハイエンドラインの「Z」とビジネスラインの「S」に整理していますが、S13は十分ハイエンドと言っていいスペックを備えた、「Zの下位機種」というよりは「Zのオルタナティブ(代替選択肢)」というべき製品です。

スポンサーリンク

Zはトラディショナルなクラムシェルモデルと、天板が回転してタブレット形態にもできるクラムシェルモデルの2種類の筐体がありますが、S13はクラムシェルモデルのみとなっています。

1.スペック

OS:  Windows 7 Professional / Windows 10 Home / Pro 64ビット
CPU: Intel Core i3-6100U / i5-6200U / i7-6500U
グラフィック: Intel HD グラフィックス520
RAM: 4GB / 8GB / 16GB
ストレージ: 128GB / 256GB /512GB
ディスプレイ: 13.3インチ(1,920 x 1,080)/ ※タッチ対応選択可
ネットワーク:  802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.1
カメラ: インのみ92万画素
入出力: USB 3.0 × 3、HDMI、D-sub、LAN(RJ45)、SDスロット、オーディオ、電源
バッテリー: 約9.8~10.4 時間
サイズ: 322.2 x 217.1 x 18.9 mm / 重量 1.19 kg

補足します。S13は上位機種「VAIO Z」と比較すると若干カジュアルなスペックですが、それはCore i3にRAM4GB、ストレージ128GBという組み合わせを選ぶことができる、という意味で、上位構成であれば決して大きくZに劣る、ということではありません。 CPUはvPro対応ではないCore i3 / i5 /i7から選択することになり、CPU内蔵のグラフィックチップもIrisではなくHD グラフィックとなります。また、ストレージはスペック表の表示上は128 / 256 / 512GBですが、通常のSATA規格のものに加え、「第二世代ハイスピードSSD(PCIe)」を選択することもできます。

ディスプレイはZのクラムシェルモデルとは異なり、非タッチ版とタッチ版を選択することができます。ただし、タッチ版を選択するとサイズがちょっとだけ大きくなり、重量も重くなります。特に重量は非タッチ版が1.06 kgであるのに対し、タッチ板は1.19 gと、体感的には大したことないのかもしれませんけどスペック表で見ると結構目立つ差になっています。

入出力ポートはむしろZよりも優秀というか、結構な拡張性がありますね。USB 3.0が3つにHDMI、D-subもつきますし、LANポートもあります。

2.筐体

VAIO S13 カラー
筐体色はブラックとシルバーの2色ですが、タッチ対応か非対応かによって若干デザインが異なります。上の画像は筐体色シルバーで左がタッチ対応、右が非対応で、ベゼル部分のカラーリングが異なっています。

スポンサーリンク

VAIO S13 背面
筐体はLCDハウジングやヒンジ部分にマグネシウム合金が使われていて、筐体断面は六角形になる「Hexa-shell(ヘキサシェル)」デザインです。これら素材や筐体形状は、製品の堅牢性を大きく高めています。

VAIO S13 耐久テスト
やっぱりやってます。非常に厳しい耐久テスト。このへんが日本メーカー製品の信頼できるところですよね。

VAIO S13 ポート類
上に書いたとおり、この製品は入出力ポート類が充実していますが、レイアウトにも無理したところが感じられません。

VAIO S13 キーボード
キーボードは上位機種VAIO Zと同じ打鍵感、音質の静音タイプです。バックライトがついています。かなりこだわって作りこまれたもので、打鍵の気持ちよさを追求したものになっています。もちろん「防汚コーティング」が施されていて、キーのテカリや汚れにも強い設計です。

VAIO S13 無限パームレスト
使用時に筐体後部がリフトアップする構造になっていて、パームレストとデスク(テーブル)の段差が極小化される設計になっています。VAIOいわく「無限パームレスト」だそうです。

3.価格と発売時期

VAIO S13はVAIO Zシリーズはソニーストアで販売中で、価格は税抜き114,800円から、となっていますが、Core i7にRAM16GB、タッチパネルをつけてSSDは第二世代ハイスピードSSD512GBとかにすると30万円近い価格にはなります。

この製品は位置づけ上VAIO Zの下位モデル、ということではありますが、上位構成を選択すればスペックも価格もVAIO Zに全く引けをとらないものになります。入出力ポート類が充実していてタッチパネルを選べるクラムシェル、ということならむしろVAIO ZではなくS13のほうがいいかもしれませんね。

4.関連リンク

VAIO S13 ビジネスストレスフリー:VAIO公式サイト

スポンサーリンク