Ulefone Power Armor 18T - 5G対応で大容量バッテリー、108MPカメラにサーマルカメラも搭載するUlefoneのフラッグシップ・タフネススマホ

Ulefone Power Armor 18T
Ulefoneがタフネススマホ「Armor 17 Pro」と「Power Armor 18T」を発売します。2機種同時発売でどちらもタフネススマホですが、製品仕様がまるっきり違いますので、この記事ではまず、タフネススマホとしてはハイエンドモデルと言えるPower Armor 18Tをご紹介します。

スポンサーリンク

1.Power Armor 18T スペック

スペック表

   Ulefone Power Armor 18T
OS Android 12
CPU MediaTek Dimensity 900
RAM 12GB
ストレージ 256GB
ディスプレイ 6.58インチ(2,408 x 1,080)
LTEバンド 5G/LTE(バンド不明)
入出力 USB Type-C、他は不明
カメラ イン32MP/アウト108MP+サーマルカメラ
バッテリー 9,600 mAh
サイズ 不明

コメント

10月15日現在、詳細スペックが判明していません。ただし、主要構成についてはほぼ明らかになっています。

OSについては製品ページに明確な記載がありませんでしたが、先行販売されているPower Armor 16 Proや同時発売されるArmor 17 ProがAndroid 12搭載なので、このPower Armor 18Tもほぼ間違いなくAndroid 12搭載だと思われます(さすがにAndroid 13ではないでしょう)。

CPUはDimensity 900で、Antutuベンチマークスコアが40万点台半ばくらいをマークする5G対応の型番です。「Snapdragon 8シリーズ搭載でないとハイエンドとは言わない」という考え方もあるんでしょうけど、タフネススマホは一般的なスマホやゲーミングスマホとは「力の入れどころ」が異なります。Snapdragon 8シリーズ搭載の場合、「いかに冷やすか」を念頭に、筐体に様々な発熱対策を講じる必要が出てきますが、頑丈さを最優先するタフネススマホの場合、「そんなことに構ってらんない」はずですから、ひたすら高性能なCPUを搭載することがハイエンドなタフネススマホの条件、ということでもないでしょう。また、ゲームプレイを最優先する人がタフネススマホをメイン機にする、というのも考えにくいですよね。

RAMは12GB、ストレージは256GBと、こちらもタフネススマホとしてはかなりの大容量です。

Ulefone Power Armor 18T

クリックで拡大します

また、ディスプレイはしっかりFHD+の解像度を確保し、さらにリフレッシュレートも120Hzです。…ゲームをやっても悪くないかもしれないですね…。

スポンサーリンク

モバイルネットワークとSIM形状については5G通信に対応する、という以外は不明です。また、Wi-FiのバンドやBluetoothの規格もわかっていません。

Ulefone Power Armor 18T

クリックで拡大します

カメラ性能も非常に高いです。イン側が32MP、アウト側は108MPと、現行のハイエンド機に劣らない画素数になっている上、サーマルカメラまで搭載しています。ただ、サーマルカメラがついている、という時点で製品価格もかなり高くなってしまいそうですけどね。

Ulefone Power Armor 18T

クリックで拡大します

「Power Armor」なのでバッテリーも9,600 mAhと大容量ですし、66Wの急速充電と15Wのワイヤレス充電に対応します。ただし、リバースチャージ機能(この製品をモバイルバッテリー代わりにして、他のデバイスを充電できる機能)の有無については不明です(おそらく対応しているとは思います)。

残念ながらサイズもわかっていません。同じ9,600 mAhのバッテリーを搭載し、ディスプレイがサイズが5.93インチのPower Armor 16 Proが「405 g」なので、重量についてはしかるべき覚悟は必要かと。

2.Power Armor 18T 筐体

Ulefone Power Armor 18T
「UlefoneのArmor」らしく、ゴツいデザインです。前面には水滴型ノッチが採用されています。

Ulefone Power Armor 18T

クリックで拡大します

Endoscope(直訳すると内視鏡。狭い場所の撮影に適したケーブル状のカメラ)やナイトビジョンカメラを接続できるコネクターも装備しています(Endoscopeやナイトビジョンカメラは別売りです)。それと、側面の上部と下部にボタン上の突起が見えますが、この部分についてメーカー側では一切説明がないので、おそらくゲーミングスマホに見られるようなトリガーボタンではなく、筐体保護用の突起と思われます。

また、これもメーカー説明はありませんでしたが、当然IP68/IP69Kの防水・防塵性能とMIL規格の堅牢性を備えているはずです。

3.Power Armor 18T 価格など

Ulefone Power Armor 18Tは11月1日からAliExpress内のUlefone Official Storeでワールドプレミア(セール)が開催される予定です。10月15日現在、セール価格はわかっていません(AliExpressの製品ページにある価格表記はダミーです)。

タフネススマホとしては非常にスペックが高く、サイズ(特に重量)が我慢できるのならメインスマホとしても使いたくなる製品です。ただ、どう考えても他のUlefone ArmorシリーズやPower Armorシリーズのように200ドル台で買えるとは思えませんよね。ともあれ、セール価格が明らかになるのを待ちましょう。

4.関連リンク

ARMOR 17 Pro & POWER ARMOR 18T:Ulefone公式サイト
※上記ページでGIVEAWAY(プレゼント)キャンペーンも開催されています
Power Armor 18T:Ulefone Official Store(AliExpress)

スポンサーリンク